自己分析

なぜ自己分析が重要なのか? 自己分析の重要性と方法

投稿日:

分析する
多く人が手を抜きがちなのが自己分析です。

しかし自己分析は内定をもらうために非常に重要です。そのため転職ノウハウ本やネット転職ガイドなどでもほぼ必ず自己分析の方法が解説されています。

ではなぜ、自己分析は重要と言われるのでしょうか。また内定をもらうためにはどのように自己分析をするべきなのでしょうか。

自己分析はなぜ重要なのか

何かを売ろうとしたら、当然、それについて、どんな特徴があるのかを把握し、買ってもらうためにどのような商品説明をすればいいのかを考えなければいけません。

転職活動でも自己分析をして、まずは自分がどのようなスキル、経験を持っているのか、どのような人間性を持っているかを把握しなければいけません。

さらに選考に通るためには、自分が持っているスキル、経験、人間性を、どのように伝えるべきなのかを考えなければいけません。

だからこそ自己分析は重要なのです。

内定をもらうための自己分析の方法

自己分析の目的を把握する

まず、自己分析の目的を把握せずに、漠然と自己分析をしたのでは何の意味もありません。

漠然と自己分析をしてしまうと「自分は子供ころからテレビが好きだった」「人と話すのが好き」といった仕事に関係があるかどうかよく分からない結果がでてしまいます。

転職活動は、自分を売り込む商談の場であり、自己分析の目的は「内定をもらうため」です。趣味嗜好を知るためではありません。

企業が求めている人材であることを証明するためのネタを探す

企業が求めているのは、会社に貢献してくれる人です。具体的には「やる気が人」「スキル・経験がある人」「自社の社風に合う人」といった特徴を有した人です。

自己分析では、企業が求めている人材の条件を満たしていることを証明するためのネタを探しましょう。

例えばスキル・経験をアピールするのであれば、これまで経験した業務や、上げた成果、お客様に言われたことなどをさかのぼり、選考で役に立ちそうなネタを探すのです。

ビジネスマンとして客観的にどう見られているかを把握する

例えば、見るからに体格がよくて、闘志むき出しの人が「前職では、毎週のように仕事で徹夜していました」といえば「体力のあるタフな人なんだ」と思ってもらえます。

しかし、小柄で、貧相な感じの人が同じことを言ったとなると「仕事ができなくて徹夜していたのか」と思われてしまいます。

このように同じ言葉でも、人によって受け取る印象が異なるため、自己分析によって、客観的に自分がどのように見られているかを知る必要があるのです。

客観的に自分がどのように見られているかを分析し、選考ではどのようなことを話せば、企業が求める人材であることを証明できるのかを考えましょう。

人気のまとめ記事

1

転職エージェントは履歴書・職務経歴書の添削、求人紹介、面接対策などあらゆる転職サポートを受けることができるので、絶対に利用するべきです。 また、転職エージェントごとに強み、特徴が異なります。「転職エー ...

2

転職マニュアル本といっても、転職活動のすべてを網羅したものや、面接に特化したもの、自己啓発本よりのものまで様々です。 ここでは数ある転職本の中から12冊を厳選し、タイプ別にまとめて紹介します。自分の今 ...

便利な転職サイト 3

転職サイトには様々なタイプのものがあります。 なかには大手の転職サイトでは閲覧できない求人が掲載されているものや、他にはない貴重な情報を閲覧できるサイト、転職活動が劇的に楽になるサイトなどがあります。 ...

4

20代の転職サポ―トに強く、20代を対象とした求人が豊富にある転職エージェントを厳選して5社紹介します。 転職エージェントは非公開求人を紹介してくれたり、履歴書・職務経歴書の添削をしてくれたりと、様々 ...

転職サイトと転職エージェント 5

「どんな質問をされるのか?」 「面接官はその質問で何を知りたいのか?」 「採用されるためにはどう回答するべきか?」 これらを知らなければ、面接官が求めている回答をできないどころか、言うべきではないこと ...

-自己分析
-

Copyright© 失敗しない転職ノウハウを公開!転職ノウハウ.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.