転職エージェントを利用するメリットとデメリット

転職エージェントの活用法

転職エージェントを使う7つのメリット・4つのデメリット全解説

更新日:

転職について調べたときに必ずといっていいほど目にする転職エージェント。

そのサービス内容は何となくわかっていても、使うメリットやデメリットがよくわからず、利用をためらっている方もいると思います。

そこでここでは、転職エージェントをメリットとデメリットをまとめて解説します。

※おすすめの転職エージェントが知りたいという方は以下のページをご覧ください。

20代におすすめの転職エージェント5選+転職エージェントの選び方のコツ

20代の転職サポートに強い 20代を対象とした求人が豊富にある ここでは、20代の方におすすめできる転職エージェントを厳選して紹介します。 おすすめの転職エージェントだけでなく、転職エージェントの選び ...

続きを見る

目次

そもそも転職エージェントとは?

転職エージェントとは?
まず転職エージェントについて、簡単に解説します。サービス内容がわかっている方は読み飛ばしてしまっても問題ありません。

転職エージェントとは「人材紹介」とも呼ばれる転職支援サービスです。

人材を採用したい企業と、転職したい人との間にたち、双方の便宜をはかることが仕事。

企業に対しては、採用ニーズに合った人材を紹介。
求職者に対しては、希望に合った企業を紹介。

これが転職エージェント(人材紹介)というサービスです。

無料であなたの転職をサポートしてくれる

転職したい人、つまりあなたが転職エージェントを利用したい場合、受けられるのは以下のようなサービスです。

  • 求人紹介
  • キャリアカウンセリング
  • 各種選考対策(面接対策、応募書類の添削など)
  • 企業との連絡代行
  • アフターサポート(入社後フォローなど)

利用する転職エージェントによって若干サポート内容は異なりますが、おおむね上記のサービスを無料で受けられます。

転職エージェントが無料である理由とは?

転職をサポートしてくれるのに、なぜ無料で利用できるのか?

それは採用企業から手数料を徴収しているからです。

たとえばあなたが転職エージェントを利用して、A社に転職した場合、A社はあなたが利用した転職エージェントに手数料を支払います。

その額は、採用時の年収の30%程度と言われています。

そのため転職者は無料で転職エージェントを利用できるのです。

転職エージェントを使うメリット

転職エージェントを使うメリット

メリット1)非公開求人を紹介してもらえる

リクナビNEXT 」や「 @type 」のような転職サイトを使った場合、応募できるのはサイトに公開されている求人のみです。

一方、転職エージェントでは、ほかの転職サイトやネットには公開されていない、非公開の求人を紹介してもらえます。

なぜ企業は求人を非公開にするのか?

なぜ非公開求人というものがあるのか?

なぜ企業は求人を非公開にするのか?

たとえば、以下のような理由があります。

  • 採用計画を他社に知られたくない
  • 一般公開すると応募が殺到する可能性がある
  • 転職エージェントのフィルターを一度通したうえで人材を選別したい

このような事情を抱えた転職エージェントを利用し、求人を非公開にしたうえで採用活動を行うのです。

メリット2)プロのカウンセラーに転職や仕事について相談ができる

「どんなキャリアを積めばいいかわからない」
「どんな仕事が向いているのかわからない」
「転職活動の進め方がわからない」

これら仕事や転職活動について、プロのカウンセラーに相談可能です。

カウンセラーは業界や職種、転職活動についての知識が豊富なその道のプロ。

今後伸びる業界や今後、重宝する経験・スキルなど、ネットでは得られないような情報を教えてもらえる場合もあります。

転職エージェントは相談だけでも利用できる

転職エージェントは、このカウンセリングを受けるためにだけに利用することもできます。

「今、転職するべきかどうか悩んでいる」という相談も可能です。

また相談した結果、「やはり現職に残る」という決断をして、転職エージェントの利用を止めることもできます。

メリット3)求人を選別して紹介してくれる

リクナビNEXT 」や「 @type 」などのいわゆる転職サイトでは、自力で合っている企業を探さないといけません。

膨大な数の求人を一つ一つチェックし、合っている企業を探すのは、現職が忙しい方にとってとても骨の折れる作業です。

一方、転職エージェントでは希望の条件を伝えたら、キャリアアドバイザーが求人を探してくれ、あなたに紹介してくれます。

これまでの経歴や持っているスキル、あなたの希望を加味したうえで、求人を選別して紹介してくれるのです。

仕事が忙しくて求人を探す暇がない、求人を探すのが面倒、という方でも希望に合致した求人を簡単に見つけられます。

優良企業だけを厳選して紹介してくれるエージェントもある

転職エージェントのなかには、企業を事前に調査し選別、優良企業だと判断した企業だけを紹介してくれるエージェントがあります。

たとえば「 ハタラクティブ 」では、スタッフが職場に、実際に足を運び、精査した優良求人だけを紹介してもらえます。

ほかにも社会保険が完備されていない企業を除外、離職率が高い企業を除外などで、求人を厳選している転職エージェントも。

※優良企業だけを紹介してもらえる転職エージェント

メリット4)応募書類の添削、面接対策など各種選考のアドバイスがもらえる

履歴書・職務経歴を添削してもらえる

企業に応募する際に欠かせないのが履歴書と職務経歴書。

転職に慣れている人であれば応募書類の作成は、それほどむずかしいものではないでしょう。

しかし転職がはじめて、2回目という人であれば、わからないこともたくさんもあるはず。自力で作成しようとすると時間と手間がかかり非効率です。

アピールするべき経験を書き忘れてしまったり、マイナスになる経歴を書いてしまったり、思わぬ失敗をしてしまうことも。

転職エージェントを使うと、プロのキャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を添削してくれます。

「こんな経歴を書いた方がいい」「この経歴は書かない方がいい」といったこと教えてくれるので、失敗することもありません。

面接対策を受けられる

面接対策を受けられるのではエージェントの大きなメリット。

自己PR、退職理由の伝え方をアドバイスしてくれるのはもちろんのこと、聞かれる可能性がある質問を教えてくれる場合も。

さらに模擬面接を実施してくれる転職エージェントもあります。

面接に不安がある、転職活動をしているけどなかなか面接が通過しない、という方は転職エージェントを使うべき。

※面接対策に強みがある転職エージェントはこちら
徹底した面接対策ができる!面接対策におすすめの転職エージェント5選

メリット5)面接日程、入社日を調整してくれる

エージェントを利用しない場合、企業との面接日の調整、入社日の調整は、自力で行う必要がります。

採用側と応募者側という立場上、企業に、強引に日程を決められてしまうことも。

転職エージェントを利用していると、企業とのやり取りはすべてエージェントが代行してくれます。

事前にスケジュールをエージェントに伝えておけば、それに合わせて面接日を調整してくれます。

仕事が忙しい人は、転職エージェントに日程調整を丸投げすることも可能です。

メリット6)条件の交渉を引き受けてくれる

もちろんすべての希望が通るわけではありませんが、「前職よりも高い年収で転職したい」という希望を伝えればそのようにエージェントが交渉してくれます。

その他、残業時間や会社の雰囲気、休日出勤の様子など、企業に直接聞きづらいことも、エージェントが代わりに聞いてくれます。

年収や勤務条件の交渉を自力で行うのは大変ですが、それらをすべてエージェントが引き受けてくれるのは、大きなメリットです。

メリット7)キャリアアドバイザーと話すことで頭の整理ができる

キャリアアドバイザーとの面談で、自分の仕事観やキャリアについて話す機会があります。

自身の考えをキャリアアドバイザーとの面談でアウトプットをすることにより、これまで整理できていなかったことが整理されたり、新しい発見があったりするのです。

また、アドバイザーが曖昧なことを具体的に表現してくれたり、別の見方を提示してくれたりして、新しい可能性に気づける場合も。

意外と知られていないことですが「話すことで頭の整理ができる」というのは転職エージェントを利用する上で、かなり大きなメリットです。やりたいことがわからない、向いている仕事がわからないという方には、かなり大きなメリットになるはず。

転職エージェントのデメリット

転職エージェントを使うデメリット

デメリット1)キャリアアドバイザーとの面談、連絡の手間が増える

転職エージェントを利用すると、キャリアアドバイザーとの面談や、メール・電話でやり取りすることがあります。

そのため、「 リクナビNEXT 」や「 @type 」のような転職サイトを利用して転職する場合に比べ、手間がかかる場合も。

転職エージェントを使うと、求人探しの手間が省けたり、選考に通過しやすかったりと全体でみれば転職活動は効率的になるのですが、連絡の手間が増えるのは避けられません。

自分のペースで、自由気ままに転職活動を進めたいのであれば、転職エージェントはおすすめできません。

デメリット2)興味がない求人を紹介される場合がある

転職エージェントは基本的に、あなたの希望に合致した求人を紹介してくれます。

しかしまれに興味のない求人ばかり紹介されることがあるのです。

その場合は、利用する転職エージェントを変えたり、興味がある求人が掲載されるまで待ったりしないといけない場合があり、時間と手間を食います。

キャリアアドバイザーに正確に希望を伝える

興味がない求人を紹介される理由の1つは、キャリアアドバイザーが希望を正確に把握できてないことにあります。

もし興味のない求人ばかり紹介される場合は、「もっとこんな求人を紹介してほしい!」と率直にキャリアアドバイザーに伝えましょう。

具体的な求人を例にとって希望を伝えるのも有効な方法です。

キャリアアドバイザーとの認識のズレを解消することができます。

求職者の希望に合った求人がない場合も

また、そもそも希望に合致した求人がない場合もあります。

キャリアアドバイザーに「紹介できる求人はほかにない」といわれた場合は、ほかの転職エージェントも利用してみましょう。

ほかの転職エージェントでは、興味を持てる求人がたくさんあるかもしれません。

デメリット3)内定を取ったら入社をせかされる場合がある

「A社から内定をもらったが、平行して選考が進んでいるB社の結果もまちたい」という場合、

「A社に入社を決めてしまいましょう」といったようにキャリアアドバイザーに入社をせかされる場合があるのです。

また辞退か内定承諾かで悩んでいるときも、「はやく入社を決めましょう」などとせかされることも。

すべてのキャリアアドバイザーが、あなたのためを思ってくれているわけではありません。なかには自分の都合を優先し、都合を押し付けてくるキャリアアドバイザーも存在します。

どんなキャリアアドバイザーが担当になったとしても、キャリアアドバイザーに流されるまま転職するのではなく、あなた自身の転職の目的、信念に従うようにしましょう。

デメリット4)キャリアアドバイザーと相性が合わない場合がある

良いエージェント・悪いエージェント

相性の合わないエージェントや、仕事ができないエージェントが担当になってしまうと、興味のない求人ばかり紹介されたり、的外れなアドバイスしかもらえなかったりして、転職活動に支障がでる場合も。

あなたの仕事を決める大切な転職活動です。もし連絡が遅い、仕事を忘れている、何となく人間的に合わない、キャリアアドバイザーが担当になってしまった場合は、キャリアアドバイザーの変更してもらう、もしくは他社の転職エージェントを利用するようにしましょう。

失敗しない!転職エージェントをうまく活用するコツ

転職エージェントをうまく利用するコツ

希望を率直に、正確に伝える

「こんな企業に転職したい」「これくらいの年収で転職したい」など、希望は率直に、正確に伝えるようにしましょう。

希望がうまく伝わっていないと興味のない求人ばかり紹介されてしまったり、的外れなアドバイスをもらったり、転職活動がうまくいかない場合も。

プロとはいえキャリアアドバイザーも人間です。何でも察してくれるほど優秀ではありません。

あくまで主役のあなた自身です。希望は躊躇せず、はっきり希望を伝えるようにしましょう。

連絡は小まめに、はやく

キャリアアドバイザーは連絡がはやい人に、優先的にいい求人が紹介することがあります。

連絡がはやい方が、転職に対する積極性があると判断してもらえるのです。またレスポンスがはやい方が、キャリアアドバイザーも仕事がやりやすいからです。

仕事が忙しくてもキャリアアドバイザーとの連絡はなるべくはやく、小まめに行うようにしましょう。

キャリアアドバイザーの意見に流されない

デメリットの項目で紹介したように、すべてのキャリアアドバイザーが転職者の都合を優先してくれるわけではありません。

なかには自身の都合を優先して入社をせかしてくるキャリアアドバイザーも存在します。

そういったキャリアアドバイザーの意見に流されて、応募する企業、入社する企業を決めないように注意しましょう。

転職の目的、自分の信念をしっかり持って、転職活動に臨むことが大切です。

転職エージェントは3社、4社掛け持ちする

ここまで説明してきたように、転職エージェントにはいくつかのデメリットがあります。

それらのデメリットに備えるために重要なのは、転職エージェントを掛け持ちすること。

3社、4社掛け持ちしておけば、どれかで必ずぴったり求人が見つかるはず。また必ず優秀なキャリアアドバイザーに会えるはずです。

転職エージェントの理想の使い方

うまく転職エージェントを活用するなら、以下の手順がおすすめです。

  1. 3社、4社に一気に登録する
  2. 転職エージェントから連絡が来たら、現状を伝えてアドバイスをもらう
  3. 一番よさそうなキャリアアドバイザーだったエージェント、いい求人があったエージェントを本格的に利用する
  4. うまくいかない場合はほかの転職エージェントを使う

おすすめ転職エージェント【5選】

最後にこれを使えば間違いない、というおすすめの転職エージェントを紹介します。

どれを使えばいいのかわからないという方は、

マイナビエージェント 」「 doda 」「 パソナキャリア 」の3つにすべて登録。エージェントから連絡がきたら、担当と話した雰囲気、様子で利用する転職エージェントを決めましょう。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

特徴 20代、30代の転職支援に強い
面談拠点 東京(京橋)・大阪(梅田)・愛知(名古屋駅)

大手の人材会社として知名度のあるマイナビが運営する「マイナビエージェント」は20代、30代の転職支援に強みがある転職エージェントです。

求人紹介、面接対策、履歴書・職務経歴書といった応募書類の添削など、キャリアアドバイザーによる個別の転職サポートを受けられます。

面接対策においては、応募する企業ごとに、企業に合わせたアドバイスをもらえるので、的確な面接対策が可能です。

未経験歓迎、第二新卒歓迎の求人も特に多く、転職が初めての人、第二新卒の方におすすめです。

doda

転職エージェントのdoda (2)

特徴 約10万件の豊富な求人が強み
拠点場所 東京(丸の内)・横浜・名古屋・大阪・広島・福岡・札幌・仙台

人材大手企業のパーソルキャリア株式会社が運営する転職エージェント「doda」は、年代や業界・業種問わず様々な求人を扱っています。

求人総数は約10万件であり、ほかの転職エージェントに比べると圧倒的に豊富。

「豊富な求人から自分に合った企業を探したい」
「豊富な求人を閲覧し、自分の可能性を広げたい」

そんな方におすすめ転職エージェントです。

doda

パソナキャリア

転職エージェントのパソナキャリア

特徴 利用者の67%が年収アップに成功
拠点場所 東京(丸の内)大阪、名古屋、静岡、広島、福岡

「パソナキャリア」は「正しい転職」をコンセプトにサポートの質向上に力に入れている転職エージェントです。

4万件以上という豊富な求人を保有。

面接対策や応募書類の添削など一般的なサポートはもちろんのこと転職で年収を上げるためのサポートも。利用者の67%が年収アップに成功という実績があるので、転職で年収を上げたいという方におすすめです。

AidemSmartAgent

【アイデムスマートエージェント 転職】

特徴 エージェントの親身な対応が特徴
拠点場所 東京(新宿)・大阪(西本町駅)・愛知(名古屋丸の内)

「AidemSmartAgent」では「転職エージェントを利用する上で、どんなことに不満を感じるのか?」を徹底的に調査した上で、親身な対応を心掛ける質の高いエージェントです。

エージェントはすべて求人広告取扱者資格を取得しており、また就職セミナーの講師を長年にわたり担当している優秀なエージェントも在籍しています。

各求職者のキャリア、経験、特性に合わせて最適に求人を紹介してもらえることは間違いなでしょう。

JACリクルートメント

特徴 外資系企業・日系グローバル企業の求人、ハイクラス求人に強みあり
拠点場所 東京(神田神保町)、大宮、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、広島

「JACリクルートメント」はアジアで最大級のネットワークを持った転職エージェントです。

業界でも数少ないグローバル企業、外資系企業に強い転職エージェントで、英文レジュメの添削、英語面接のアドレスなど独自のサポートがあります。

また日系企業であっても「年収600万以上」「マネジメントクラス」「専門職」などハイクラス求人が中心であり、さらにハイクラス求人に転職するためのサポートも受けられます。

「転職でキャリアアップしたい」
「現職よりも年収が高い企業に転職したい」

という方におすすめです。

転職を成功に導く重要まとめ

便利な転職サイト 1

転職サイトの中には 大手の転職サイトでは閲覧できない求人が掲載されているサイト 他にはない貴重な情報を閲覧できるサイト 転職活動が劇的に楽になるサイト など色々なものがあります。 ここでは知名度は低い ...

転職活動をはじめるならまずは登録するべき転職サイト・転職エージェント 2

「これから転職活動を始めるけど、どんなサイトに登録しておいた方がいいの?」 このような疑問をお持ちの方に「これだけ登録しておけば間違いない」という転職サイト・転職エージェントを紹介します。 目次1 ま ...

転職エージェントまとめ 3

転職エージェントはたくさんありますが、どの転職エージェントにどんな特徴があるのか、ぱっと見では分からないものです。 そこでここでは、22社の転職エージェントを特徴別に分類。さらに具体的な特徴を紹介して ...

4

転職マニュアル本といっても、 転職活動のすべてを網羅したもの 面接に特化したもの 自己啓発本に近いもの など様々タイプがあります。 ここでは数ある転職本の中から12冊を厳選し、タイプ別にまとめて紹介し ...

-転職エージェントの活用法

Copyright© 失敗しない転職ノウハウを公開!転職ノウハウ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.