失敗しない転職エージェントの選び方とは? 5つのポイントを解説

転職エージェントの選び方|5つのポイント

転職エージェント多すぎ!

どれが自分に合っているのかわからない。

どうやって転職エージェントを選べば失敗しないのか教えてほしい。

このような悩みをもっている方もいると思います。

転職エージェントを選ぶときに大切なのは、以下の5つのポイントです。

  1. 実際に面談した上で、エージェントの良し悪しを判断する(ネットの情報だけで判断しない)
  2. エージェントは3社、4社掛け持ちする
  3. エージェントの得意分野を確認しておく
  4. 通える場所に面談拠点があるエージェントを利用する
  5. 求人数だけで判断しない

この5つのポイントについて、詳しく解説していきます。

ポイント1:実際に面談してエージェントの良し悪しを判断する

転職エージェントの選び方

もっとも大切なポイントが、実際に面談して、良し悪しを判断したほうがいいということ。

たとえば住む部屋を探すとき、いくつかの部屋を内覧してからいい部屋を決めますよね。

転職エージェントも同じように、いくつかの転職エージェントを実際に利用して、自分に合ったものを選ぶのが大切です。

これがエージェント選びで失敗しないコツです。

エージェントの“質”は利用してみないとわからない

ネットには転職エージェントの口コミや評判、おすすめランキングがたくさんあります。

そういったサイトを見て、どのエージェントがいいのかさらにわからなくなった、という方もいるでしょう。

正直な話をすると、エージェントの口コミや評判、エージェントランキングなどはほぼ参考になりません。

なぜなら、担当になるキャリアアドバイザーによって、サポートの質や紹介してもらえる求人に違いがあるからです。

いくらネットで評判のいい転職エージェントを利用しても、

頭が悪くて仕事ができないキャリアアドバイザーが担当になってしまう可能性だってあるわけです。

キャリアアドバイザーの違いや紹介してもらえる求人については、ネットの情報からでは一切判断できません。

転職エージェントの良し悪しは、実際に利用し、面談をしたうえで判断するようにしましょう。

本当に失敗しない転職エージェントの選び方とは?

失敗しない転職エージェントの選び方

繰り返しになりますが、転職エージェント選びで本当に失敗したくないのであれば、

いくつか目星をつけた転職エージェントを実際に利用することが大切です。

実際に利用した上で、良い求人があるエージェント、キャリアアドバイザーの雰囲気がいい転職エージェントを本格的に利用しましょう。

ポイント2:転職エージェントは3社、4社掛け持ちする

転職エージェント
転職エージェントは必ず3社、4社掛け持ちするようにしましょう。

転職エージェントの掛け持ちには次のようなメリットがあります。

★エージェント掛け持ちのメリット

  • たくさんの求人に応募できる
  • 複数のキャリアアドバイザーからアドバイスをもらえる
  • 「良い求人がない」「アドバイザーが良くない」などのリスクを分散できる

エージェントを1社に絞るのは危険

転職エージェントを1社に絞ると、そのエージェントに良い求人がない場合、条件に妥協する、もしくは良い求人がでるまで待つしかありません。

また、アドバイザーとの相性が悪い場合、そのアドバイザーと転職活動を進めなければいけません。

エージェントを1社に絞ってしまうと、求人やアドバイザーが良くない場合でも、そのエージェントで我慢しなければいけなくなるのです。不安要素を抱えたまま進める転職活動は、明らかに危険です。

エージェントを掛け持ちしておけば、リスクを分散できる

一方で、3社、4社の転職エージェントを掛け持ちしておけば、「良い求人がない」「アドバイザーが良くない」などのリスクは分散可能です。

掛け持ちすれば、紹介してもらえる求人も多くなるので、良い求人が見つかる確率も高くなります。

「エージェントは一社だけ」という決まりはありません。エージェント側も掛け持ちしていることは想定しています。

必ず3社、4社利用するようにしましょう。

エージェントを掛け持ちするメリットについては以下のページで詳しく解説しています。

転職エージェントは掛け持ちしてもいいのか? 掛け持ちは伝えるべきか? 
有名どころからあまり知らないものまで、転職エージェントはたくさんあります。どれも特徴や強みが違っていて、1つに決めるのは難しいものです。 そこで疑問になるのが「転職エージェントは掛け持ちしていいのか?」ということです。 ここ...

掛け持ちは正直に伝える

また、掛け持ちしていることは担当のアドバイザーに正直に伝えるようにしましょう。

正直に伝えておけば、エージェントもそれを考慮したスケジュール調整を行ってくれます。また競争原理が働き、親身になってくれる可能性も。

口コミや評判で転職エージェントを選んではいけない

転職エージェントを選ぶ

先に解説しましたが、転職エージェントの口コミは参考になりません。

というのも、どの転職エージェントの口コミを見ても、

「エージェントが親切だった」
「親身になってくれた」
「エージェントの対応が悪かった」
「希望の求人を紹介してもらえなかった」

など、賛否両論の口コミが存在するから。

また担当のキャリアアドバイザーが合うか合わないかは、人それぞれですし、

キャリアアドバイザーは何人もいます。

先にも解説した通り、評判の良いエージェントを利用しても、

そのなかでもっとも仕事ができないキャリアアドバイザーが担当になる可能性もあるのです。

だから転職エージェントの口コミはあまり参考にならないのです。

正直、見るだけ時間の無駄だと考えています。

やはり実際に利用して、実際に担当のアドバイザーと面談したうえで、良し悪しをたしかめるべきです。

※転職エージェントの口コミがあてにならない理由は以下で詳細に解説しています。

転職エージェントを口コミや評判で選んではいけない理由とは?
転職エージェントを選ぶ際、ネットの口コミ・評判を参考にする人もいるでしょう。 しかし、転職エージェントに関する口コミ・評判は、まったく参考になりません。見るだけ無駄です。 そのような、参考にならない口コミ・評判で転職エー...

ポイント3:エージェントの得意分野を確認しておく

豊富な求人数

転職エージェントによって、得意分野が違います。

たとえば、ITに強いエージェント、未経験に強いエージェントなどがあります。

転職エージェントを選ぶ時は、この得意分野を把握しておくことが大切。

なぜなら、自分の転職活動の方向性に合致したエージェントを使えば、エージェントの利点を最大限に活用できるからです。

エージェントによって得意分野が異なる

たとえば、「パソナキャリア」は総合的に強いエージェントですが、

マイナビAGENT」は20代の転職サポートに強みがあります。

ワークポート」はITやゲーム系の求人に強みがあります。

転職エージェントを選ぶ時は、あなたの方向性と一致したエージェント、もしくはあなたの年齢に合ったエージェントを選ぶようにしましょう。

たとえば、ゲーム業界で転職するならゲーム業界が得意な転職エージェント。

20代なら20代の転職が得意分野の転職エージェントを、といったように。

得意分野があるエージェントを使えば、求人・サポートの質が高くなる

得意分野があるエージェントを使うと、担当になるキャリアアドバイザーも、その業界に精通した人になります。

総合的なエージェントを使うより、有用なアドバイスをもらえます。

また得意分野があるエージェントは、その分野の企業と信頼関係を構築している場合も。

たとえば、IT・Web業界のサポートが得意分野であるエージェントの「Geekly」は、IT・Web業界のなかで信頼関係を構築しており、独自の求人や条件のいい求人を保有しています。

このように、特定の分野に特化したエージェントは、総合的なエージェントに比べて、求人の質・転職サポートの質が高くなります。

「リクルートエージェント」のような総合エージェントも有用ですが、できれば得意分野があるエージェントがおすすめです。

得意分野があるエージェントの一例

ウズキャリ第二新卒の転職サポートに特化
マスメディアンマスコミ・広告業界に求人に特化
マイナビクリエイタークリエイター・クリエイティブ職の求人・転職サポートに特化
JACリクルートメント日系グローバル企業、ハイポジションの求人・転職サポートに強い
GeeklyIT・Web業界専門
マイナビジョブ20's20代の転職に強い
シリコンスタジオエージェントゲーム業界の求人・転職サポートに特化

doda」や「リクルートエージェント」のような総合型の転職エージェントで問題ありません。

ポイント4:通える場所に面談拠点があるエージェントを利用する

転職エージェントの選び方
転職エージェントを利用すると必ず複数回、担当エージェントと面談をします。その都度エージェントの拠点を訪問しなければいけません。

たとえば、渋谷に拠点があるエージェントなら、面談のたびに渋谷に通うということに。

しかし、職場や自宅から面談の拠点が遠いと、通うのが面倒になります。仕事が忙しければなおさら。

またエージェントによっては東京にしか拠点がないことも。関西の人がそういったエージェントを使ってしまうと、サポートを満足に受けられません。

「エージェントの拠点が通える場所にあるか?」をしっかり確認したうえで、エージェントを選ぶようにしましょう。

各転職エージェントの面談拠点

転職エージェント名面談場所
リクルートエージェント東京(丸の内・立川)・横浜・宇都宮・大宮・千葉・静岡・名古屋・京都・大阪・兵庫・岡山・広島・福岡・札幌・仙台
doda東京(丸の内)・横浜・名古屋・大阪・広島・福岡・札幌・仙台
JACリクルートメント東京(神田神保町)・大宮・横浜・静岡・名古屋・京都・大阪・神戸・広島
マイナビAGENT東京(京橋)・大阪・名古屋・静岡
type転職エージェント東京(赤坂)

※以下のページでは転職エージェントの各拠点も紹介しています

【保存版】転職エージェント全25社の特徴を一覧でまとめて紹介
転職エージェントはたくさんありますが、どの転職エージェントにどんな特徴があるのか、ぱっと見では分からないものです。ここでは20社以上の転職エージェントを特徴別に分類。さらに具体的な特徴を紹介してまとめました。※「転職エージェント多す...

面談拠点に通うのが難しい場合、電話面談も可能

拠点に通えない場合であっても、電話とメールで転職サポートを受けられます。

たとえば、東京にしか拠点がないエージェントを、大阪から利用することもできるのです。

ただし、サポートがすべて電話とメールになってしまいます。

キャリアアドバイザーから直接サポートを受けらないのは当然のこと、エージェント主催のセミナーなどにも参加できません。

できれば、通える場所に拠点があるエージェントがおすすめです。

ポイント5:求人数だけで選ばない

転職エージェントの選び方2
転職エージェントのWEBサイトを見ると「求人数9万件以上!」といった文言を見かけます。

一見、求人数が多い転職エージェントを利用すればいいかのように思ってしまいますが実際、求人数はさほど関係ありません。

すべての求人に応募できるわけではない

転職エージェントを利用した場合、応募できるのはエージェントに紹介してもらった求人だけ。

全体の求人数が1万件であろうと1000万件であろうと、10件しか紹介してもらえなければ、そのなかから選ぶしかないのです。

良い求人が1つもない場合も

全体の求人数が多くても、自分が希望する業界・職種、年齢、保有経験、保有スキルにマッチした求人が多いとは限りません。

たとえ求人を100件紹介してもらったとしても、良い求人が1つもない場合もあるのです。

逆に3社しか紹介してもらえなかったとしても、その3社がドンピシャで希望に合致する企業であれば、その3社で十分です。

もちろん全体の求人が多ければ、その分の希望の求人に出会える確率も高くなるでしょう。しかし、必ず良い求人があるとは限りません。

求人が少なくても条件が良い求人をたくさん揃えている場合もあるので、色々な条件で転職エージェントは選ぶべきです。

おすすめの転職エージェントはこちら

おすすめの転職エージェントについては、以下のページで紹介しています。

是非、参考にしていただければと思います。

【特徴ごとに分類】20代におすすめの転職エージェント12選
ここでは20代の方におすすめの転職エージェントを特徴別に紹介します。20代が使うべき転職エージェントが一発でわかるよう、キャリアチェンジしたい方、第二新卒の方、転職でキャリアアップしたい方など、それぞれにおすすめのエージェントを紹介しています。

また以下のページでは転職エージェントを一覧で紹介しています。

【保存版】転職エージェント全25社の特徴を一覧でまとめて紹介
転職エージェントはたくさんありますが、どの転職エージェントにどんな特徴があるのか、ぱっと見では分からないものです。ここでは20社以上の転職エージェントを特徴別に分類。さらに具体的な特徴を紹介してまとめました。※「転職エージェント多す...