「仕事は3年続けるべき」と言われる理由と「3年続けなくていい」と言われる理由について解説

仕事は3年続けるべきなのか
「仕事は3年続けろ」という意見もあれば、「3年続ける必要はない」という意見もあります。

どちらの意見が正しいのかわからず、退職すべきかどうか悩んでいる方もいると思います。

そこでこのページでは「仕事は3年続けろ」といわれる理由と「3年続ける必要はない」といわれる理由の両方をまとめ、どちらが正しいか判断できるようにしました。

後半では、「仕事は3年未満で辞めてもいいのか?」という問いに対する回答も記載しております。

3年で退職か否かで、悩んでいる方は、その答えを出せるかと思いますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

「仕事は3年続けるべき」と言われる理由

「仕事は3年続けろ」といわれる理由は、主に以下の3つです。

  1. 会社側の都合(3年未満で辞められると採用コストが赤字になってしまう)
  2. 「転職してもすぐに辞める可能性がある」と判断され転職で不利になるから
  3. 「3年は続けないと仕事の魅力がわからない」という意見があるから

それでは詳しく解説していきます。

会社側の都合(3年未満で辞められると採用コストが赤字になってしまう)

会社の都合を考える上司

1つ目の理由としてあるのが企業側の都合です。

1人の社員を採用するのにかかる費用は、一般的にその社員が3年働いてくれないと取り返すことができません。

ですから、3年未満で辞められてしまうと、あなたを採用・教育するのにかかった費用は赤字となります。

採用や教育にコストがかかるため、3年未満で辞められると赤字になるということです。

1年目は研修期間ですから赤字。2年目にぎりぎりでトントンになるかならないか。3年目でようやく利益が出るかなというのが一般的。

※引用:20代のリアル転職読本(amazon)

金融や製造業などの研修が長い業種では、採用費用が黒字になるのは5年後になる場合も。

いずれにしても3年未満で辞められてしまうと、採用コスト、研修コストを取り返せないままになってしまうのです。

会社の人に「3年は辞めるな」といわれたら、このような事情があると考えましょう。

上司の都合もある

「部下が辞めるのは上司のマネジメント能力が原因だ」と判断する会社もあります。

そういった会社であれば、上司は色々な理由をつけて、「何があっても3年で辞めるな」と部下に伝えるでしょう。

上司からの根拠のない「3年は辞めるな」という発言は、往々にして評価を気にしての発言である可能性があるのです。

退職する際は、会社の都合は気にしなくてもいい

「会社に迷惑がかかるから」「採用と研修にかかった費用分は働かなければ」といったように、転職を躊躇する必要はありません。

採用にかかる費用、研修にかかる費用などは、社員が気にすることではありません。

また、そもそも採用したのは会社であり、採用した会社にも責任があります。

3年未満で辞めるか否かの決断をするときは、「会社への迷惑」「採用と教育にかかったコスト」などは、はまったく考える必要はありません。

「転職してもすぐに辞める可能性がある」と判断され転職で不利になるから

応募者を疑う

1社目を3年未満で退職するということは、短期で退職した事実を作ることになります。

前述の通り、3年未満で辞められてしまうと、会社にとっては採用コスト分が赤字になってしまいます。

ですから会社側は、できれば3年未満で辞める可能性がある人は採用したくないのです。

1社目を3年未満で退職した事実があると、採用側からは「また短期で辞めるのではないか」「短期で辞めることに躊躇がない人なのではないか」といった疑いを持たれます。

逆に3年続けていれば、このような疑いを持たれることはありません。

ですから「3年未満で退職すると転職で不利になる」といわれるのです。

3年我慢した人の方が多数派

また世間では、3年我慢した人が多数派です。

転職活動であなたを面接する人も、採用する人も3年我慢した人である可能性が高い。

3年我慢した人たちからすれば、3年も我慢できないのは忍耐力がないから、といったように見えてしまいます。

ですから転職で不利になるというのはあるでしょう。

もちろん面接で「次はすぐに辞めないだろう」と納得してもらえる自己PRができれば、短期退職の過去があっても問題ありません。

しかし、短期退職の実績がない人と比べると、転職の難易度が上がること事実です。

「3年は続けないと仕事の魅力がわからない」という意見があるから

仕事の魅力を見つける社員

「仕事の楽しさや魅力は、3年以上続けないとわからない」という理由から、3年は続けろといわれます。

たしかに仕事に限らず、ものごとの魅力は簡単にはわからないものです。

たとえばウインタースポーツの1である、スノーボード。最初はまともに滑ることができず、転んで痛いばかりで、スノーボードの魅力はわからないものです。

しかし練習を重ねて、安定した滑りができるようになると、スノーボードはどんどん楽しくなってきます。

練習を重ね、知識や技術を身につけることで、その楽しさがわかるというのは仕事も同じでしょう。

「3年で魅力がわかる」に根拠はない

ただし、3年という期間に根拠がないということに注意しないといけません。

人によっては、仕事によっては1年や2年で仕事の魅力がわかる場合や、5年続けてやっとわかるという場合もあります。

ある程度の期間継続して、知識と技術を身につけないと、その魅力がわからないというのは正しいでしょう。

しかし魅力がわかるまでの期間は、人によって・仕事によって違います。一生続けても魅力がわからない可能性もあるのです。

この点を注意しておくべきです。

「仕事は3年続けなくていい」と言われる理由

続いて、「3年続ける必要なない」という意見について、その理由を解説します。

主にいわれるのは以下の3つ理由です。

  1. 合わない会社・仕事を続けるのは肉体的、精神的にツライから
  2. 3年我慢することで貴重な20代の時間を失うことになるから
  3. 3年後の未来は予測できないから(3年後も会社があるとは限らない)

合わない会社・仕事を続けるのは肉体的、精神的にツライから

転職活動で悩む

なによりも楽しくない仕事、辞めたいと思っている仕事を続けるのはツライものです。

「3年我慢」などという定説がなければ、すぐにでも辞めている仕事です。

そんな仕事を3年も続けるのは、肉体的にも精神的もツライことは間違いありません。

3年後に、仕事はつまらないものだとあきらめて日々淡々と仕事をこなす自分がいるなら、そんなもの見たくもない。社会の理不尽さを受け止める忍耐力を身につけて何になるっていうんだ。

※引用:もっと自由に働きたい とことん自分に正直に生きろ。 U25 Survival Manual Series(amazon)

ツライ仕事を我慢するくらいなら、すぐに退職して、楽しいと思える仕事に転職したほうが有意義である。

そんな理由から、3年も我慢する必要ないといわれるのです。

心身が限界ならすぐに退職するべき

肉体的にも精神的にも限界ならば今すぐに退職するべきです。

精神的に病んでしまったり、過労で入院したりして、20代の貴重な時間を棒に振るのは、あまりにもったいないことです。

無職の期間が長引けば、その期間だけ生涯賃金が減ります。またブランクがあると再度就職するときに不利になる場合もあります。

ブランクを作るくらいであれば、3年未満でも転職してしまったほうが、損失が少なくすむばかりか、転職も楽です。

肉体的にも精神的にも限界ならば今すぐに退職しましょう。

3年我慢することで貴重な20代の時間を失うことになるから

時間を無駄にする

3年も我慢する必要がないといわれるのは、合わないと思っている仕事を3年も続ける時間がもったいないからです。

会社選びの失敗は、転職することで修正できますが、失った時間は取りもどすことはできません。

3年我慢という定説を信じて3年仕事を続けても、3年後、何も得るものがなかった場合、3年が無駄になってしまいます。

「3年続けてこの仕事は自分に合わないことがわかった」という気づきはありますが、同時に「もっと早く転職していれば」「時間を無駄にした」と後悔することにもなります。

「3年続けないと、その仕事が合っているかどうかを判断できない」という意見もありますが、3年に根拠はありません。

1年や数か月で、わかる場合もあります。

合わないとわかったらすぐに転職するほうが、貴重な時間を無駄にせずにすみます。

軌道修正をするなら早いほうがいい

会社選びの失敗は誰でもあることです。

問題は、失敗を失敗だと気づかずに時間を浪費してしまうことです。

今の会社が合わないと感じるのであれば、あなたは企業選びに失敗したということです。

ならば早めに軌道修正をする、

つまり転職をして、次の仕事を試してみるほうが、時間を無駄にせずにすみます。

20代は吸収力がある貴重な時期でもある

二八歳までの試行錯誤が可能な時期は、同時に吸収力が豊かな時期でもあり、一年でも早く「自分の仕事」あるいはその「場」を見つけることができると、時間の使い方として有利になる時期でもある。

「自分の仕事」を早く決めることは、自分の他の可能性を捨てることにもなるから、損得両面があるが、「合わないとわかった会社」にいて、この時期の貴重な時間が有効活用できる可能性は小さい。

※引用:会社は2年で辞めていい(amazon)

上記の「二八歳までの試行錯誤が可能な時期は、同時に吸収力が豊かな時期でもあり」については、科学的な根拠があるわけではありません。

しかし年齢を重ねるごと新しい仕事や新しい環境に順応しづらくなることがある、というのはよくいわれることです。

自分に合った仕事を見つけるのであれば、早いほうがいいというのはあながち間違いではないでしょう。

3年後の未来は予測できないから(3年後も会社があるとは限らない)

未来は誰にもわからない

「3年は仕事を続けろ」という意見は、3年後も会社、仕事が存続すること前提にした意見です。

しかし3年後に今の会社、仕事があるとは限りません。

大企業でも、業績不振や不祥事による倒産、リストラが当たり前の時代です。

名もない中小企業であれば、それこそ3年後は闇の中。

また、不吉なことをいえば、3年後もあなたが健康な状態でいられるかどうかはわかりません。

不足な事態が起きたとき、今のつまらない仕事をしていても、後悔しないでしょうか。

会社がつぶれたとき、「つぶれるなら転職しておけばよかった」と後悔しないでしょうか。

1日先の未来も正確に予測はすることは不可能です。だから、3年我慢という意見を気にする必要はないということなのです。

会社に3年勤めたらとか、やりたいことがはっきりしているのに、時期を見計らうことはやめたほうがいい。

3ヶ月後は多少予測ができるけど、3年後は予測ができない。社会が、自分がどうなっているかなんてわからない。だから、今すぐにでもとりかかることをおすすめする。

もっと自由に働きたい とことん自分に正直に生きろ。 U25 Survival Manual Series(amazon)

会社は3年未満で辞めてもいいのか?

会社は3年未満で辞めてもいいのかどうかについては賛否があります。

いったいどちらが正解なのでしょうか。

3年我慢する必要はない

前述しましたが、失った時間を取りもどすことはできません。

仕事選びで失敗したらな、軌道修正は早めに行うべきです。

向いていない仕事、ツライ仕事を無理に我慢する必要はありません。3年待たずに辞めてしまっていいのです。

とくに心身ともに疲弊している人は、限界に達する、普通の生活ができなくなる前に、仕事を変えるべきです。

同じ1年なら、ツライ仕事よりも、向いている・好きな仕事に費やすほうが、キャリア的にも精神衛生的にもいいでしょう。

辞めることが目的なら、退職してないほうがいい

ただし、

「今の仕事は合っていない気がする。だからといって他にやりたい仕事があるわけではない。向いている仕事もわからない」

という場合は、退職するべきではありません。

なぜならやりたい仕事や向いている仕事がわからない、転職の目的がない、といった状態で転職しても、満足できる結果にはならないからです。

明確な目的がないまま、何とく転職しても、また同じような理由で転職したくなるだけです。

転職を繰り返してキャリアに傷をつけることになります。

余計なリスクを抱えるくらいであれば、今の仕事を続けて、キャリアを積むべきです。

無理に3年我慢する必要はありませんが、退職することが目的になってはいけません。

退職は理想の人生のための手段であることを覚えておきましょう。

やりたいこと、向いている仕事がわからない場合

今の仕事は向いていないが、だからといってやりたいことも、向いている仕事もわからない。

このような場合は、自己分析をしたり、キャリアアドバイザーに相談したりすることをおすすめします。

たとえば、転職エージェントを利用して、「向いている仕事がわからない」とキャリアアドバイザーに相談してみましょう。

あなたのこれまで経験や性格、適性から向いている仕事を見つけてくれるはずです。

※適職を探すのにおすすめの転職エージェント

  • ハタラクティブ(独自の自己発見カウンセリングを受けられる)
  • マイナビジョブ20's(世界中で年間数千万人が受検する信頼性が高い適性診断を受検できる)
  • ウズキャリ(カウンセリングに時間をかけてくれる転職エージェント)

※転職エージェントは転職するか未定の方でも利用できます。

また就活のときに行った自己分析を行うのも有効な方法です。

自己分析のやり方、重要性、自己分析診断ができるサイトなど一括紹介|自己分析をすべて理解できる
「自己分析のやり方がわからない」「自己分析はなぜ重要なのか? やったほうがいいのか?」ここでは自己分析について一通り解説し、このような疑問を解決します。さらに自己分析診断を無料で受けられるサイトや、自己分析に役立つ書籍も紹介し...

3年未満で退職しても転職できるのか?

3年未満で辞めても転職できるのか
不安なのは、3年未満で退職しても転職先できるのかということだと思います。

結論からいえば、3年未満で退職していても転職は可能です。

その理由は次の2つ。

  • 短期退職者や第二新卒の転職をサポートしてくれるサービスが充実している
  • 若手を求める企業はたくさんある

3年未満で退職しても転職は可能

3年未満で退職した人、いわゆる第二新卒に対する需要が近年、伸びています。

そのため、第二新卒の転職をサポートするサービスが増えてきています。

たとえば、「ウズキャリ第二新卒」や「マイナビジョブ20's」など、第二新卒を対象にした転職サポートサービスがたくさんあるのです。

このような転職サービスは、転職エージェントとよばれるのですが、利用することで、3年未満で退職していても転職は可能です。

転職エージェントを利用する

第二新卒や短期退職した20代を専門にした転職エージェントを使えば、若手の採用に積極的な企業を紹介してもらえます。

また、転職活動を熟知したプロのアドバイザーが、転職活動の正しい進め方を教えてくれます。

面接の受けた方も応募書類の書き方も教えてくれるので、つまずくこともありません。

あなたの転職先が決まるまで、しっかりサポートしてくれるので、3年未満で退職しても転職は可能なのです。

3年未満で退職する方におすすめの転職エージェント

マイナビジョブ20's大手マイナビが運営する20代専門の転職エージェント。世界中で年間数千万人が受検する信頼性が高い適性診断を受検できる。
第二新卒エージェントneo20代専門の転職エージェント。若手の採用に積極的な優良企業だけを紹介してもらえる。
ウズキャリ第二新卒ブラック企業を除外、優良企業だけを紹介してもらえる転職エージェント。他社の10倍時間をかけるサポートが特徴

その他の20代におすすめの転職エージェントは以下のページでも紹介しています。

【特徴ごとに分類】20代におすすめの転職エージェント12選
ここでは20代の方におすすめの転職エージェントを特徴別に紹介します。20代が使うべき転職エージェントが一発でわかるよう、キャリアチェンジしたい方、第二新卒の方、転職でキャリアアップしたい方など、それぞれにおすすめのエージェントを紹介しています。