面接対策

これだけは押さえたい!面接での“話し方のコツ”

更新日:

話し方のコツ
自分の魅力を最大限アピールするためには、伝わりやすい話し方をする必要があります。

面接官は必ずしも引き出し上手なわけではなく、特に中途採用では、面接に慣れていない現場の社員が面接官を担当することが多々あります。直感を頼りに面接に臨んでいるため、応募者との接点を見出してくれるとは限りません。

つまり、こちらがしっかりと伝わりやすい話し方をしないと、アピールしたいこともきとんと伝わらないのです。

ここでは、そのための話し方のコツをまとめて紹介します。

結論から話す

面接では結論から話す
論理的に、相手に分かりやすく話を伝えるためには、結論から話すことが大切です。

「○○です。その理由は2つあります。1つは○○で、もう1つは○○です。」
「○○と考えております。なぜなら……」

といったように、結論を最初に述べ、その後で、詳細について話していきましょう。

ただし、「結論から話す」このスタイルを守ったとしても、伝えるべき内容がしっかりと考えられていないと、結局何が言いたいのか分からなくなってしまいます。

また伝えたいことの肝を自分の中で把握できていないと、「言いたいことは○○だけど、××から話さなければ」と伝えたいことが拡散してしまう場合があります。

色々な方向に話が飛んでしまい、最も伝えたかったことを話せないまま面接が終わってしまうかもしれません。

面接の前に、伝えたいことを箇条書きにして、頭の整理をしておくといいでしょう。

数値を入れて話を具体的に

具体的な情報
成功体験や逆境から挽回した話など、エピソードを話す時は、できるだけ具体的な「数値・変化」を盛り込んで話すようにしましょう。

客観的で相手がイメージしやすいエピソードを語る上でとても重要なことです。

例えば下記の2つの例だと、どちらの方が「頑張っているな」と思うでしょうか。

1:「フットワークのいい営業を心掛け、日中は常にお客様を訪問していました」
2:「1日20件以上は回ろうと決め、1年間続けてきました。その結果、1年で営業成績を30%伸ばすことができました」

当然、2つ目の方が、どのように工夫してきたのか、その結果どうなったのか、これらを具体的にイメージすることができます。

1つ目の例のようにむやみに自己PRをするのではなく、実際に自分がとった行動を事実として示し、そこから面接官が自然に判断し、評価できるよう伝えることが大切です。

成功体験を語る時は現在進行形で生かされているもの

また、成功体験を語る時は、「その成功が今に生かされている」ことをアピールできるエピソードを優先的に選びましょう。

面接官は話の中に主体的な成長意欲を見出します。

自分が進化した経験を語れるようにしましょう。

「○○のおかげです」を使いこなす

「今××ができるのは○○のおかげです」といったように、過去の成功体験や失敗体験などの話をする際に、「おかげです」を使えるように、エピソードを組み立てると、自分の成長をアピールしやすくなります。

「以前にトラブルがあったことで、二度と起こさないように予防できるようになりました」と使えば、失敗を自分の成長に生かした証拠にできます。

下調べしたことを話に盛り込む

面接対策
面接官の質問に答えながら、下調べしてきたことを盛り込むと、よく考えてきていることが相手に伝わり話が深まります。

例えば自己PRを述べる際、単に「柔軟性があります」ではなく

「現職では開発中に仕様変更が頻繁にあり、その都度柔軟に対応してまいりました。御社のお仕事でも同じようなことがあるかと思いますが、そのあたりは、現職の経験を生かし柔軟に対応していくことができると考えております。」

といったように自己PRを述べれば、自分のスキルをアピールしつつ、しっかりと企業のことを下調べし、働くイメージが持てていることもアピールできます。

伝えたいことをメモに書いておく

メモに残す
ここまで説明してきた、話した方のコツを実行しようと思っても、面接本番で緊張してしまい、伝えるべきことを忘れてしまっては元も子もありません。

そうならないためにも、あらかじめ伝えたいことをメモに書き出しておきましょう。

伝えたいことを、要点だけをまとめて箇条書きで書き出しておくのです。

面接前の面接官が来るまでの時間に見るのもいいですし、面接官に許可をもらって、その場でメモを見ながら話してもいいでしょう。

メモを用意しておくことによって心に余裕が生まれ、緊張もいくらか和らぐはずです。

また、面接練習も欠かさず行っておきましょう。やはり練習した場合としない場合では、緊張感も完成度も違います。

エージェントを相手に模擬面接を頼むのがおすすめです。

面接対策を徹底的に行う方法とは?
「面接対策を入念にしたい」
「面接に不安がある」
「志望動機に不安がある」

という方は、転職エージェントを使えば、プロのコンサルタントから【自己PR】【志望動機】【転職理由】のアドバイスをもらえるほか、過去に聞かれた質問や、面接で見られているポイントを教えてくれる場合もあるので、面接対策を徹底的に行えます。

以下のページでは各転職エージェントの特徴を具体的にまとめていますので、エージェントを選ぶ際の参考にしていただければと思います。

また、転職エージェントの中でも、マイナビAGENTは、20代~30代の転職支援に強みをもち、求人も豊富で、一通りの転職サポートも受けられるので、おすすめです。

必読のまとめ記事

1

20代の転職サポ―トに強く、20代を対象とした求人が豊富にある転職エージェントを厳選して5社紹介します。 転職エージェントは非公開求人を紹介してくれたり、履歴書・職務経歴書の添削をしてくれたりと、様々 ...

転職サイトと転職エージェント 2

「どんな質問をされるのか?」 「面接官はその質問で何を知りたいのか?」 「採用されるためにはどう回答するべきか?」 これらを知らなければ、面接官が求めている回答をできないどころか、言うべきではないこと ...

3

転職マニュアル本といっても、転職活動のすべてを網羅したものや、面接に特化したもの、自己啓発本よりのものまで様々です。 ここでは数ある転職本の中から12冊を厳選し、タイプ別にまとめて紹介します。自分の今 ...

便利な転職サイト 4

転職サイトには様々なタイプのものがあります。 なかには大手の転職サイトでは閲覧できない求人が掲載されているものや、他にはない貴重な情報を閲覧できるサイト、転職活動が劇的に楽になるサイトなどがあります。 ...

5

転職エージェントは履歴書・職務経歴書の添削、求人紹介、面接対策などあらゆる転職サポートを受けることができるので、絶対に利用するべきです。 また、転職エージェントごとに強み、特徴が異なります。「転職エー ...

6

転職活動を始める際、最初に行うことといえば、転職エージェントに登録することです。 しかし、転職エージェントは大小様々なものがあり、正直どれがいいのかわからない、という人もいるでしょう。 転職ノウハウサ ...

-面接対策
-

Copyright© 失敗しない転職ノウハウを公開!転職ノウハウ.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.