離職期間(ブランク)は何ヶ月まで許される? 何ヶ月以上だと不利になる?

疑問

前職を退職してから転職活動を進める場合、離職期間(ブランク)は、
何か月まで許されるのか?
何ヶ月以上になると選考で不利になるのか?

この疑問に答えします。

離職期間(ブランク)が許されるのは3ヶ月まで

離職期間が半年以上になると、書類選考や面接などの選考で不利になるといわれています。

逆に、3ヶ月程度なら採用側は気にしません。

つまり、ブランクは3ヶ月まで、ということになります。

一般的に転職活動は3ヶ月かかるといわれています。

離職期間が3ヶ月程度なら、会社を辞めてから普通に転職活動をしてかかる期間なので採用側はとくに気にしません。

半年以上の離職期間(ブランク)は致命的

半年以上の離職期間があると、その期間にしていたことを採用側は気にします。

「何か問題があってなかなか転職先が決まらなかったのではないか?」

といったように残り物、事故物件かのように疑われる場合もあります。

また単純に

「働く意欲がないのではないか?」
「仕事の勘を忘れていて、即戦力にならなさそう」

などと疑われることも。

半年以上のブランクがある場合は、上記のような採用側の疑いを晴らす弁明が必要なのです。

半年以上のブランクができてしまった場合の対処法

事例別に解説します。

◆家族の介護・看病をしていた

そのまま説明して問題なし。
ただし、「転職した後も介護・看病で仕事に支障がでるのでは?」と疑われる可能性もあるので、介護・看病の現状について話し、採用側を安心させて上げることが大切です。

◆病気・大きなケガだった

基本的にそのまま説明して問題はないが、現在は仕事に支障なく働けることを説明したほうがいい。

◆旅行していた、ゆっくりしていたなど

「働く意欲がないのでは?」と疑われます。
「離職期間中に仕事に生かせる○○を学んだ」「今しかできない貴重な経験を積んだ」といったように説明すると納得してもらいやすいでしょう。
要するに離職期間中を無駄にしていない、働く意欲はあるということを伝えることが何より大切です。

◆転職活動をしていた

単純になかなか転職先が決まらなかったという場合もあると思います。
その場合は、なぜ転職先が決まらなかったのか、その反省点や解決策、今取り組んでいることを説明しましょう。

転職活動は3ヶ月で終えると心得る

半年以上の離職期間ができてしまうと転職で不利になります。

せっかく離職期間中ですので、旅行にいくのも、のんびり過ごすのもいいでしょう。

しかしできれば3ヶ月以内に転職先を決められるよう計画を立て、全力で転職活動を進めるべきです。

転職エージェントはあなたの強い味方になる

「転職活動を効率的に進めたい」
「なかなか転職先が決まらない」

という方におすすめしたいのは転職エージェントです。

転職エージェントを使うとプロのアドバイザーが転職活動をサポートしてくれます。

たとえば

  • 希望と適性に合致した求人を紹介してもらえる
  • 職務経歴書や面接のアドバイスをもらえる
  • 企業に推薦してもらえる

上記のような色々なサポートを受けられるのです。

代表的な転職エージェント

パソナキャリア 転職エージェント顧客満足度ランキングで1位になった実績がある転職エージェント。約4万件という豊富な求人を持ちながら、サポートも親身。迷ったらパソナキャリアとえるほど、充実している転職エージェント。
マイナビジョブ20's マイナビの20代専門転職エージェント。信頼性の高い適性診断を受けることでやりたい仕事・適職がわかる。
doda 約10万件の求人を保有する大手総合転職エージェント。とにかくたくさん求人を紹介してもらたいという方におすすめ。
【保存版】転職エージェント全25社の特徴を一覧でまとめて紹介
転職エージェントはたくさんありますが、どの転職エージェントにどんな特徴があるのか、ぱっと見では分からないものです。 ここでは22社の転職エージェントを特徴別に分類。さらに具体的な特徴を紹介してまとめました。 気になる転職がい...