なぜ第二新卒は転職エージェントを使ったほうがいいのか?3つの理由を解説

3年で転職する

第二新卒として転職活動をするけど、転職エージェントって使ったほうがいいの?

第二新卒の方で、このような疑問を持っている方もいると思います。

結論からいえば、第二新卒は絶対に転職エージェントを使うべきです。

なぜなら転職エージェントを使ったほうが、圧倒的に転職活動が楽になるからです。

では、具体的にどんなふうに楽になるのか?

「なぜ第二新卒は転職エージェントを使ったほうがいいのか?」という疑問とともに解説します。

スポンサーリンク

なぜ、第二新卒は転職エージェントを使ったほうがいいのか? 3つの理由を紹介

転職エージェントとの面談

「転職エージェントは経験やスキル、資格などがあるハイスペックな人向けのサービス」というイメージがあるかもしれません。

しかし、第二新卒でも、未経験でも転職エージェントは、誰でも利用できます。

エージェントを使うべき理由1:非公開求人を紹介してもらえるから第二新卒でも転職しやすくなる

「リクナビNEXT」や「マイナビ転職」のような、いわゆる転職サイトで応募できる求人は、公開求人といわれるものです。

公開されている求人なので、誰でも応募できます。

それゆえに倍率が高くなります。

また、スキルや経歴がある人も応募するため、優秀な人がライバルになる可能性も。

非公開求人は倍率が低い

一方で、第二新卒専門の転職エージェントで紹介してもれえる求人のほとんどは、ネットには公開されない非公開求人です。

非公開求人は、誰でも応募できるわけではありません。

応募できるのは、その求人を紹介してもらった人だけ。当然、倍率は低くなります。

ライバルが第二新卒になる

第二新卒専門の転職エージェントであれば、ライバルも全員第二新卒となります。

逆に、誰でも利用できる転職サイトを使った場合、1つの求人に、スキルや経験が豊富な人が応募してくる可能性があります。

第二新卒でスキルも経験も浅いあなたが、そういった優秀な人と選考を枠を争っても、勝ち目はありません。

しかし転職エージェントを使えば話は別。

エージェントなら、ライバルは同じくらいのスペックの人だけになります。

なぜなら転職エージェントは、同じくらいのスペックの人にしか、求人を紹介しないからです。

第二新卒向けの求人は第二新卒にしか紹介しません。

第二新卒向けの求人をスペックがある人に紹介することはないのです。

「倍率が低い」「ライバルが同程度のスペックになる」

このようなメリットがあるので、第二新卒は転職エージェントを使うべきなのです。

エージェントを使うべき理由2:職務経歴書や面接準備をサポートしてもらえる

転職エージェントをもう1つのメリットは、プロのキャリアアドバイザーのサポートを受けられることです。

たとえば、

  • 職務経歴書の書き方を教えてくれる
  • 職務経歴書を添削してくれる
  • 面接のアドバイスをもらえる
  • 向いている仕事を教えてくれる
  • 退職理由をどう話すべきか教えてくれる

など、様々なサポートを受けらます。

転職が初めての場合、

「職務経歴書の書き方がわからない」
「退職理由の伝え方がわからない」
「向いている仕事がわからない」
「やりたい仕事がわからない」

など様々な疑問があると思います。

転職エージェントを使うとアドバイザーが上記のような疑問を解決し、

希望の企業に転職できるよう、全面的にサポートしてくれるのです。

もし、転職活動の進め方に、少しでも疑問や不安があるなら、エージェントの力を頼っておくべきです。

エージェントを使うべき理由3:企業に推薦してもらえる

転職エージェントを使うと、企業に応募するとき、担当のアドバイザーが企業に推薦状を提出してくれます。

担当のアドバイザーが、第三者の目線であなたの強みを伝えてくれるのです。

第二新卒の場合、転職活動をするのは初めてになると思います。

その場合、面接や応募書類で、効果的な自己PRするのはなかなか難しいものです。

しかし、転職エージェントを使えば、自分ではうまく伝えられない自分の魅力を、

アドバイザーが推薦状にして伝えてくれるのです。

転職エージェントのデメリット

転職活動で悩む

エージェントには当然、デメリットもあります。

ここでは具体的なデメリットを紹介するとともに、

デメリットとの向き合い方も紹介します。

エージェントのデメリット1:アドバイザーのやり取りが手間になる

転職エージェントを使うと、担当のアドバイザーとメールや電話のやり取りをしたり、転職エージェントのオフィスを訪問したり、

なにかと手間が増えます。

たとえば、最初にキャリアプランニングという面談を受けなければいけなかったり、

面接後は、面接の手応えを連絡しなければいけなかったり。

その分、内定辞退の連絡を代行してくれたり、面接日程の調整を代わりにしてくれることも。

転職エージェントを使うことで減る手間もあるのですが、増える手間もあります。

そういった手間が面倒な場合は、無理に転職エージェントはおすすめしません。

エージェントのデメリット2:担当のアドバイザーと相性が合わない場合がある

いくら評判のいい転職エージェントを使っても、担当のアドバイザーがハズレの場合も。

たとえば、

  • 連絡が遅い、仕事ができないアドバイザー
  • 興味がない求人ばかり紹介してくるアドバイザー
  • 態度が悪いアドバイザー

などなど、転職活動を進める上で障害になるアドバイザーが担当になってしまうこともあります。

違和感がある場合はアドバイザーを変更する

「態度が悪い」
「あまり親身になってくれない」

など、担当アドバイザーに対して違和感があるときは、担当を変更しましょう。

担当の変更はエージェントの問い合わせ窓口に連絡すれば問題ありません。

直接、アドバイザーに伝える必要はありません。

連絡するときは、以下のような文面で連絡しましょう。角が立たずに済みます。

※担当変更依頼文のサンプル

現在、担当の○○様から丁寧なサポートをいただいているのですが、○○という点において不安を感じています。

転職という大切なイベントということもあり、もし可能であれば××分野に強いキャリアアドバイザーの方に担当を変更していただければと思います。

お手数をかけますが、ご検討いただけると幸いです。

転職エージェントは2社~3社登録しておく

担当アドバイザーがハズレの可能性もあります。

このリスクを回避するために、できれば転職エージェントは2社~3社登録しておくがおすすめです。

2社~3社登録しておけば、1社目のアドバイザーがハズレだった場合でも、

2社目、3社目のアドバイザーがあたりなら、転職活動に支障がでることはありません。

リスクを分散させるために、転職エージェントは、2社~3社に登録しておきましょう。

またそのほうが、紹介してもらえる求人の数も増えるので、お得です。

その他、参考記事

合わない・態度が悪い・入社をせかすキャリアアドバイザーが担当になってしまった時の対処法
態度が悪い。 興味がない企業ばかり紹介してくる。 内定が出たら入社を急かしてくる。 転職エージェントは転職の成功を左右する重要な存在です。 では、キャリアアドバイザー(キャリアコンサルタント)の態度が悪い場合、どのよ...

第二新卒におすすめの転職エージェント3選

最後に、第二新卒におすすめの転職エージェントを厳選して3つ紹介します。

ここで紹介する転職エージェントを使っておけば間違いないというものを厳選しています。

「転職エージェントはたくさんあってどれを利用しようか悩む」という方は、ぜひここで紹介する3つのエージェントを使ってみてください。

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20s

マイナビジョブ20's」は、大手マイナビが運営する20代専門の転職エージェントです。

登録者の85%以上が社会人経験3年以内の20代であり、第二新卒のサポートにかなり力をエージェントの1つです。

超大手の「リクルートエージェント」や「doda」などに比べると求人は多くはありませんが、

その分、第二新卒に特化した、充実したサポートを受けられます。

第二新卒に人気のある転職エージェントでもあるので、「マイナビジョブ20’s」は自信を持っておすすめできるエージェントです。

公式サイト:マイナビジョブ20's

マイナビエージェントNEO

第二新卒エージェントNEO

第二新卒エージェントneo」は、第二新卒専門の転職エージェントです。

求人数がそれほど多くはないのがデメリットではありますが、

何より求人の質が高く、さらにサポートも親身なので、おすすめです。

「第二新卒エージェントNEO」で紹介してもらえる求人は、すべての優良企業。

事前にブラック企業は除外しており、安心して就職できる企業だけを厳選しているのです。

さらにサポートも充実しています。

1人あたりのサポート時間は、平均8時間。これは他社の2倍、3倍くらいの時間になります。

とても充実してサポートを受けられるのです。

前述の通り、求人は多くはありません。しかし求人の質とサポートの質は、群を抜いています。

パソナキャリア

転職エージェントのパソナキャリア

パソナキャリア」は、「リクルートエージェント」「doda」と並ぶ大手転職エージェントです。

第二新卒専門ではありませんが、求人が豊富であること、サポートの質が定評があるのが特徴です。

求人数は約4万件。

これまで紹介してきた転職エージェントのなかではダントツの求人数があります。

また「パソナキャリア」は、転職エージェントの顧客満足度ランキングにおいて、毎年上位に入る人気のエージェントです。

求人豊富。

サポートも充実。

前述の通り、第二新卒専門ではありませんが、必要なものはすべて揃っている万能な転職エージェントです。

登録しておいて損はありません。

公式サイト:パソナキャリア

終わりに:転職エージェントを使うときは、丁寧な対応を心がける

担当のアドバイザーには、丁寧な対応を心がけてください。

こちらが丁寧に対応すれば、その分、アドバイザーも丁寧に対応してくれます。

また連絡は小まめに、早くするようにしましょう。

その方がキャリアアドバイザーも仕事がしやすくなります。

アドバイザーに対して丁寧な対応ができたり、気づかいができたりすると、「この人は仕事ができそうだ」とアドバイザーに判断してもらえます。

結果、良い求人を紹介してもらえたり、親身サポートしてもらえたりするのです。

アドバイザーにいい仕事をしてもらいたいなら、こちらも丁寧に対応するようにしましょう。

※その他、転職エージェントを利用する際のポイントは以下のページで具体的に解説しています。

転職エージェントをうまく活用するために心がけたい5つのこと
転職エージェントは、転職活動に欠かせない様々なサポートを行ってくれる心強い存在ですが、丸投げしていればいいわけではありません。 ではどうすれば転職エージェントをうまく活用し、転職を成功させることができるのか? ここでは、転職...