第二新卒の転職 転職活動の心構え

新卒で入社した企業を3年未満で辞めるメリットとデメリット

投稿日:

3年で転職する
「新卒で入社した会社。3年未満だけど辞めていいのか? それとも続けた方がいいのか?」

このような悩みを持っている方もいるとでしょう。

3年未満で退職というネガティブなイメージがありますが、実はたいしたデメリットはなく、逆にメリットの方が大きいのです。

ここでは、新卒で入社した企業を3年未満で辞めるメリットとデメリットをまとめて紹介します。

転職するかどうか参考にしていただければと思います。

3年で会社を辞めるメリット

合わない仕事・ツライ仕事を我慢する必要がなくなる

もっとも大きなメリットはこれでしょう。

会社を辞めれば今のツライ仕事、つまらない仕事を我慢する必要も、嫌いな上司、合わない同期に会う必要もなくなります。

退職することよって生まれる、精神的・身体的なゆとりは計り知れないものでしょう。

もちろんある程度の忍耐力も大切ですが、そればかり意識しすぎて身体・心を壊してしまっては本末転倒です。

無駄な我慢にならないように今の状況を見極めることも大切です。

「合わない仕事・ツライ仕事を我慢する必要がない」このメリットがあなたにとって大きなものなら、すぐに退職してしまっていいでしょう。

早いうちに軌道修正ができる(時間の無駄がない)

合っていない仕事・会社を続けることは、サイズが小さい靴を履き続けるようなもの。

靴を変えるか、歩けなくなるまで苦痛は続きます。

仕事・会社に関しても同じで、合わないならいくら続けても苦しみから解放されることはありません。

苦しみは続く。時間も消費されていく。メリットのないことを続けるなら、早急に合っている会社に転職するべきです。

新しい会社で新しいスキル・経験を身につけるべきです。

3年我慢という通念に囚われず、3年未満でも転職することで、軌道修正を早くできるのは大きなメリットといえます。

2つの会社を早いうちに経験でき視野が広がる

3年以内で退職すると、3年のうちに2つの会社を経験することができます。

頭が柔らかく柔軟にものごとを吸収できる若いうちに、2つの会社を経験できるのは大きなメリットです。

2つの会社の、仕事の進め方、社風、社員の情報を得られるのです。

たとえスキルや経験がそれほど身につかなかったとしても、2つの会社の情報は仕事の進め方やキャリアを考えるうえで重宝します。

「他の会社はこうだったから今の会社は悪くない」といったように比較対象を持ったうえで判断できるのです。

逆に、1社しか経験してない人にはそういったものごとの捉え方はできません。

3年で会社を辞めるデメリット

3年未満だと業務経験・スキルを評価してもらえない場合がある

一番大きなデメリットといえるのが、転職する際、スキルや業務経験を評価してもらえない場合があるということです。

ビジネスマナーに関しては1年、程度仕事をしていれば十分だと判断されます。

しかし業務経験やスキルについては、「3年経験していないと、業務経験としても評価しない」という企業があります。

たとえば応募条件に「実鵜経験3年以上」と記載している場合があり、そういった企業だと応募しても書類で落とされてしまうのです。

第二新卒歓迎や未経験歓迎の求人はたくさんあるので、3年未満で退職しても転職先が見つからない、ということはないでしょう。

しかし、スキルや経験が求められる求人には応募できない場合があり、選択の幅が狭まるというデメリットがあります。

同期を失う

会社の同期という存在は新卒だけにある特殊なものです。

もちろん中途でも同じ時期に入社した人を同期と呼ぶことはあります。

しかし部署・職種が違えば同期であっても挨拶だけの仲になり、同じ部署であっても年齢が5歳、10歳はれていることもあります。

同じ時期(4月入社)、ほぼ同じ年齢(大卒後すぐ)の社員が集まるというのは新卒だけなのです。

さらに、一斉に新入社員研修を受けることでその絆はさらに強いものになり、人によって大学で出会った友人よりも仲が良くなることも。

また同期は仕事の悩み、愚痴を話せる唯一の仲間。

新卒で入社した会社を辞めるということは、その同期を失うということを意味します。

もちろん転職したあとも連絡を取り合うことはできますが、徐々に疎遠になっていくことは避けられません。

退職金がもらえない

退職金の規定は会社によって異なりますが、多くの企業では3年未満の自己都合退職では、退職金を出していません。

東京都産業労働局の調査によると、退職一時金受給のための最低勤続年数は、自己都合の場合、「3年」が50%、「1年」が16%、「2年」が14%という結果になっています(2016年)。

「最低でも3年は勤めないと、退職金が出ない企業が、半数以上ある」ということです。

◆参考:東京都産業労働局「中小企業の賃金・退職金事情調査」(2016年)

もちろん3年つとめて退職金をもらったとしても、その額は微々たるものです。少額の退職金のために3年我慢するは時間がもったいないとも判断できます。

それでももらえるはずのお金をもらえないというのは、デメリットといえばデメリットといえるでしょう。

3年未満の退職でも楽に転職する方法とは?

「3年未満で辞めたら転職できない」といわれた時代がありましたが、今では1年未満でも転職できる時代になりました。

というのも第二新卒、短期退職者向けの転職サービスが充実しているからです。

たとえば、第二新卒・既卒向けの転職サービスである「 第二新卒AGENTneo 」では、プロのアドバイザーがマンツーマンで転職の面倒を見てくれます。

面接対策や応募書類の添削。そのほか、優良企業だけを厳選して紹介してくれるというありがたいサポートがあります。

ほかにも第二新卒向けの転職サービスはたくさんあり、3年未満に退職しても楽に転職することができます。

第二新卒向け転職エージェント
強みから探す|第二新卒におすすめの転職エージェント全10社

第二新卒向け求人が豊富 第二新卒に特化した選考対策・転職アドバイスを受けられる 「第二新卒におすすめの転職エージェントが知りたい」という方に、このページでは上記2つの特徴に当てはまる転職エージェントを ...

続きを見る

よく読まれている記事

便利な転職サイト 1

転職サイトの中には 大手の転職サイトでは閲覧できない求人が掲載されているサイト 他にはない貴重な情報を閲覧できるサイト 転職活動が劇的に楽になるサイト など色々なものがあります。 ここでは知名度は低い ...

2

転職エージェントは履歴書・職務経歴書の添削、求人紹介、面接対策などあらゆる転職サポートを受けることができるので、絶対に利用するべきです。 また、転職エージェントごとに強み、特徴が異なります。「転職エー ...

3

転職マニュアル本といっても、 転職活動のすべてを網羅したもの 面接に特化したもの 自己啓発本に近いもの など様々タイプがあります。 ここでは数ある転職本の中から12冊を厳選し、タイプ別にまとめて紹介し ...

-第二新卒の転職, 転職活動の心構え

Copyright© 失敗しない転職ノウハウを公開!転職ノウハウ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.