退職方法

退職金について記載された【退職金規定】で確認するべき3つの項目

投稿日:

退職金について
退職金がもらえるかどうかを確かめるためには、退職金の支給要件を確認する必要があります。

退職金の支給用件は就業規則、もしくは退職金規定に細かく定められているので今一度確認してみましょう。

退職金は会社が任意で支給するものであり、労働基準法では取り決めが存在しません。しかし、規定がしっかり存在しており、その規定に当てはまる場合は退職金を請求することができます。

退職金規定で確認するべき3つの項目

そもそも退職金規定が存在するかどうかを確認することが第一です。

退職金規定がある場合は以下の3つの項目をしっかりと確認しておきましょう。

  • 支給日(退職日からいつまでに退職金が支給されるのか)
  • 支給額(勤続年数に応じた支給額の表などが別途ある場合もある)
  • 勤続年数の取り扱い(何年勤続していれば受給対象となるのか、端数は切り上げるのか切り下げるのかなど)

勤続3年未満だともらえない場合も

多くの企業では退職金は勤続年数が長ければ長いほど大きくなるように設定されています。

しかし、退職金制度がある会社でも、勤続3年程度の場合は支払われない会社がほとんどです。

それでも念のため退職金規定を確認し、もらえるかどうかの確認はしておきましょう。

また、自己都合で退職する場合は、会社都合や定年で退職する場合よりも、減額するように定めている会社がほとんどです。

会社が倒産しても退職金を受け取れる場合がある

会社が倒産した場合でも、会社に財産が残っていれば、退職金の一部の支払いを受けることができます。

ただし、「会社に財産が残っていれば」であるため、100%退職金がもらえるというわけではないようです。

また、中小企業退職金共済制度など公的な機関を利用して積み立てている退職金は受け取ることができます。

さらに詳しく調べたい方は以下のサイトがとても参考になります。
会社の破産(倒産)と従業員の解雇~未払い給料と退職金の扱い

人気のまとめ記事

1

転職エージェントは履歴書・職務経歴書の添削、求人紹介、面接対策などあらゆる転職サポートを受けることができるので、絶対に利用するべきです。 また、転職エージェントごとに強み、特徴が異なります。「転職エー ...

2

転職マニュアル本といっても、転職活動のすべてを網羅したものや、面接に特化したもの、自己啓発本よりのものまで様々です。 ここでは数ある転職本の中から12冊を厳選し、タイプ別にまとめて紹介します。自分の今 ...

便利な転職サイト 3

転職サイトには様々なタイプのものがあります。 なかには大手の転職サイトでは閲覧できない求人が掲載されているものや、他にはない貴重な情報を閲覧できるサイト、転職活動が劇的に楽になるサイトなどがあります。 ...

4

20代の転職サポ―トに強く、20代を対象とした求人が豊富にある転職エージェントを厳選して5社紹介します。 転職エージェントは非公開求人を紹介してくれたり、履歴書・職務経歴書の添削をしてくれたりと、様々 ...

転職サイトと転職エージェント 5

「どんな質問をされるのか?」 「面接官はその質問で何を知りたいのか?」 「採用されるためにはどう回答するべきか?」 これらを知らなければ、面接官が求めている回答をできないどころか、言うべきではないこと ...

-退職方法
-

Copyright© 失敗しない転職ノウハウを公開!転職ノウハウ.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.