「今の会社じゃダメなんですか?」と面接で質問された時の答え方と回答例

転職面接 質問と回答

「今の会社じゃダメなんですか?」
「辞める必要はないのでは?」

と面接で質問された場合、どのように回答例すればいいのでしょうか?

この質問を受けるのは、述べた退職理由に対して、面接官が「そんな理由?」と納得できていない時です。

「いえ、そんなことはありません」という流れの回答をするのが大前提となります。

しかし、回答の仕方に工夫が必要です。

どのように回答すればいいのか、具体的に解説していきます。

回答のポイント

「Yes but」方式で回答する

「Yes but」方式とは、「たしかに○○だと思います。しかし××です」といったように、一度は相手の意見を肯定し、その後自分の意見を述べる方法です。

たとえば、

「たしかに○○という点ではその通りだと思います。しかし××という点から見ると、より御社のお仕事の方がわたしの希望に近いのではないかと考え、応募させていただきました」

といった調子です。

このように、一度は面接官の発言を認め、その後に自分の考えを述べれば、「人の話を受け入れることができる謙虚な人間である」ことをアピールできます。

前職・現職の批判はしない

回答するときは、現職・前職の批判に終始しないように気を付けましょう。

悪口ばかりになってしまうと印象が悪くなります。

具体的なエピソードなども交えて話す

「それならば退職してもしょうがない」と面接官を納得させられるような回答をする必要があります。

そのためには、具体的なエピソードも交えた話をしなければいけません。

多少、話を盛ってもいいので、転職のきっかけとなった出来事やその時の感情などを話すようにしましょう。

回答例

たしかに、第三者の視点からみれば、転職の必要がない思うのは当然かもしれません。

しかし前回のリストラで大量の社員が転職し、私が尊敬していた先輩、上司も次から次へと転職していきました。

会社や仕事に対するモチベーションは下がる一方でした。

それでもしばらくは、自分をごまかしてモチベーションどうにか上げようと頑張っていたのですが、やはり気持ちがない状態で仕事を続けるのはつらいものがありました。

モチベーションが上がらないまま仕事を続けていては、周りにも迷惑をかけてしまうと判断し、今回は退職を決意した次第です。

※面接の想定質問は以下のページで紹介しています。
【面接質問集】転職面接で聞かれる53の質問と回答例一覧まとめ
ここでは転職面接の質問の例と、その回答例をまとめて紹介します。 各質問の詳しい解説は、解説ページをご覧いただければと思います。 あなた自身に関する質問 今後のキャリアプランについて教えてください ...