転職が初めての人におすすめの転職エージェント5選と転職エージェントのサービス内容・転職エージェントをうまく使うコツ

転職エージェント

ここでは「転職が初めて」という人におすすめの転職エージェントを紹介します。

また転職エージェントについてあまりよく知らないという方もいると思うので、転職エージェントのサービス内容についても解説しています。

■「転職が初めて」の人におすすめの転職エージェント早見版

転職エージェントとは何か?

転職が初めて、という場合、転職エージェントについてあまり馴染みがない方もいると思います。

そこで、まず転職エージェントについて説明します。

転職を無料でサポートしてくれるサービス

転職エージェントとは、「人材紹介」「転職サポートサービス」などとも呼ばれるサービスです。

たとえば、「 リクルートエージェント 」や「 パソナキャリア 」が転職エージェントにあたります。

特徴は無料で利用できること。

そして、あなたの転職活動を無料でサポートしてくれることです。

転職エージェントでは、どんなサポートを受けられるのか?

まとめると以下の通りです。

  • 企業に推薦してもらえる
  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • 履歴書・職務経歴書・面接のアドバイスをもらえる
  • キャリア相談ができる

また応募企業とのやり取りは、担当のアドバイザーが代行してくれます。

たとえば、面接日程を調整するときは、直接連絡やり取りするのではなく、アドバイザーが間に入ってやり取りをしてくれるのです。

転職エージェントを使った場合の転職活動の手順

  1. ネットで登録する
  2. 担当から連絡あり、転職活動の状況や転職の希望を話す。また面談の日取りを決める
  3. 担当と面談する。直接会って面談する場合や電話で面談する場合も
  4. 求人を紹介してもらう。応募企業が決まったら、選考アドバイスを受ける
  5. 面接を受ける。面接の前にはアドバイスをもらえる
  6. 内定がでる。入社日の調整や年収交渉は担当のアドバイザーが代行してくれる
  7. 入社。入社後のサポートしてくれる場合も。

面接で不採用になった場合は、不採用の理由を企業から聞いてフィードバックしてくれることもあります。

何度不採用になっても、転職先が決まるまでサポートしてくれます。

転職エージェントのメリットとは? デメリットとは?

転職エージェントのメリットとデメリットを端的にまとめます。

■メリット

  • プロからアドバイスをもらえるから、転職が初めてでも安心して転職活動を進められる
  • 企業に推薦してもらえるから、自力で転職活動をするよりも内定が取りやすい
■デメリット

  • キャリアアドバイザーとの連絡の手間が増える
  • キャリアアドバイザーとの相性が悪いと、転職活動がうまくいかない場合がある

キャリアアドバイザーとの相性が合わない場合も

キャリアアドバイザーの態度が悪い、仕事ができない、親身になってくれないなど、キャリアアドバイザーと相性が合わない場合もあります。

その場合、興味がない求人ばかり紹介されたり、いいアドバイスをもらえなかったりするので、転職活動に支障がでます。

転職エージェントにはデメリットもあるのです。

このデメリットを回避するために、転職エージェントは3社ほど利用しましょう。

3社利用しておけば、1社でキャリアアドバイザーと合わなくても、他の2社で補えます。

※参考

※参考ページ:転職エージェントとは? どんなサービスを受けられるのか?1から学ぶ転職エージェントの全知識

「転職が初めて」の人にこそ転職エージェントはおすすめ

「職務経歴書の書き方がわからない」
「自己PRや志望動機の作り方がわからない」
「年収を上げたいが、どうすればいいのかわからない」

転職が初めならば、悩みや疑問はたくさんあるでしょう。

それらの疑問を、本やネットで1つひとつ解決していくのはとても骨の折れる作業です。

一方、転職エージェントの力を借りれば、それらの疑問は簡単に解決できます。

キャリアアドバイザーに「教えて欲しい」と聞くだけです。

先に解説したように、転職エージェントにはデメリットもあります。それでも自力で転職活動を進めるよりは、遥かに効率的に転職が可能です。

転職が初めての人は絶対に転職エージェントを使うべきです。

「転職が初めて」の人におすすめの転職エージェント5選

続いて、転職が初めての人におすすめの転職エージェントを5社紹介します。

なお転職エージェントは1社に絞るのではなく、3社、4社利用しましょう。

1社に絞ると、希望の求人がなかったり、アドバイザーとの相性が悪かったりした場合、転職がうまく行きません。

3社、4社の転職エージェントを掛け持ちしておけば、1社が悪くても他で補うことができます。

※参考:転職エージェントを掛け持ちするメリットと掛け持ちする際の注意点

それではおすすめエージェントを紹介します。

すべての人におすすめできる「パソナキャリア」

転職エージェントのパソナキャリア

パソナキャリア 」は「正しい転職」を実現することを理念に掲げる総合転職エージェントです。

約4万件という豊富な求人を保有しており、幅広いジャンル、業界、職種の求人があります。

未経験から第二新卒、キャリアアップを目指す方、女性まで、希望に合致した求人を紹介してもらえます。

また利用者の61%が年収アップに成功しており、転職サポートの質も高い転職エージェントです。

王道の転職エージェントを使うなら「リクルートエージェント」

リクルートエージェント (2)

リクルートエージェント 」は転職活動を始める多くの人が利用する、定番・人気の転職エージェントです。

約10万件という豊富な求人があるので、たくさん求人を紹介してもらえます。

また大手リクルートキャリアがこれまで蓄積してきた、転職ノウハウを伝授してもえるのもメリットです。

ただし、利用者が多いため、満足な転職サポートを受けられない場合もあります。他社のエージェントも併用するようにしましょう。

親身なサポートを受けたいなら「Aidem Smart Agent」

正社員の人材紹介・就職支援サービス【アイデムスマートエージェント 転職】

AidemSmartAgent 」は求人媒体を40年企画・発行し続けてきた、人材大手「アイデム」の転職エージェントです。

あまりに馴染みはないかもしれませんが、人材業界では古株にあたる存在です。

特徴は、利用者の希望を最大限尊重した転職サポート。

「キャリアアドバイザーの態度が悪い」
「興味がない求人ばかり紹介された」

など、転職エージェントにありがちな不満を把握し、その解消に取り組む数少ない転職エージェントです。

親身なサポートを受けたいならアイデムがおすすめです。

第二新卒、未経験の方におすすめ「マイナビジョブ20s」

マイナビジョブ20s

マイナビジョブ20's 」はその名の通り、大手人材系企業のマイナビが運営する転職エージェントです。

大手マイナビのリソースを活用し多くの企業と信頼関係を構築。マイナビにしかない求人もあります。

20代の転職支援に強みがあり、未経験歓迎求人、第二新卒歓迎求人が豊富です。

「転職が初めて」という人が多く利用する転職エージェントでもあります。

優良企業だけを紹介してもらえる「第二新卒エージェントNEO」

第二新卒エージェントNEO

第二新卒エージェントneo 」は、ネオキャリアが運営する、第二新卒や20代の未経験者を対象とした転職エージェントです。

一人あたり8時間という充実した転職サポートを受けられるので、転職が初めての人におすすめです。

さらに第二エージェントNEOでは、企業を事前に調査しています。

社会保険が完備されていない、離職率が高い、若手を育てるのに適していない、などの企業は事前に除外。

厳選された優良企業だけを紹介してもらえるのです。

本記事で紹介した以外にも転職エージェントはたくさんあります。他も知りたいという方は、以下のページを参考にしていただければと思います。

※参考ページ:【保存版】転職エージェント全22社の特徴を一覧でまとめて紹介

転職エージェントをうまく活用するコツ

注意点
転職が初めてなら、転職エージェントを使うのも初めてだと思います。

転職エージェントは丸投げしていればいい、というわけではありません。

うまく活用するためにも、心掛けるべきことがあります。

それが以下の4つです。

  • 転職活動の状況を正直に伝える
  • 本音を率直に伝える
  • 連絡は早く・小まめに行う
  • 自分の売りを積極的にアピールする

転職活動の状況を正直に伝える

転職サイトを利用していたり、他の転職エージェントを通じて選考が進んでいたりする場合でも、転職活動の状況は正直に伝えるようにしましょう。

転職活動の状況を正直に伝えておかないと、選考日程が重なったとき、エージェントが日程をうまく調整できなくなります。

しかし、転職活動の状況を正直に伝えておけば、全体最適を考慮した転職アドバイスや、スケジュール調整をしてくれます。

エージェントも仕事をしやすくなるので、転職活動の状況をすべて伝えるようにしましょう。

本音を率直に伝える

「今、受けている企業は第一志望なのか?」
「希望年収はいくらなのか?」
「なぜ、転職を考えているのか?」

転職対する希望は正直に伝えるようにしましょう。

正直に話さないと、キャリアアドバイザーはどんな求人を紹介したらいいかわかりません。

いい求人を紹介してもらいたいなら、いいアドバイスをもらいたいなら、願望や要望は率直に伝えるようにしましょう。

連絡は早く・小まめに行う

連絡する (2)

連絡を小まめに、早く行うことで、キャリアアドバイザーと信頼関係を築くことができます。

キャリアアドバイザーは一人で多数の転職希望者を担当しています。

連絡がはやければその分、仕事を進めやすくなります。

また転職エージェントは、連絡が早い人に、優先的に良い求人を紹介することがあります。

自分の売りを積極的にアピールする

転職エージェントは、優秀な人に条件の良い求人を紹介します。

つまり、良い企業の求人を優先的に紹介してもらうためには、自分の強み・売りをしっかりとアピールすることが大切なのです。

誇張する必要はありませんが、アピールポイントとなることをしっかりと伝えられるようにまとめておきましょう。

※参考

転職エージェントをうまく活用するために心がけたい5つのこと

さいごに

右も左もわからない転職活動。自力ですすめるのはあまりにも無謀です。

転職エージェントにはデメリットもありますが、それ以上に大きなメリットがたくさんあります。

悩んで時間を浪費するくらいであれば、今すぐ転職エージェントに登録して、アドバイスをもらうべきです。

いくら使っても無料なのですから、使えるサービスをすべて使い倒して、満足できる転職を実現させましょう。