企業研究・選び

甘く見てはいけない!企業研究の重要性と企業研究の方法

更新日:

企業研究
どれだけスキルや経験を持った優秀な人であっても、企業研究をしっかりと行わなければ内定をもらうことができません。

企業研究は転職成功の“カギ”とも言える重要な作業であり、しっかりと時間をかけて行うべきです。

ではなぜ、企業研究が重要なのか?

その理由と、企業研究の具体的な方法について解説していきます。

なぜ企業研究重要なのか?

企業研究
内定をもらうためのカギは“企業の望むものを把握し”、それに合わせた自己PRをすることです。

そして“企業が望むものを把握する”ために企業研究は欠かせないのです。

「相手が何を望んでいるのか、何を求めているのか」

これを知らなければ、いくら素晴らしい自己PRをしても「悪くないけど、求めている人物像と異なっている」ということで、不採用となります。

人に何かを売る時には、必ず、相手が何を求めているのか、どんな悩みを持っているのかを必ず探りますよね。

それと同じように、「自分が希望している企業がどんな企業なのか?」「どんなスキルを求めているのか?」「どんな人物を求めているのか?」これらをしっかりと把握し、それに合わせて自分をプレゼンテーションをしなければ転職の成功はあり得ないのです。

だからこそ転職活動において、企業研究は重要なのです。

企業研究の方法

企業研究
企業研究は、企業がどんな人材を求めているのかを知るために行います。

そして、企業が「どんな人材を求めているのかを知る」ためには、“企業視点”を掴むことが大切です。

企業視点を掴むには以下の3つのキーワードから情報を集めるようにしましょう。

  • お客様
  • ライバル企業
  • 企業の強み

企業の「お客様」を知る

このお客様とはエンドユーザーのことです。

「Facebook」であれば、単純にFacebook上で人とのつながりを楽しむ一般ユーザーです。アップル社であれば、macbookやiphoneを購入する人のことです。

そのエンドユーザーの人達が「なぜ、そのサービスを利用するのか?」「なぜその製品をお金を払ってまで購入するのか?」といったお客様の心理を考えることで、企業の強みが浮き彫りになります。

そしてその企業がサービスや製品が提供する上で大切にしていること、ポリシーを掴むことができます。

お客様を知るということは、ユーザー目線から志望企業を知るということです。企業の実態、本当の姿を知る上で大変重要なポイントとなります。

ライバル企業を知る

ほとんどの企業には競合となる企業が存在します。ライバル企業と志望企業を比較することで、互いの会社に特徴や強みを浮かび上がらせることができます。

例えばスマートフォンであれば、値段で勝負する企業、処理速度やカメラの性能で勝負する企業などがあります。その差別化が企業の“強み”なのです。

そしてそこで打ち出しているスタンスやこだわりが、その企業が求める人物像に投影されることになります。

だからこそ、企業研究において、ライバル企業を知ることは転職の明暗を分ける重要なポイントにもなるのです。

志望企業の強みを知る

志望企業がどのようなマインドを持っているのか、どういう事業で収益を得ているか。

企業研究によって、企業の強みを知るということは、その企業がどのように発展してきたか、今後どのように成長していくのか、企業視点を解読するのに役立ちます。

以下の3つのポイントから志望企業の強みを探ってみましょう。

  • 社長のプロフィール、著書から強みを探る
  • 収益構造から強みを探る
  • 現在のステージを知る

社長のプロフィール、著書から強みを探る

会社の社長を知ることは、企業視点を掴む上で欠かせないことです。特にベンチャー企業であれば、社長の価値観、マインドがそのまま社風や企業の雰囲気に反映されていることが多いので重要となります。

企業ホームページで社長のプロフィール、メッセージを一度見ておくことはもちろん、著書がある場合はできる限り目を通しておきましょう。

その他、社長がSNSやブログをやっている場合は、どんな発言をしているのか、どんなニュースにシェアしているのか、どんなニュースに言及しているのかを必ずチェックしておきましょう。

これらは企業視点を掴む上では欠かせない情報の宝庫です。

共感した内容、自分との共通点をまとめておけば、面接での印象アップにつながりますし、他の応募者との差別化にもなります。

収益構造から強みを探る

「何で収益を上げているのか」「どうやって利益を得ているのか」を探りましょう。

例えば「Google」であれば広告、android OSなどで収入を得ています。アップル社であれば製品、アプリ、音楽などで収益を得ています。

このように同じIT業界でも収益構造が異なっており、収益構造を知ることによって、その会社の核となる部分、つまり「強み」を知ることができるのです。

収益構造から強みを探る

以下の4つの成長ステージの中で、志望企業が現在どの成長ステージにいるのかを探ることも大切です。

  • 草創期
  • 拡大期
  • 変革期・多角期
  • 成熟期

どのステージにいるかで、会社の現状や課題などが全く違ってくるからです。

企業のステージを把握することによって、

「企業の次のステージを目指す上で何をしなくてはならないか?」
「どんなことを求めているのか?」
「現状では何に困っているのか?」

といったことを把握できます。

そして企業が困っていることに共感し、困っていることを解決していくためには何が必要なのか、どんなスキルが求められるのか、といった視点を持たなければ最適な自己PRを考えることはできません。

企業研究のための情報収集法

情報収集
企業研究をし、企業が求めている人物像を知るためには、その企業の情報を徹底的に収集しなければいけません。

情報を収集する方法として

  • 転職エージェント
  • インターネット
  • 書籍
  • 講演

この2つが挙げられます。

転職エージェントから情報をもらう

もっともおすすめしたいのが転職エージェントです。

転職エージェントの求人情報には、求人広告やHPでは伝えられていない貴重な非公開情報をごっそり持っています。例えば、面接官の人柄や面接で見ているポイントなど、喉から手が出るほど欲しい情報を当たり前のように持っているのです。

これらの情報を利用しないで転職を活動をするのは、かなり損です。

だからこそ必ず、転職エージェントは利用し、さらに貪欲に希望企業の情報を収集しましょう。

【保存版】転職エージェント全22社の特徴をまとめて紹介!

インターネットから情報収集をする

企業ホームページであれば、「会社概要」「事業内容」「沿革」「経営方針」「社長メッセージ」「社長ブログ」「採用ページの社員の声」「ニュースリリース」「IR情報」には目を通しておくべきです。

その他、社長のSNSや転職サイトから情報収集をすることもできます。

例えば、リクナビNEXTのような大手の転職サイトであれば、社員の声や職場のインタビューなどが掲載されているので、社風や社内の雰囲気を知るのに重宝します。

書籍・講演から情報を得る

出版しているのであれば、書籍を読んでみるのもいいでしょう。

また社員、社長の講演があるのであれば是非、参加しましょう。普通、講演にまで参加する人はいませんから、他の応募者と差別化することができます。

必読のまとめ記事

1

20代の転職サポ―トに強く、20代を対象とした求人が豊富にある転職エージェントを厳選して5社紹介します。 転職エージェントは非公開求人を紹介してくれたり、履歴書・職務経歴書の添削をしてくれたりと、様々 ...

転職サイトと転職エージェント 2

「どんな質問をされるのか?」 「面接官はその質問で何を知りたいのか?」 「採用されるためにはどう回答するべきか?」 これらを知らなければ、面接官が求めている回答をできないどころか、言うべきではないこと ...

3

転職マニュアル本といっても、転職活動のすべてを網羅したものや、面接に特化したもの、自己啓発本よりのものまで様々です。 ここでは数ある転職本の中から12冊を厳選し、タイプ別にまとめて紹介します。自分の今 ...

便利な転職サイト 4

転職サイトには様々なタイプのものがあります。 なかには大手の転職サイトでは閲覧できない求人が掲載されているものや、他にはない貴重な情報を閲覧できるサイト、転職活動が劇的に楽になるサイトなどがあります。 ...

5

転職エージェントは履歴書・職務経歴書の添削、求人紹介、面接対策などあらゆる転職サポートを受けることができるので、絶対に利用するべきです。 また、転職エージェントごとに強み、特徴が異なります。「転職エー ...

6

転職活動を始める際、最初に行うことといえば、転職エージェントに登録することです。 しかし、転職エージェントは大小様々なものがあり、正直どれがいいのかわからない、という人もいるでしょう。 転職ノウハウサ ...

-企業研究・選び
-

Copyright© 失敗しない転職ノウハウを公開!転職ノウハウ.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.