質問と答え方 面接対策

「何か質問はありますか?」と面接の最後に聞かれた時の良い質問と悪い質問の具体例

更新日:

最後の質問を聞く
面接では必ず「何か質問はありますか?」と聞かれます。

当然、分からないことを聞けばいいのですが、何を聞いても良いというわけではなく、印象が悪くなる質問と、良くなる質問があります。

ではいったい「どのような質問なら印象が良いのか、悪いのか?」

そして「質問はしなくてもいいのか、絶対にした方が良いのか?」

この2点について解説していきます。

印象が良くなる質問とは?

質問は何でもいいというわけではありません。前述しましたが、質問によっては印象が悪くなるものありますし、逆に好印象に繋がる質問もあります。

好印象に繋がるのは

  • しっかり企業研究してきたことが伝わる質問
  • 仕事をイメージするための質問

こちらのような質問です。

企業研究してきたことが伝わる質問

表面的な質問ではなく、企業研究してきたことがしっかりと伝わる質問をしましょう。

例えば下記のような質問であれば、ホームページや募集要項をしっかりと確認していることを伝えることができます。

「御社のホームページにこんな記載がありましたが、現在の進捗はどうでしょうか?」

「募集要項に“業務拡大に伴い……”とありましたが、実際どのような方向性を考えているのでしょうか?」

「御社の○○部の今後の戦略は、どのようなものでしょうか?」

また、自分がその企業で希望するポジションと絡めた質問をするとさらにいいでしょう。

仕事をイメージするための質問

「この会社で成果を出している方にはどのような方にはどのような共通点がありますか?」
「中途で活躍されているのはどんな方ですか?」
「御社では中途採用者のステップアップにどのような体制をとられていますか?」

といったように、その企業で仕事をする自分をイメージするための質問であれば、働く意欲をアピールすることができます。

印象が悪くなる質問とは?

最後の質問 面接官
続いて印象が悪くなる質問です。

具体的には以下の3つです。

  • 抽象的な質問
  • ホームページを見れば分かること
  • 募集職種に関係のない質問
  • 労働環境に関する質問(質問の仕方にもよる)

抽象的な質問

「御社の戦略は何ですか?」
「5年後、10年後についてどうお考えですか?」

このような質問は、面接官としても聞かれても困ります。

戦略について知りたいのであれば、

「○○部の○○という事業について、今後の戦略を教えていただけますでしょうか?」

といったように具体的に質問しましょう。

ホームページを見れば分かること

社員数や売上高などはホームページやIR情報を見れば知ることができます。

このように「とりあえず」の質問しても、調べが浅いことがバレるでしょう。

「何となく応募しただけなのか」と思われるだけです。

募集職種に関係のない質問

営業職の採用で、「経理に移るチャンスはありますか?」といったような質問をしてしまっては

「本当は経理がやりたいのではないか?」
「別の職種を希望しているのではないか?」

と疑われる場合があります。

労働環境に関する質問

労働環境は働く上で最もと言っていいほど重要なことなので、本来この質問で悪い印象を持つこと自体、間違っているのですが、残業時間や休日出勤数に関する質問は、「働きたくないのか」と思われる場合があります。

聞く場合には工夫することが大切です。

例えば

「この業界のこの職種であれば、月の残業時間は30時間と考えておいてよろしいでしょうか?」

といったようにYES/NOで答えられるように質問をしましょう。

合っているのであれば、「それぐらいと考えてもらえれば大丈夫です」と答えてくれます。

また違うのであれば「そんなに残業はしていませんよ。だいたい月20時間ぐらいですね」といったように具体的に答えてくれるはずです。

さらに、このような質問の仕方をすることで、働くイメージがしっかりと持てていることアピールできます。

どうしても質問が思いつかない場合

最後の質問を極力するべきです。

質問も含めて面接であり、面接官によっては、「意欲がないのか」「当社に興味がないのか」と思われる場合があるからです。

しかし「どうしても質問が思いつかない」「どうでもいい質問しか思い浮かばない」という場合もあるでしょう。

そのような時は、以下の答えると強い入社意思をアピールできます。

「丁寧にご説明いただきましたので、大切なことは一通り理解できました。お話を伺ってあらためて御社で頑張っていきたいという思いです。結果のご連絡をいただける時期や方法についても教えていただけますか? また、本日の結果次第かとは存じますが、この後は二次面接などが予定されているのでしょうか?」

転職エージェントを使えばプロから面接のアドバイスがもらえる

「面接対策を入念にしたい」
「面接に不安がある」
「志望動機に不安がある」

という方は、転職エージェントを使えば、プロのコンサルタントから【自己PR】【志望動機】【転職理由】のアドバイスをもらえるほか、過去に聞かれた質問や、面接で見られているポイントを教えてくれる場合もあるので、面接対策を徹底的に行えます。

※転職エージェントまとめはこちら

【厳選】20代で転職するなら絶対に利用したい転職エージェントおすすめ5社

20代の転職サポ―トに強く、20代を対象とした求人が豊富にある転職エージェントを厳選して5社紹介します。 転職エージェントは非公開求人を紹介してくれたり、履歴書・職務経歴書の添削をしてくれたりと、様々 ...

続きを見る

【保存版】転職エージェント全22社の特徴をまとめて紹介!

転職エージェントは履歴書・職務経歴書の添削、求人紹介、面接対策などあらゆる転職サポートを受けることができるので、絶対に利用するべきです。 また、転職エージェントごとに強み、特徴が異なります。「転職エー ...

続きを見る

必読のまとめ記事

1

転職エージェントは履歴書・職務経歴書の添削、求人紹介、面接対策などあらゆる転職サポートを受けることができるので、絶対に利用するべきです。 また、転職エージェントごとに強み、特徴が異なります。「転職エー ...

2

転職マニュアル本といっても、転職活動のすべてを網羅したものや、面接に特化したもの、自己啓発本よりのものまで様々です。 ここでは数ある転職本の中から12冊を厳選し、タイプ別にまとめて紹介します。自分の今 ...

便利な転職サイト 3

転職サイトには様々なタイプのものがあります。 なかには大手の転職サイトでは閲覧できない求人が掲載されているものや、他にはない貴重な情報を閲覧できるサイト、転職活動が劇的に楽になるサイトなどがあります。 ...

4

20代の転職サポ―トに強く、20代を対象とした求人が豊富にある転職エージェントを厳選して5社紹介します。 転職エージェントは非公開求人を紹介してくれたり、履歴書・職務経歴書の添削をしてくれたりと、様々 ...

5

転職活動を始める際、最初に行うことといえば、転職エージェントに登録することです。 しかし、転職エージェントは大小様々なものがあり、正直どれがいいのかわからない、という人もいるでしょう。 転職ノウハウサ ...

転職サイトと転職エージェント 6

「どんな質問をされるのか?」 「面接官はその質問で何を知りたいのか?」 「採用されるためにはどう回答するべきか?」 これらを知らなければ、面接官が求めている回答をできないどころか、言うべきではないこと ...

-質問と答え方, 面接対策
-

Copyright© 失敗しない転職ノウハウを公開!転職ノウハウ.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.