面接対策

質問と答え方

「弊社は残業が多いですが大丈夫ですか?」と面接で質問された時の回答のポイントと回答例

残業に関する質問ですが、当然、「残業が多くても大丈夫です」と回答することが前提となります。 そのため「状況によって対応できる時、対応できない時があります」といったように曖昧な回答をしたり、「対応できません」と回答したりするのは...
2018.11.24
質問と答え方

「転勤がありますが大丈夫ですか?」と面接で質問された時の回答の注意点と回答例

いつでもどこでも転勤できるのであれば、「大丈夫です。どこにでもいけます」と回答して、この質問は終わりです。 回答に工夫が必要なのは、転勤できない場合です。 ここでは転勤できない場合の回答の注意点について解説します。 回...
2018.10.07
圧迫面接

「今の会社をすぐに辞めることはできますか?」と面接で質問された時の回答のポイントと回答例

「今の会社をすぐに辞めることはできますか?」 在職中に転職活動をしている人に対して聞かれるこの質問では、現職に対する気配りや社会人としての常識が身についているかどうかが見られています。 ある意味、無茶ぶりともとれるこの質...
2018.11.24
スポンサーリンク
質問と答え方

「弊社の仕事の進め方は独特ですが大丈夫ですか?」と面接で質問された時の回答のポイントと回答例

「当社の仕事の進め方は独特ですが大丈夫ですか?」 面接官は、この質問による回答から、当社で働く強い覚悟を見せて欲しいと思っています。 「できません」という回答は当然、NGです。実際に仕事をしていないにもかかわらず、「できませ...
2018.10.07
質問と答え方

「円満退社できましたか?」と面接で質問された時の回答のポイントと回答例

既に退職している応募者に対して聞かれる質問です。 円満退社であったのならば、そのまま伝えれば何も問題はありません。 注意が必要なのは、円満退社ではなかった場合です。必ずしも円満退社でなければいけない、ということではありません...
2018.10.07
質問と答え方

「今後の業界の見通しについてどうお考えですか?」と面接で質問された時の回答のポイントと回答例

「今後の業界の見通しについてどうお考えですか?」 この質問で面接官が知りたいのは、具体的な数字や客観的事実を元に、自身の考えをまとめ、要点を話すことができるか、ということです。 的確な回答をするためには、当然、応募企業が属す...
2018.10.07
圧迫面接

「自分の意に反する業務命令をされたらどうしますか?」と面接で質問された時の回答のポイントと回答例

会社で仕事をするのであれば、自分の意にそぐわない業務命令をされることは必ずあります。 「自分の意見とそぐわない業務命令をされたらどうしますか?」 面接官はこの質問によって、応募者がどういった対応を取るのかを伺うことで、 「...
2018.11.24
質問と答え方

「転職であなたが最も重視することは何ですか?」と面接で質問された時の回答のポイントと回答例

給料や休日日数、残業時間、福利厚生などは働く上で重要であり、それが理由で転職活動をしている人もいるでしょう。 しかし、「転職であなたが最も重視することは何ですか?」と質問された時は、労働条件に関することを答えるべきではありません。...
2018.10.07
質問と答え方

「あなたが当社の社長だったらどうしますか?」と面接で質問された時の回答のポイントと回答例

回答に困る質問ですが仮想の質問だからといって、現実味のない回答したり、 「社長になるイメージができません」と回答を拒否したりすると減点対象となります。 面接官がこの質問によって知りたいのは、次の2つです。 企業研究、...
2018.10.07
質問と答え方

「当社のイメージはいかかですか?」と面接で質問された時の回答のポイントと回答例

せっかく採用した人が「イメージとは違った」などという理由で、短期退職されては、採用側も困ります。 「当社のイメージはいかかですか?」という質問は、応募者が企業に対して抱いているイメージと、企業の実際の姿にギャップがないかを確か...
2018.12.19
質問と答え方

「弊社の課題は何だと思いますか?」と面接で質問された時の回答のポイントと回答例

どんな企業でも一つや二つ課題を抱えているものです。そのため「弊社の課題は何だと思いますか?」と聞かれても委縮せず、率直に課題だと感じていることを回答しましょう。採用側も応募者目線での意見を聞きたいと思っています。 しかし、感じたこ...
2018.09.02
質問と答え方

「今回の転職を家族は了承していますか?」と面接で質問された時の回答のポイント・質問例

嫁によって夫が転職や起業を止められる「嫁ブロック」という言葉ある通り、最近では、夫の転職を家族が反対し、内定を辞退するケースが目立ちます。 採用側としては、入社直前に家族の反対によって全てがひっくり返ってしまうことは、何としても避...
2018.10.07
質問と答え方

「現職(前職)よりも給料が下がりますが大丈夫ですか?」面接で質問された時の回答ポイントと回答例

同じ業界、同じ職種であっても、会社によって給与が異なることはあります。そのため転職によって給料が下がることも当然あるのです。 企業に応募する時は、募集要項で給与額を確認した上で、応募しているでしょう。そのため「現職(前職)よりも給...
2018.09.02
圧迫面接

「当社のような小さな会社でも本当にやっていけますか?」と面接で質問された時の回答のポイントと回答例

「当社のような小さな会社でも大丈夫ですか?」 これは大手企業からベンチャー企業、中小企業に転職する場合に、聞かれる質問です。 大手企業と中小企業とでは、当然仕事の進め方が違います。また、やはり大手企業に比べると色々と不便なこ...
2018.11.24
質問と答え方

「今まで困難に直面したことはありますか?」と質問された時の回答のポイントと回答例

生きている以上、何かしら困難に直面することはあります。 そのため「今まで困難に直面したことはありますか?」と質問されて「ありません」と回答するのは絶対にNGです。 何も面接官は映画や小説のような大きな困難を求めているわけでは...
2018.10.07
質問と答え方

「尊敬している人物を教えてください」と面接で質問された時の回答のポイントと回答例

「尊敬している人物を教えてください」 「目標としている人物を教えてください」 これらはかなり高い確率で質問されます。 基本的に、反社会的な人、危険人物などを答えなければ、誰を答えても問題ありません。 なんぜら「誰を尊...
2018.11.22
質問と答え方

「会社から正当な評価を受けていないと感じたらどうしますか?」と面接で質問された時の回答のポイントと回答例

「会社から正当な評価を受けていないと感じたらどうしますか?」 この質問によって面接官は、すぐに辞める人ではないか、長く働いてくれる人かを判断します。 会社からの評価と自己評価は、必ず誤差があるものです。 これを理解せず...
2018.10.07
質問と答え方

「上司と意見が合わない時、どうしますか?」と質問された時の回答のポイントと回答例

会社という組織で働くためには、その会社のルール、ビジネスでは常識とされているルールに従う必要があります。 若手社員が守るべきルールの一つが上司の指示に従うことです。 例え上司の指示・意見に納得できなくても、自分のやり方にそぐ...
2018.11.13
質問と答え方

「苦手な人、合わない人とはどのように接しますか?」と面接で質問された時の回答のポイントと回答例

「苦手な人、合わない人とはどのように接しますか?」 この質問は、プロ意識を持って仕事に取り組んでいるか、社会人として適性があるかを確認するためのものです。 どのような職場であれ苦手な人・合わない人は存在するものです。 ...
2018.11.07
質問と答え方

「仕事での信条、仕事観について教えてください」と面接で質問された時の回答のポイントと回答例

「仕事での信条、仕事観について教えてください」 この質問は言葉通り、応募者の仕事観について問う質問です。この質問によって採用担当者は、応募者の考えと自社の社風が合うのかを確かめます。 回答のポイント 指示待ちの人間だとも思...
2018.10.07
質問と答え方

「周りからどのような人だと言われますか?」と面接で聞かれた時の回答のポイント・回答例

自分本位の回答である自己PRと違い、他者からの評価を伺うことができるので、採用担当者は多角的に応募者を判断できます。 採用側はこの質問を通して、採用担当者は自己評価と他人からの評価が一致しているか、ネガティブな他者評価があった場合...
2018.09.02
質問と答え方

「あなたにとって仕事とは何ですか?」と面接で聞かれた時の回答のポイントと回答例

「あなたにとって仕事とは何ですか?」 この質問はとても漠然としているため、的外れな回答しないように注意が必要です。 面接官がこの質問で確かめたいのは、応募者の向上心と将来性です。これを踏まえて回答を考えていきましょう。 ...
2018.09.02
スポンサーリンク