「休日は何をしていますか?」面接質問の答え方・質問の意図・回答例

転職面接 質問と回答

「休日は何をしていますか?」

面接では、このように休日の過ごした方について聞かれることがあります。

なぜ、このようなプライベートな質問がされるのでしょうか?

質問の意図を解説するとともに、回答のポイント、回答例を紹介します。

スポンサーリンク

質問の意図

面接は応募者の休日の過ごし方を聞くことで、以下のようなことをたしかめようとしています。

「勤務・業務に支障をきたす生活様式を持っていないか?」
「私生活や健康面など自己管理能力はあるか?」

たとえば、いつもの深夜まで飲み歩くような生活様式を持つ応募者ならば、遅刻や欠勤の懸念がでます。

また、趣味にのめり込んでいるのであれば、休暇を取得する可能性なども考えられます。

そういった勤務に支障がないかをたしかめる意味が強い質問です。

答え方のポイント

奇をてらった回答をする必要ない

変わった趣味を答えようとする人が、印象を悪くする可能性があるので、その必要はありません。

プライベートについて質問するのは、あくまで業務・勤務に支障がない私生活を送っているかどうかを確認するためです。

個性や人間性をたしかめるためではないので、奇をてらった回答をする必要はありません。

普通の趣味の話をする

勤務に支障がない健康的な生活をしていることが伝われば問題ありませんので、普通の趣味の話で問題ありません。

また、ウケを狙って「仕事に役立つ本を読んでいる」といった回答は避けるのが無難です。

そういった回答は他の応募者とかぶることになり、差別化できません。

ネガティブな印象を持たれることがない、普通の趣味の話をしましょう。

休日の過ごし方が仕事に与えている影響についても回答する

その他、休日での過ごし方が、仕事にどう影響しているのか、まで回答するといいでしょう。

そうすることで仕事に対するまじめな姿勢をアピールできます。

回答例

休日は読書をして過ごすことがおおいです。小説からビジネス書まで、ジャンルを問わず様々な本を読むのですが、ためになった本や本当に面白い本は、何度も読み返すことがあります。

平日は仕事で、あまり読書ができないのですが、その分、休日は仕事を忘れて読書に向き合うことにしています。

読書は私にとってのストレス解消法でもあり、仕事に集中するために原動力にもなっています。

※面接の想定質問は以下のページで紹介しています。
【要保存】転職面接で聞かれる53の質問例と各質問の回答ポイント
面接ではどんな質問を受けるのか? 質問にはどんな意図が隠されているのか? 面接の不安は絶えないもの。少しでも不安を減らすために、ここでは転職面接の想定質問と質問の意図、回答のポイントをまとめて紹介します。 あなた自身に...