転職活動の心構え

転職における大企業出身者の意外な「強み」と「弱み」とは?

更新日:

転職市場における大企業出身者の強みと弱み

大企業出身者は、転職市場にいて高く評価される場合もありますが、逆に大企業出身だからこそ懸念を持たれることも。

では、大企業出身者の転職市場においてどんな「強み」と「弱み」があるのか?

その内容と、強みを生かしつつ弱みをカバーする方法を紹介します。

大企業出身者の強み

大企業出身者の強み

基礎能力が高いと期待してもらえる

新卒採用であれ、中途採用であれば、大企業の選考は競争率が高く、簡単に入社することはできません。

大企業出身者は、その高い倍率の選考を勝ち抜いてきた人物です。コミュニケーション能力や応用力など、基礎能力が高いとみなされることがあります。

また、大企業は教育制度が整っています。新卒で大企業に入社した人であれば、入社当初に数か月から一年程度、研修を受けることもあります。そのため基本的なビジネススキルや業界知識は備わっているとみなさられる場合があるのです。

大企業の高度なスキル、ノウハウが身についている

中小企業やベンチャー企業のなかには、大企業の優れたノウハウやスキルを自社に取り入れたいと考えている企業があります。

そういった企業にとって大企業出身者は貴重な存在です。

特に、上場を目指している企業や、大企業の仲間入りを果たしたい企業などは、それに見合った体制を整備する必要があり、大手出身者を求めます。

大企業にしかできないビジネスに携わった経験があるなら、それは大きなアピールポイントになるのです。

大企業の文化、組織体系を理解している

大企業は部署が多く、また様々な管理職が存在します。大企業の組織図や意思決定のプロセスなどは大企業出身ではないと分からないものです。

ベンチャー企業や中小企業が大手企業を相手に事業を持ちかける際、そういった大企業内部の知識があれば、的を絞ってプレゼンや提案ができます。

大企業から大企業に転職する場合には、この強みは生かされませんが、中小やベンチャー企業に転職するのであれば、大企業の組織系統を知っているだけで重宝されるのです。

大企業出身者の弱み

大企業出身者の弱み

経験した業務の幅が狭い場合は評価されない

大手企業は業務が細分化されており、一部の業務しか経験していない人も多くいます。

ピンポイントでその経験・スキルを求めている企業があればいいのですが、色々と幅広い業務を任せたいという意思のある企業からは、あまり良い評価を得られない場合があります。

また、同じ職種でも、社員が極端に少ないベンチャー企業と大企業とでは、業務の範囲に大きな違いがあります。大手からベンチャー企業に転職する場合は、その点にも配慮して、選考に臨む必要があります。

実績を評価されづらい

面接や職務経歴書で、前職の売上実績をアピールしても、「それって、前職の企業ブランドや製品力があってこその実績でしょ?」と思われることもあります。

企業のおかげだと思われないためには、選考で独自の工夫と努力による成果を伝える必要があります。

大企業以外に転職できなくなる

転職活動でつまずいてしまう大企業出身者の特徴として、大企業出身のプライドが捨てられないということがあります。前職よりも企業規模、売り上げ規模、知名度が劣る企業を格下とみなし、視野をせばめてしまうのです。

実際、ベンチャー企業や中小企業でも、安定した企業や利益率の高い企業、福利厚生が充実している企業はあります。

それらの企業を対象から外し、企業規模や知名度、売り上げ規模だけを見て会社選びをしてしまうと、優良企業を見逃してしまったり、なかなか転職先が決まらなかったりと、転職活動でつまずく可能性があるのです。

応募書類対策、面接対策などに手を抜いてしまう

「大企業出身だから高く評価してもらえるはず」と自信過剰になり、転職準備を疎かにしてしまう人がいます。

もちろん大企業出身者を高く評価してくれる企業があるのは事実ですが、全ての企業がそうではありません。

前職の企業名や企業規模は関係なく、スキルと経験だけで採用する、という企業もあります。というより、そういった企業の方が多いでしょう。

大企業出身だからといって自信過剰にならないように注意し、どんな企業の選考を受ける時でも万全の準備するようにするべきです。

「なぜ、大企業を辞めるのか?」を疑問に思われる

名の通った大企業であるほど、そこから転職する場合は、「なぜ、辞めるのか?」を疑問視されます。

何か問題を起こしたのではないか? と思われたり、ベンチャー企業に応募する場合であれば、「単なるストックオプション狙いなのか?」「独立するために踏み台にするつもりなのか?」など。

大企業から大企業に転職する場合には、それほど神経質になることはないでしょう。しかし、ベンチャー企業・中小企業に転職するなら、採用担当者が納得できる退職理由をしっかりと考えておくようにしましょう。

家族の反対を受けやすい

前職よりもさらに大きな企業、有名な企業に転職するのであれば、反対を受けることはないでしょう。

しかし、有名企業から名もない企業に転職する場合は、家族の反対を受けることを想定しておかなければいけません。

内定をもらってから家族に報告にすると、猛反対を受け、内定辞退せざるを得ない場合もあります。できれば、転職すると決めた時に、家族には相談することをおすすめします。

転職の不安や疑問は転職エージェントで解決できる

転職について不安や疑問があるなら転職エージェントを使うことをおすすめします。

転職エージェントを使えば、プロのキャリアアドバイザーに転職について相談可能です。

さらに希望と適性にあった企業を紹介してくれたり、面接や職務経歴書のアドバイスをしてくれたりするので、転職活動がぐっと楽になります。

※代表的な転職エージェント

  • マイナビAGENT (20代、第二新卒の転職支援に強み
  • パソナキャリア (年収アップ率67%以上、利用者満足度が高い)
  • DODA (10万件以上の求人がある大手総合転職エージェント)

その他以下のページでは転職エージェントをまとめているので参考にしていただければと思います。

【保存版】転職エージェント全22社の特徴を一覧でまとめて紹介!

転職エージェントは履歴書・職務経歴書の添削、求人紹介、面接対策などあらゆる転職サポートを受けることができるので、絶対に利用するべきです。 また、転職エージェントごとに強み、特徴が異なります。「転職エー ...

続きを見る

転職を成功に導く重要まとめ

便利な転職サイト 1

転職サイトの中には 大手の転職サイトでは閲覧できない求人が掲載されているサイト 他にはない貴重な情報を閲覧できるサイト 転職活動が劇的に楽になるサイト など色々なものがあります。 ここでは知名度は低い ...

2

転職活動を始める際、最初に行うことといえば転職エージェントに登録することです。 しかし、転職エージェントは大小様々なものがあり、正直どれがいいのかわからない、という人もいるでしょう。 転職ノウハウサイ ...

3

転職エージェントは履歴書・職務経歴書の添削、求人紹介、面接対策などあらゆる転職サポートを受けることができるので、絶対に利用するべきです。 また、転職エージェントごとに強み、特徴が異なります。「転職エー ...

4

転職マニュアル本といっても、 転職活動のすべてを網羅したもの 面接に特化したもの 自己啓発本に近いもの など様々タイプがあります。 ここでは数ある転職本の中から12冊を厳選し、タイプ別にまとめて紹介し ...

-転職活動の心構え

Copyright© 失敗しない転職ノウハウを公開!転職ノウハウ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.