転職活動の心構え

転職活動中に、SNS上で絶対にやっていはいけないこと

更新日:

転職活動中のSNS利用で気を付けるべきこと
Facebookやtwitter、Instaglam、google+、はてなブックマーク、mixiなど、様々なSNSがあり、利用している人も多いと思います。

転職活動では、このSNSの利用には、細心の注意を払わなければいけません。

というのも、企業の採用担当者は応募者のSNSをほぼ100%チェックしているからです。

転職活動中に、SNS上で絶対にやってはいけないこと

【SNSの利用で注意すべきこと】

  • 会社の内部情報の投稿(公になっていない企業の情報をSNSで漏らすのは絶対にNG、新規店舗、新規サービスの情報などには注意する)
  • 人に対する中傷、悪口
  • 根拠のない批判(芸能人、政治家、政策に対する批判には気を配る)
  • 仕事の不満、愚痴(上司がウザい、仕事がつまらない、などの投稿はしない)
  • 他人のプライバシーに関すること(「芸能人が来店した」と投稿したり、許可なしに他人の写真を公開したりするなど)
  • 法律に抵触していること
  • 反社会的な発言、画像などの投稿

また、匿名のアカウントやサブアカウントであっても、発見される可能性があります。転職活動中はもちろんですが、転職活動中でなくても、社会人として節度ある利用を心掛けるべきです

採用担当者は応募者のSNSをチェックする

採用担当者は応募者のSNSをチェックする
採用担当者は、ほぼ確実に採用担当者のSNSをチェックします。

応募者の名前を漢字、ローマ字など、様々なパターンで検索し、アカウントを見つけたら、投稿内容、交友関係、興味、関心を探ります。

例えば、どんな発言をしているか、どんなことをシェアしているか、SNSをどのような用途で使っているのか。それらをチェックすることで、採用担当者は、人柄や考え方、交友関係を見ているのです。

もし投稿やコメントのなかで、他人が見て不愉快な内容の投稿や、ネガティブな内容が見つかれば、当然、評価は悪くなります。

SNSでの発言は誰に見られているか分かりません。友達、フォロワーにしか知られていないと思っていても、友達の友達、フォロワーのフォロワーなど、その先には様々な人が存在しています。

あなたの投稿が回り回ってどう広がっていくか予測できないSNSでは、ビジネスマンとして社会人として、良識を疑われるような投稿や発言は、絶対にしないようにしましょう。

逆に、ポジティブな投稿が多ければ、評価が上がる、というわけではありません。

ですので、転職活動を控えて、無理にポジティブな投稿を連発する必要はないでしょう。その時間があるなら面接対策や職務経歴書対策をするべきです。

必読のまとめ記事

1

転職エージェントは履歴書・職務経歴書の添削、求人紹介、面接対策などあらゆる転職サポートを受けることができるので、絶対に利用するべきです。 また、転職エージェントごとに強み、特徴が異なります。「転職エー ...

2

転職マニュアル本といっても、転職活動のすべてを網羅したものや、面接に特化したもの、自己啓発本よりのものまで様々です。 ここでは数ある転職本の中から12冊を厳選し、タイプ別にまとめて紹介します。自分の今 ...

便利な転職サイト 3

転職サイトには様々なタイプのものがあります。 なかには大手の転職サイトでは閲覧できない求人が掲載されているものや、他にはない貴重な情報を閲覧できるサイト、転職活動が劇的に楽になるサイトなどがあります。 ...

4

20代の転職サポ―トに強く、20代を対象とした求人が豊富にある転職エージェントを厳選して5社紹介します。 転職エージェントは非公開求人を紹介してくれたり、履歴書・職務経歴書の添削をしてくれたりと、様々 ...

5

転職活動を始める際、最初に行うことといえば、転職エージェントに登録することです。 しかし、転職エージェントは大小様々なものがあり、正直どれがいいのかわからない、という人もいるでしょう。 転職ノウハウサ ...

転職サイトと転職エージェント 6

「どんな質問をされるのか?」 「面接官はその質問で何を知りたいのか?」 「採用されるためにはどう回答するべきか?」 これらを知らなければ、面接官が求めている回答をできないどころか、言うべきではないこと ...

-転職活動の心構え
-

Copyright© 失敗しない転職ノウハウを公開!転職ノウハウ.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.