転職活動の心構え

勤続3年未満でも会社が合わないなら即、転職するべし!

更新日:

合わない会社には見切りをつけろ
「最初に入った会社は何が何でも3年は続けろ」と一般的には言われています。

しかし、入社した会社が合わないと感じるのであれば、すぐに辞めるべきです。

合わない仕事を我慢して、時間を浪費するぐらいなら、さっさと自分らしく働ける企業に転職した方が有意義です。

20代であれば、3年以内に退職しても転職できる

転職に失敗しない
「3年以内に辞めたら転職先は見つからない」と言われることがあります。実際に、友人や家族に転職の相談をして、そのように言われた方もいるでしょう。

しかし、「3年以内に辞めたら転職できない」というのは、全くの嘘です。

最近では、ほとんどの転職サイトで、入社した企業を3年以内に辞めた第二新卒向け求人を取り扱っています。また、第二新卒の転職支援を専門に行っている転職エージェントもたくさんあります。

※参考
第二新卒必見!第二新卒の転職支援に強い転職エージェント厳選5社

特に20代で、どこの企業文化にも染まっていない若者を求める企業はたくさんあります。スキルや業務経験が浅くても、新卒のようにフレッシュで、基本的なビジネスマナーが身についている若者は重宝がられるのです。

もちろん企業から内定をもらうためには、応募書類対策や面接対策をきちんと行う必要がありますが、「入社した企業を3年以内に辞めたからといって転職先が見つからない」ということは決してないのです。

合わない企業で3年も我慢する必要はありません。

合わないと分かったら見切りをつけて、新しいキャリアを目指しましょう。

無駄な我慢をするぐらいなら、自分らしく働ける会社をいち早く見つけた方が、よほど有意義な人生を送れます。

ジョブホッパーにはならないよう転職先はきちんと見極める

企業を見極める
新卒で入社した企業を3年以内に辞めても、転職で不利になることはありません。

しかし転職回数が3回や4回もあるいわゆる「ジョブホッパー」になるのは避けたいものです。

やはり短期間で転職回数が多いと、「根性なし」という見方をされてしまうため、選考でも不利になる場合があります。

そうならないためにも、3年~5年は勤め続けられるような企業に転職するのが理想です。

一度、社会人を経験したことによって、大学生の時よりも企業、仕事を判断する目が養われていると思います。

どんな仕事が得意なのか、どんな仕事が好きなのか、どんな雰囲気の職場が合っているのか、どんな時のモチベーションが上がるのか。

仕事を実際に経験することで、色々な判断基準ができていると思います。妥協せず、転職活動に臨みましょう。

人気のまとめ記事

1

転職エージェントは履歴書・職務経歴書の添削、求人紹介、面接対策などあらゆる転職サポートを受けることができるので、絶対に利用するべきです。 また、転職エージェントごとに強み、特徴が異なります。「転職エー ...

2

転職マニュアル本といっても、転職活動のすべてを網羅したものや、面接に特化したもの、自己啓発本よりのものまで様々です。 ここでは数ある転職本の中から12冊を厳選し、タイプ別にまとめて紹介します。自分の今 ...

便利な転職サイト 3

転職サイトには様々なタイプのものがあります。 なかには大手の転職サイトでは閲覧できない求人が掲載されているものや、他にはない貴重な情報を閲覧できるサイト、転職活動が劇的に楽になるサイトなどがあります。 ...

4

20代の転職サポ―トに強く、20代を対象とした求人が豊富にある転職エージェントを厳選して5社紹介します。 転職エージェントは非公開求人を紹介してくれたり、履歴書・職務経歴書の添削をしてくれたりと、様々 ...

5

転職活動を始める際、最初に行うことといえば、転職エージェントに登録することです。 しかし、転職エージェントは大小様々なものがあり、正直どれがいいのかわからない、という人もいるでしょう。 転職ノウハウサ ...

転職サイトと転職エージェント 6

「どんな質問をされるのか?」 「面接官はその質問で何を知りたいのか?」 「採用されるためにはどう回答するべきか?」 これらを知らなければ、面接官が求めている回答をできないどころか、言うべきではないこと ...

-転職活動の心構え
-

Copyright© 失敗しない転職ノウハウを公開!転職ノウハウ.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.