面接対策

仕事が忙しくて面接の時間がない場合、どうすればいいのか?

投稿日:

転職活動をする時間がない採用面接は基本的に平日に実施されるので、在職中に転職活動をする場合だと、時間が取れない人もいるでしょう。

面接の日時は、応募者の都合が考慮してもらえる場合もありますが、基本的に会社側の都合で決まります。

しかも、急な日程変更を許してくれるのは、せいぜい一回までです。二回目、三回目と日程変更があると、採用そのものを見送られる可能性があります。

いくら現職が忙しく、面接の時間を取れなくても、選考は進んでいきます。あなたが面接に参加できれなければ、企業は他の候補者を面接に呼ぶだけです。

どれだけ忙しくても、どうにか面接に時間を確保しなければいけないのです。

有休、もしくは仮病を使って会社を休む

会社を休む
有休をとれる会社であれば、面接の日は、有休をとりましょう。有休を取得する時は、基本的に理由を説明する必要はありませんので、有休がとりやすい職場であるならば、有休をとるのが確実です。

有休を取得しづらい職場なら、仮病、もしくは身内の不幸を装って仕事を休むしかありません。

その場合は、外に出たとき、自社の社員に会わないように細心の注意を払わなければいけません。

会社を辞めてから転職活動をする

会社を辞めてから転職活動をする
会社を辞めてから転職活動をするより、現職のまま転職活動をしたほうが、印象がいいと言われています。

しかし、現職が忙しくて転職活動をする時間を確保できなきなければ元も子もありません。本気で転職したいなら、今の会社に残る気が微塵もないのであれば、スパっと辞めて、転職活動に集中したほうがいいでしょう。

また、面接に「どうして退職してから転職活動を始めたのですか?」と聞かれたら、「忙しくても転職活動をする時間を確保できなかったので」と回答すればマイナスになることはないでしょう。

転職エージェントを利用して日程調整をしてもらう

転職エージェントと面談する
転職活動をする時間がない場合は、転職エージェントを利用して、スケジュール調整を全部お願いするのも、一つの手です。

あらかじめ空いている日をすべて伝えておけば、それに合わせて転職エージェントが面接に日程などを調整してくれます。

企業との連絡はすべてエージェントが代行してくれるので、日程の融通が利きやすい場合もあります。

時間がなくても転職活動を円滑に進められる場合もあるので、現職が忙しい方は、転職エージェント利用するのがおすすめです。

以下のページでは転職エージェントをまとめて記載していますで、是非、参考にしていただければと思います。

必読のまとめ記事

1

転職エージェントは履歴書・職務経歴書の添削、求人紹介、面接対策などあらゆる転職サポートを受けることができるので、絶対に利用するべきです。 また、転職エージェントごとに強み、特徴が異なります。「転職エー ...

2

転職マニュアル本といっても、転職活動のすべてを網羅したものや、面接に特化したもの、自己啓発本よりのものまで様々です。 ここでは数ある転職本の中から12冊を厳選し、タイプ別にまとめて紹介します。自分の今 ...

便利な転職サイト 3

転職サイトには様々なタイプのものがあります。 なかには大手の転職サイトでは閲覧できない求人が掲載されているものや、他にはない貴重な情報を閲覧できるサイト、転職活動が劇的に楽になるサイトなどがあります。 ...

4

20代の転職サポ―トに強く、20代を対象とした求人が豊富にある転職エージェントを厳選して5社紹介します。 転職エージェントは非公開求人を紹介してくれたり、履歴書・職務経歴書の添削をしてくれたりと、様々 ...

5

転職活動を始める際、最初に行うことといえば、転職エージェントに登録することです。 しかし、転職エージェントは大小様々なものがあり、正直どれがいいのかわからない、という人もいるでしょう。 転職ノウハウサ ...

転職サイトと転職エージェント 6

「どんな質問をされるのか?」 「面接官はその質問で何を知りたいのか?」 「採用されるためにはどう回答するべきか?」 これらを知らなければ、面接官が求めている回答をできないどころか、言うべきではないこと ...

-面接対策
-

Copyright© 失敗しない転職ノウハウを公開!転職ノウハウ.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.