企業研究・選び 面接対策

要注意!ブラック企業の面接にありがちな6つの特徴

更新日:

面接で企業を見抜く
企業側が応募者を判断する場でもありますが、応募者が企業を判断する場でもあります。

面接では、社内でもエース級の社員、入社後、直属の上司になる社員、人事部の社員、社長、役員など、社内の主要な人物と会える機会であり、会社を判断するには絶好の場です。

ここでは、ブラック企業の面接の特徴について紹介します。当てはまるものがある場合は、ブラック企業かもしれませんので警戒しましょう。

面接時間が短い、面接らしい質問がない

面接がおかしい
面接の時間が極端に短かったり、面接での定番質問がされなかったりする場合は、「採用できれば誰でも良い」という考えである可能性があります。

面接に来た応募者をすぐに採用するということは、何か問題がある企業で、あまりにも人気がない、もしくは退職者が多くすぐに採用しないと間に合わない企業です。

面接では通常、応募者が現在、持っているスキルだけでなく、将来の可能性や人間性などを多角的に評価して、自社にふさわしい人間であるかどうかを見極める必要があります。

そのため面接は複数回実施し、人事、経営幹部、現場社員など様々な人が選考に携わります。

それにもかかわらず「面接時間が短い」「面接が1回しかない」というのはやはり裏の事情があるからです。

他にも、「希望の待遇や、やりたい仕事などはまったく聞かれなかった」「部活やスポーツのことなど体力面にしか関心がない」という場合は要注意です。

社員の少ないベンチャー企業では面接が1回の場合も

社員数名のベンチャー企業では、最初の面接に社長と現場社員が同席して、一度の面接で採否を決定する企業もあります。

この場合は、問題があるか会社とは言えません。

面接官の態度が悪い

態度の悪い面接官
圧迫面接と見分けるのが難しいかもしれませんが、例えば、学歴、性別、国籍、前職に対して偏見、差別的、モラルを欠いた発言がある場合は、会社に問題があります。

普通、圧迫面接は「今の会社の方がいいのでは?」といったように質問によって応募者を圧迫するものです。

発言や態度は別です。発言がよろしくない、態度が悪いのは単に面接官の人間性に問題があります。

そして人間性に問題がある人に面接を任している会社に問題があります。

応募者といえでも会社外の人間であり、顧客になり得る人です。しっかりと気を配れないということは、顧客に対しても誠意がない会社であるといえます。

日程調整、選考結果の連絡などで応募者の都合を考慮しない

面接
面接の日程調整などで応募者の都合を考慮しない企業は、顧客に対しても同じような対応をする会社である可能性が高いです。

例えば、一次面接が行われたあとの連絡で
「選考に結果に対する理由の説明がない」
「次の先行に日程が“本日”や“明日”など、応募者の都合を全く考えていない」
「面接の結果がでるのがやたら速い、遅い」
などのケースです。

このように会社の都合ばかり優先すし、応募者・会社外の人の都合を優先しないのは、ブラック企業によくある特徴です。

自社の説明をしたがらない、説明が曖昧

面接で会社を見抜く
仕事内容や給与などについて質問しても、面接官が説明をしたがらない場合や、曖昧な説明しかしない場合は、要注意です。

何か後ろめたいことがあり、しっかり説明することによって応募者が事態してしまうことを恐れている可能性があります。

面接は企業が応募者を知る場ではなく、企業と応募者を双方がお互いを知る場でもあります。そのことは当然、採用担当者も把握していることです。

自社のことを分かってもらうために、「事業内容」「仕事内容」「勤務条件」「待遇」「平均残業時間」「平均勤続年数」などのデータはしっかりと用意しておくべきものです。

それを隠すということはやはり何か後ろめたい理由があるからです。ブラック性を帯びた企業である可能性があります。

募集要項と面接で提示された採用条件が違う

採用条件が違う
募集要項と面接時に説明された採用条件が違うことはブラック企業によくある特徴です。

例えば、
「募集要項では「土日祝休」と書かれていたのに、実際には土曜日、祝日は皆自発的に出社している面接で言われた」
「残業代有りとなっていたが、みなし残業分が基本給に含まれていた」
といったようにです。

企業側としては高条件のように見せかけて人を集め、面接で都合の良いように変えるという確信犯的な行為です。このような会社は、違法意識が低い会社ですので、絶対に避けるようにしましょう。

その他、試用期間中は社会保険に加入できない、有給休暇がないという場合も同様に避けるべき企業です。

精神論ばかり持ち出す

精神論を持ちだす面接官
面接官が自社の仕事を説明する時、「この仕事は忍耐が大事」「常にチャレンジャーであることが重要」「走り続ければ絶対に成長できる」といったように精神論ばかり持ち出す場合は注意しましょう。

精神力、忍耐なども仕事をする上では、ある程度大切なものです。しかしそれらの要素は数あるうちの一つにすぎません。ビジネスで大切なことは、他にいくらでもあります。

それにも関わらず、やたらと精神論を持ち出してくる会社は、結局、精神力だけで仕事することを余儀なくされる可能性が高いです。

会社の目標や求める人物像に「根拠のない精神論」が入ってくるのは、ブラック企業の特徴でもあります。

「何事も気合が大切」「どん底から這い上がれ」などの精神論をやたらと強調されたら警戒するようにしましょう。

事前の情報収集を綿密に行いブラック企業を避ける

応募する前にブラック企業を見抜くためには、事前の情報収集が何よりも大切です。

例えば、転職エージェントを利用すれば、ネットからでは得られない貴重な情報を教えてくれる場合がります。

また企業の口コミサイトでは、元社員のよる企業の口コミが閲覧でき、職場の雰囲気や社風を把握するのにとても役立ちます。

人気のまとめ記事

1

転職エージェントは履歴書・職務経歴書の添削、求人紹介、面接対策などあらゆる転職サポートを受けることができるので、絶対に利用するべきです。 また、転職エージェントごとに強み、特徴が異なります。「転職エー ...

2

転職マニュアル本といっても、転職活動のすべてを網羅したものや、面接に特化したもの、自己啓発本よりのものまで様々です。 ここでは数ある転職本の中から12冊を厳選し、タイプ別にまとめて紹介します。自分の今 ...

便利な転職サイト 3

転職サイトには様々なタイプのものがあります。 なかには大手の転職サイトでは閲覧できない求人が掲載されているものや、他にはない貴重な情報を閲覧できるサイト、転職活動が劇的に楽になるサイトなどがあります。 ...

4

20代の転職サポ―トに強く、20代を対象とした求人が豊富にある転職エージェントを厳選して5社紹介します。 転職エージェントは非公開求人を紹介してくれたり、履歴書・職務経歴書の添削をしてくれたりと、様々 ...

転職サイトと転職エージェント 5

「どんな質問をされるのか?」 「面接官はその質問で何を知りたいのか?」 「採用されるためにはどう回答するべきか?」 これらを知らなければ、面接官が求めている回答をできないどころか、言うべきではないこと ...

-企業研究・選び, 面接対策
-,

Copyright© 失敗しない転職ノウハウを公開!転職ノウハウ.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.