面接対策

1次面接、2次面接、3次面接で見られているポイントの違いと面接官の違い

更新日:

1次面接、2次面接、3次面接の違い
ここでは、1次面接、2次面接、3次面接で

  • 見られているポイントの違い
  • 面接官の違い

について解説します。

面接回数は企業によって異なり、1回しか面接をしない企業もあれば、3回以上行う企業もあります。それぞれの面接でチェックされているポイントが異なるため、しっかりと対策をしておきましょう。

1次面接は基本的な確認

面接での話し方
1次面接を担当のするのは主に配属予定部署の管理職やエース級の現場社員、もしくは人事が勤める場合があります。

ここでは、主に職務経歴、自己PRなどの定番質問によって求められている人材として職務能力や労働条件を満たしているか、組織適応能力があるかが見られています。

一緒に働きたいと思わせることが大切

職務能力や労働条件を満たしていることをアピールするのも当然大切ですが、1次面接で特に重要なのは、一緒に働きたいと思わせることです。

ほとんどの場合、1次面接では配属予定部署の社員が面接官を務めることになります。

そうなれば、当然、あなたを見ながら「この人は部下としてふさわしいか」「しっかりやってくれそうか」といったように一緒に働く姿を想像しながらあなたを評価することになります。

また、現場社員が面接官であれば、当然、面接には慣れていません。その場合、深い質問はあまりせず「一緒に働きたいかどうか」といった印象での判断にならざるを得ません。

1次面接ではとにかく印象を重視し、「一緒に働きたい」と思ってもらえるようにしましょう。

2次面接では意欲、熱意が見られる

入社意欲を伝える
2次面接は、人事、もしくは配属予定部署の幹部、もしくは役員が勤めます。ほとんど1次面接と同様の質問です。

質問内容はほとんど同じですが、面接官は自社への熱意や意欲を志望動機、退職理由などから判断します。「同業他社ではなく、なぜこの会社でなければいけないのか?」を重点的にアピールするようにしましょう。

その他、職務能力の再確認もあります。

3次面接は一社員としてふさわしいかが見られる

社長面接
ほとんどの場合、3次面接が最終面接となるでしょう。

ここでは役員や社長が面接官をつとめ、実務能力だけでなく、今後のビジョン、自社への思い、条件面などが確認されます。

つまり「会社の一員としてふさわしい人間であるかどうか」を判断されるのです。

企業理念や社長メッセージなどにしっかりと目を通しておき、共感できる部分を確認しておきましょう。

社長面接のポイントについては下記のページで紹介しているので参考にしてみてください。

最終面接
社長面接で見られているポイントと社長面接の前に準備しておきたいこと

最終面接で社長であることは往々にしてあります。 社長面接までくれば、その企業で業務をこなすスキルやキャリアを備えていると判断されたと思ってもいいでしょう。 実際、社長面接では、条件の確認や入社意思の確 ...

続きを見る

よく読まれている記事

便利な転職サイト 1

転職サイトの中には 大手の転職サイトでは閲覧できない求人が掲載されているサイト 他にはない貴重な情報を閲覧できるサイト 転職活動が劇的に楽になるサイト など色々なものがあります。 ここでは知名度は低い ...

転職エージェントランキング 2

さまざまなジャンルのランキングを発表しているオリコンより、転職エージェントランキングが発表されました。 上位5位の転職エージェントを、各転職エージェントの特徴とともに紹介します。 目次1 1位:Spr ...

3

転職エージェントは履歴書・職務経歴書の添削、求人紹介、面接対策などあらゆる転職サポートを受けることができるので、絶対に利用するべきです。 また、転職エージェントごとに強み、特徴が異なります。「転職エー ...

4

転職マニュアル本といっても、 転職活動のすべてを網羅したもの 面接に特化したもの 自己啓発本に近いもの など様々タイプがあります。 ここでは数ある転職本の中から12冊を厳選し、タイプ別にまとめて紹介し ...

-面接対策

Copyright© 失敗しない転職ノウハウを公開!転職ノウハウ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.