1次面接、2次面接、3次面接で見られているポイントの違いと面接官の違い

1次面接、2次面接、3次面接の違い
ここでは、1次面接、2次面接、3次面接で

  • 見られているポイントの違い
  • 面接官の違い

について解説します。

面接回数は企業によって異なり、1回しか面接をしない企業もあれば、3回以上行う企業もあります。それぞれの面接でチェックされているポイントが異なるため、しっかりと対策をしておきましょう。

スポンサーリンク

1次面接は基本的な質問が聞かれる

面接での話し方
1次面接を担当のするのは主に、配属予定部署の管理職やエース級の現場社員、もしくは人事の人です。

そんな1次面接では、職務経歴、自己PRなどの定番の質問が聞かれます。

定番質問によって、職務能力や募集要件を満たしているか、自社の雰囲気に合いそうか、一緒に働けそうか、といったことが判断されます。

一緒に働きたいと思わせることが大切

職務能力や労働条件を満たしていることをアピールするのも当然大切ですが、1次面接で特に重要なのは、一緒に働きたいと思わせることです。

ほとんどの場合、1次面接では配属予定部署の社員が、面接官を務めることになります。

あなたを見ながら「部下としてふさわしいか」「しっかりやってくれそうか」など、一緒に働く姿を想像しながらあなたを評価します。

また、現場社員が面接官であれば、当然、面接には慣れていません。

その場合、深い質問はあまりせず「一緒に働きたいかどうか」といった印象での判断にならざるを得ません。

1次面接ではとにかく印象を重視し、「一緒に働きたい」と思ってもらえるようにしましょう。

2次面接では意欲、熱意が見られる

入社意欲を伝える
2次面接は、人事、もしくは配属予定部署の幹部、もしくは役員が勤めます。ほとんど1次面接と同様の質問です。

質問内容はほとんど同じですが、面接官は自社への熱意や意欲を志望動機、退職理由などから判断します。

「同業他社ではなく、なぜこの会社でなければいけないのか?」を重点的にアピールするようにしましょう。

その他、職務能力の再確認もあります。

3次面接は一社員としてふさわしいかが見られる

社長面接
ほとんどの場合、3次面接が最終面接となるでしょう。

ここでは役員や社長が面接官をつとめ、実務能力だけでなく、今後のビジョン、自社への思い、条件面などが確認されます。

つまり「会社の一員としてふさわしい人間であるかどうか」を判断されるのです。

企業理念や社長メッセージなどにしっかりと目を通しておき、共感できる部分を確認しておきましょう。

社長面接のポイントについては下記のページで紹介しているので参考にしてみてください。

社長面接で見られているポイントと社長面接の前に準備しておきたいこと
最終面接で社長であることは往々にしてあります。 社長面接までくれば、その企業で業務をこなすスキルやキャリアを備えていると判断されたと思ってもいいでしょう。 実際、社長面接では、条件の確認や入社意思の確認などをざっくばらんに話...
※面接の想定質問は以下のページで紹介しています。
【要保存】転職面接で聞かれる53の質問例と各質問の回答ポイント
面接ではどんな質問を受けるのか? 質問にはどんな意図が隠されているのか? 面接の不安は絶えないもの。少しでも不安を減らすために、ここでは転職面接の想定質問と質問の意図、回答のポイントをまとめて紹介します。 性格・価...

面接対策に使える転職サービス

■企業の口コミサイト

キャリコネでは過去に、実際に面接を受けた人が投稿した、面接情報を閲覧できます。たとえば実際に聞かれた質問や面接の雰囲気、面接官の様子などの情報があります。

他にも、企業の雰囲気、社内の雰囲気、残業や仕事に関する口コミもあり、他では得られない貴重な情報が豊富です。

※参考: キャリコネ

■転職エージェント

転職エージェントはプロのキャリアアドバイザーから面接のアドバイスをもらえるサービスです。

低スペック、資格なし、第二新卒などの方でも、誰でも利用可能です。転職エージェントでは、場合によっては模擬面接や聞かれる質問を教えてくれるので、面接対策にかなり役立ちます。

とくに「 パソナキャリア 」、「ウズキャリ」、「 マイナビAGENT 」などの転職エージェントは面接対策が充実しています。

※参考:【保存版】転職エージェント全22社の特徴を一覧でまとめて紹介

■面接対策セミナー

受講者満足度97%。リクルートエージェントが開催する面接対策セミナーに参加すると、企業が求める人物像の理解や、転職理由、自己PRの作り方を学べます。

※参考: 面接力向上セミナー