「前の会社で不満なことは?」と面接で質問された時の注意点と回答例

転職面接 質問と回答
転職面接の際には「前の会社で何か不満のことはありましたか?」という質問をされることがあります。

誰にだって当然、何かしらの不安はあるでしょう。しかしその不満を面接で聞かれた時、どこまで話していいものか迷います。

率直に「給与額が不満でした」と答えては、「この人はうちの会社の仕事でも同じような不満を持つに違いない」と疑われるだけです。

ではいったどのように答えるべきなのか? この疑問について解説していきます。

スポンサーリンク

「不満はありませんでした」はNG

不満を正直に伝えるのもよくありませんが、「不満は全くありませんでした」と嘘をつくのもNGです。

何かしら仕事に不満があり、それが限界に達したから転職に踏み切ったわけであって、不満がゼロであればわざわざ転職をする人はいません。

「不満はありません」と答えても、「ではどうして転職活動をしているのですか?」と返されるだけです。

不満を改善する意欲がある人材かどうかを見ている

企業が求めているもの
どの職場にも不満は存在するものです。それは面接官も把握しています。

不満を言うことは決して悪いことではなく、悪いのは不満を自分で解決しようとせず、そのままにしておくことです。

面接官が前の会社に対する不満について聞くのは

「仕事上の不満を改善する意欲のある人か、そういう努力を惜しまない人なのか」

これを知るためなのです。

不満を改善するために自分がとった行動を伝える

「新規WEBサービスをPRするため、大規模なインターネット広告の展開を上層部に提案していましたが、予算の都合で却下されました。多用な広告ネットワークを持っている御社でなら実現可能と考え、転職を決めました」

このように仕事の不満は、「都合のため実現できなかった」というニュアンスで伝えると、相手にネガティブな印象を与えません。(上記の例文で言うと、「予算の都合で却下されました。」の部分)

何が不満であったかを伝えると共に、自分がやりたかったこと、“それを実現させるために何をしたのか”を示す答え方をするといいでしょう。

苦労話に置き換える

また、仕事上の不満を苦労話に置き換えるのもいい方法です。

その場合は、苦労した結果「何を学んだのか」「自分がどのように成長したのか」を具体的に示すのがポイントです。

どちらにせよ、不満を克服しようとするだけの向上心が自分にあるとアピールすることが大切です。

また、業績の悪化や、ブラック企業であったなど、本人の責任が及ばない範囲のことで不満があった場合は、正直に話しても問題ないでしょう。

ただし、あまりにも被害者の立場を強調し、会社の悪口を話してしまうと印象が悪くなってしまいます。

あくまで謙虚になりつつ前職の状況を答えるようにしましょう。

※面接の想定質問は以下のページで紹介しています。
【要保存】転職面接で聞かれる53の質問例と各質問の回答ポイント
面接ではどんな質問を受けるのか? 質問にはどんな意図が隠されているのか? 面接の不安は絶えないもの。少しでも不安を減らすために、ここでは転職面接の想定質問と質問の意図、回答のポイントをまとめて紹介します。 性格・価...

面接対策に使える転職サービス

■企業の口コミサイト

キャリコネでは過去に、実際に面接を受けた人が投稿した、面接情報を閲覧できます。たとえば実際に聞かれた質問や面接の雰囲気、面接官の様子などの情報があります。

他にも、企業の雰囲気、社内の雰囲気、残業や仕事に関する口コミもあり、他では得られない貴重な情報が豊富です。

※参考: キャリコネ

■転職エージェント

転職エージェントはプロのキャリアアドバイザーから面接のアドバイスをもらえるサービスです。

低スペック、資格なし、第二新卒などの方でも、誰でも利用可能です。転職エージェントでは、場合によっては模擬面接や聞かれる質問を教えてくれるので、面接対策にかなり役立ちます。

とくに「 パソナキャリア 」、「ウズキャリ」、「 マイナビAGENT 」などの転職エージェントは面接対策が充実しています。

※参考:【保存版】転職エージェント全22社の特徴を一覧でまとめて紹介

■面接対策セミナー

受講者満足度97%。リクルートエージェントが開催する面接対策セミナーに参加すると、企業が求める人物像の理解や、転職理由、自己PRの作り方を学べます。

※参考: 面接力向上セミナー