短期退職・第二新卒が転職エージェンを使うべき5つの理由【実体験より】

仕事ができる人
私は、新卒で入社した会社を半年で辞めました。

そしていわゆる第二新卒として転職活動をはじめることになったのですが、この時に利用したのが転職エージェントです。

この転職エージェントは無料なのにかなりサービスが充実しており、転職活動を進めるうえでかなり役に立ちました。

第二新卒として転職活動をするなら絶対に転職エージェントを使うべきだと思っています。

逆に第二新卒は転職エージェントを使わないで、自力で転職活動を行うのでは非効率で無謀な行為です。

ここでは、転職エージェントで受けられる具体的なサポート内容や利用するメリットを紹介します。

職務経歴書を添削してもらえる

転職エージェント
転職活動において必要になるのが職務経歴書です。

しかし職務経歴書はフォーマットが自由なので、書いた経験がないと何をどう書いたらいいのかさっぱりわかりません。

さらに会社を半年で辞めていると、職務経歴書に書ける経歴やスキルがなく、なおさら何をどう書いたらいいのかわかりません。

職務経歴書に悪戦苦闘し、時間を浪費していた私を助けてくれたのが転職エージェントです。

転職エージェントに登録すると、最初に担当のアドバイザーと直接会って面談を行います。

その時にあらかじめ作成しておいた職務経歴書を持参するのですが、その場でキャリアアドバイザーが添削してくれます。

キャリアアドバイザーは多くの転職者を支援して経験を持ち、さらに採用側の事情も把握している、転職のプロです。

そのプロが

「○○のスキルがあるならそれはしっかり記載したほうがいい」
「箇条書きにするともっと見やすくなって、○○の経験をアピールしやすい」

といったように具体的なアドバイスをくれるのです。

このアドバイスで、さんざん悩んでいた職務経歴書が立派な応募書類に変わります。

転職エージェントには他にもさまざまなサポートがありますが、職務経歴書の添削だけでもかなりありがたいサポートです。

第二新卒が受かりやすい企業を紹介してくれる

転職エージェントと面談する
転職エージェントでは非公開求人というものを紹介してもらえます。

非公開求人とはネットの転職サイトには公開されない求人あり、転職エージェントを利用している人のなかから条件に合った人にしか紹介されない求人です。

一部の人にしか紹介されない求人なので、当然、倍率は低くなっています。

倍率が低いということはつまり、受かりやすいということです。

第二新卒はとくに非公開求人を紹介してもらうべき

求人が公開されている転職サイトで、一般公開されている求人に応募する場合、スキルやキャリアがある人たちと採用枠を争うことになります。

経験やスキルが浅い第二新卒が、キャリアのある人と戦っても勝ち目はありません。

しかし転職エージェントで紹介してもらえる非公開求人は、条件に合った人しか応募できない求人です。

たとえば「第二新卒が欲しい」という企業の求人は、第二新卒にしか紹介されません。

第二新卒以外のスキルやキャリアがある人には紹介されませんし、応募もできません。

スキルやキャリアがある人たちと限られた採用枠を争う必要がないのです。

ライバルはすべて同じ第二新卒。一般的な転職サイトを使うより圧倒的に第二新卒が受かりやすいといえます。

面接対策を受けられる

面接対策
転職エージェントではかなり充実した面接対策を受けられます。

たとえば、

  • 志望動機や自己PRに作り方を教えてくれたり
  • よく聞かれる質問を教えてくれたり
  • 本番さながらの面接練習をしてくれたり

面接を通過できるように、ありとあらゆるアドバイスをしてくれます。

転職エージェントを使わないで自力で転職活動をしていたら、聞かれる質問を知ることはできません。

転職のプロを相手に面接練習をすることもできません。

業界や職種に関する情報を教えてくれる

転職先の情報

キャリアアドバイザーは、希望業界に関する情報や転職市場全体の情報をたくさん教えてくれます。

たとえば私はインターネット業界を志望していたのですが、

  • どういった業種の業績が伸びているのか
  • どんなスキルに対する需要が高まっているのか
  • 今後10年残るのはどんなビジネスをしている企業か

といった専門的な情報を教えてくれます。

ネットから得られるような役立つ情報を得られる場合もあり、これだけもかなり役立ちます。

自力で転職するのはかなり非効率

転職活動
転職エージェントを使わなかった場合、職務経歴書の準備も面接対策もすべて自力で行わないといけません。

また一般公開されている求人にしか応募できないので倍率が高く、さらにスペックが高い人たちと採用枠を争うことになります。

エージェントを使わないで自力で転職活動をするのは、どう考えても非効率です。

とくに転職がはじめであり、アピールになるスキルや経験が乏しい第二新卒が、自力で転職活動をするのは無謀としか言えません。

転職エージェントはどれだけ求人を紹介してもらっても、どれだけ転職活動が長引いても無料です。

無料にも関わらず、転職先が決まるまでサポートしてくれます。

「使わない理由は見つからない」とまで言えるほどありがたいサービスなのです。

私も実際に、転職エージェントにはかなり助けられました。

転職エージェントはどれを使うべき? 有名転職エージェントを特徴別に分類
転職活動において、非公開求人の紹介やプロのサポートが受けられる転職エージェントは利用必須のサービス。 しかし転職エージェントは数が多すぎて、どれが自分に合っているのか? どれを使えば転職が成功するのか? わからないものです。 ...