転職活動の心構え

転職は何回まで大丈夫なのか? 転職回数が多いと不利になるのか?

更新日:

転職回数
年齢や業務経験と併せて面接官が気にすることといえば転職回数です。

転職回数が多い人はジョブホッパーであり、一つの会社に腰を据えて仕事に取り組むことができないのではないか、と思われる場合があります。

では、「転職は何回までなら許容されるのか?」「転職回数が多いと、次の転職では不利になるのか?」

この疑問について紹介したいと思います。

転職回数の上限は企業によって違う

メモに残す
具体的に「何回までなら問題ない」という上限は存在せず、応募する企業や業界によって異なります。

トータルで何回まで、といったように決めている企業もありますし、20代で最大3回まで、といったように年代によって決めている企業もあります。

他には経営者や採用担当者の経験則だけで基準を決めている場合もあります。

転職回数は気にしない企業もある

逆に転職回数は全く関係なく、それぞれの転職理由を聞いて納得できれば問題ない、という企業もあります。

つまり、転職回数が多いからといって転職をできないわけではないのです。

例えば3回転職をしたが、そのうち2回が会社の倒産が理由であった場合、本人に責任があるわけではないので、転職回数を気にされることはないでしょう。

転職回数が多いと転職で不利になる

不利になる
当然ですが、転職回数は少ないに越したことはありません。

やはり転職回数が多いと、「またすぐに辞めるのではないか?」「他責的な人なのではないか」と疑われます。

またどれだけ納得のいく理由があっても、転職回数に上限を儲けている企業なら内定をもらうことはかなり難しいでしょう。

転職回数が多い場合は、エージェントに

「そもそも転職するべきなのか?」
「どのように転職理由を話すのがベストなのか?」

を相談してみることをおすすめします。

※参考書籍:キャリア採用のプロたちが教える 後悔しない転職 7つの法則

必読のまとめ記事

1

20代の転職サポ―トに強く、20代を対象とした求人が豊富にある転職エージェントを厳選して5社紹介します。 転職エージェントは非公開求人を紹介してくれたり、履歴書・職務経歴書の添削をしてくれたりと、様々 ...

転職サイトと転職エージェント 2

「どんな質問をされるのか?」 「面接官はその質問で何を知りたいのか?」 「採用されるためにはどう回答するべきか?」 これらを知らなければ、面接官が求めている回答をできないどころか、言うべきではないこと ...

3

転職マニュアル本といっても、転職活動のすべてを網羅したものや、面接に特化したもの、自己啓発本よりのものまで様々です。 ここでは数ある転職本の中から12冊を厳選し、タイプ別にまとめて紹介します。自分の今 ...

便利な転職サイト 4

転職サイトには様々なタイプのものがあります。 なかには大手の転職サイトでは閲覧できない求人が掲載されているものや、他にはない貴重な情報を閲覧できるサイト、転職活動が劇的に楽になるサイトなどがあります。 ...

5

転職エージェントは履歴書・職務経歴書の添削、求人紹介、面接対策などあらゆる転職サポートを受けることができるので、絶対に利用するべきです。 また、転職エージェントごとに強み、特徴が異なります。「転職エー ...

6

転職活動を始める際、最初に行うことといえば、転職エージェントに登録することです。 しかし、転職エージェントは大小様々なものがあり、正直どれがいいのかわからない、という人もいるでしょう。 転職ノウハウサ ...

-転職活動の心構え
-

Copyright© 失敗しない転職ノウハウを公開!転職ノウハウ.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.