新卒面接と中途面接の違いとは? 企業は転職者に何を求めているのか?

転職

企業が新卒に求めているものと、中途に求めているものは大きく異なります。

つまり、新卒の時と同じような面接対策では転職活動はうまくいかないのです。

ここでは新卒採用面接と転職面接の違いを解説しますので、面接対策をする際はこちらを参考にして自己PRや志望動機などを考えていただければと思います。

スポンサーリンク

新卒と中途、採用面接で求められるものの違いとは?

情報収集

新卒採用では「性格」「ポテンシャル」が重視される

新卒採用では応募者に当然職歴がありません。ですから採用側は応募者が学生時代にどんなことをやってきたのかを聞き出すケースがほとんどです。

もちろん学生時代にやってきたことがすぐに仕事に役立つわけではないということは、面接官も承知しています。

そのため面接官は、応募者が学生時代に経験したことや熱中したことから、その人の性格、仕事への意欲、職業適性、将来性などを判定していくのです。

つまり、新卒採用では「うちの会社の社風に合うか」「入社してから活躍してくれそうか」といった性格や、ポテンシャルが重視されるのです。

転職者に求められるのは即戦力としてのスキルと経験

一方、中途採用において転職者に求められているのは、「明日からでも働ける」という即戦力としての技能、スキル、経験です。

ビジネスマナーなどの社会人としての常識を持っていることは大前提であり、その上で「私を雇えば、あなたの会社にこんなメリットがあります」という主張を、応募者のニーズとすり合わせて、より具体的に説明することが必要なのです。

ですから、新卒採用の時と同じように、学生時代に学んだことや熱中したことを話すのは、転職面接では基本的にNGです。

採用側に即戦力として使える、社会人としての申し分のない経験を持っている、という示せるエピソードを話すようにしましょう。

その他、新卒採用と転職採用の違い

応募時期

新卒採用:例年ほぼ決まっているため、準備がしやすく、またスケジュールを立てやすいのが特徴
転職採用:場合は、不定期です。応募期間、選考期間が短い場合が多く、自分にマッチした企業に即応できるかどうかが大切

筆記試験

新卒採用:SPIや企業独自のものまで多彩にあり、成績が悪いものはその時点で不採用となる
転職採用:筆記試験はほとんどない。まれに筆記試験を行う企業もあるが、社会人としての一定基準を満たしているのかを見るのが目的

面接

新卒採用:個人面接だけでなく、集団面接、グループディスカッションなど様々なものが行われる
転職採用:基本的に個人面接。応募者一人ひとりに時間をとり、じっくり聞かれることが多い

評価の対象

新卒採用:性格や意欲、将来性、職業適性など、その会社にふさわしい人材に育つかが評価される
転職採用:即戦力としての具体的なスキルや経験が評価される

アピールポイント

新卒採用:これまで熱中したことやこれからやりたいこと、その企業でやりたいこと、目標など
転職採用:その会社に入社してやりたいこと、その会社で自分はどんな成果をもたらすことができるのか、など

面接対策を徹底的に行う方法とは?

「面接対策を入念にしたい」
「面接に不安がある」
「志望動機に不安がある」

という方は、転職エージェントを使えば、プロのコンサルタントから【自己PR】【志望動機】【転職理由】のアドバイスをもらえるほか、過去に聞かれた質問や、面接で見られているポイントを教えてくれる場合もあるので、面接対策を徹底的に行えます。

以下のページでは各転職エージェントの特徴を具体的にまとめていますので、エージェントを選ぶ際の参考にしていただければと思います。

【保存版】転職エージェント全22社の特徴を一覧でまとめて紹介
転職エージェントはたくさんありますが、どの転職エージェントにどんな特徴があるのか、ぱっと見では分からないものです。 そこでここでは、22社の転職エージェントを特徴別に分類。さらに具体的な特徴を紹介してまとめました。 気になる...