質問と答え方 面接対策

「どうやって来ましたか?」「場所は分かりにくかったですか?」「今日はお仕事をお休みされたのですか?」と面接で聞かれた時の回答例

更新日:

転職面接 質問と回答

  • 「場所が分かりにくかったでしょう?」
  • 「ご自宅からここまでどうやってきましたか?」
  • 「今日はお仕事をお休みされたのですか?」

一見、雑談のようにも思えるこれらの質問ですが、気を抜いてはいけません。

何気ない質問から面接は始まっています。

ここでは、上記に挙げた3つの質問に隠された意図と適切な答え方について紹介します。

場所が分かりにくかったでしょう?

地図とスマホ
面接官はこの質問で以下の2つのことを確認しようとしています。

  • 初対面の相手ともスムーズに会話できるか?
  • 時間にルーズな人ではないか?

面接の最初では、あいさつ代わりに軽い質問をしてくるのが普通です。

「場所が分かりにくかったでしょう」の他にも、天候の悪い日であれば「こんな日にご足労をおかけします。外の様子はいかかでしたか?」といった質問である場合もあります。

こうした質問は、応募者の緊張をほぐしてうまく言葉のキャッチボールをしたいという思いもあります。

しかしそれと同時に、ビジネスにおいて頻繁にある「初対面の相手への対応力」「社会人としての基礎力」が見られている場合もあるので、気を緩めてはいけません。

また「場所が分かりにくかったでしょう?」と質問された場合には、時間に余裕を持って行動する人かどうかを見られている場合もあるので、慎重に答えるようにしましょう。

当然、「はい」「いいえ」などの返事だけで済ませるのはNGです。

面接官の歩み寄った質問やジョークにも笑顔ひとつ見せず、回答をしてしまってはコミュニケーション力を疑われます。

「場所が分かりにくかったでしょう?」に対する回答例

「いいえ、御社のホームページにある案内図と地図を頼りにして参りましたので、すぐに分かりました。

遠くからビルの屋上の看板が見えたので、迷いませんでした」

このように初回の面接であれば、事前に場所をチェックするなど、社会人としての常識でもある自主的な行動スタイルを伝えるようにしましょう。

面接に遅刻してしまう場合やギリギリの到着になってしまう場合は、言い訳をせず、重々謝罪するようにしましょう。

詳しくは下記のページをご覧いただければと思います。

面接で遅刻の連絡をする時の3つのポイント

「ご自宅からここまでどうやってきましたか?」

通勤経路
この質問によって面接官は「業務に支障なく通勤できるか?」を確認しようとしているので、業務に支障なく通勤できることを具体的に説明する必要があります。

オフィスが自宅から近ければ「○○線と○○線を利用して参りました。

現在勤めている会社よりも、アクセスがよく、30分程度で着くことができました」とシンプルな答え方をして問題ないでしょう。

しかし、遠距離から通勤することになる場合は、慎重に回答する必要があります。

通勤に時間がかかり、十分な休養をとれないことによる従業員の健康トラブルが発生すると企業に重大なリスクをもたらします。

このような労務管理の危機回避の意味からも、遠距離通勤者が警戒される場合もあるということを意識した上で回答することが望ましいです。

残業なども含めて支障なく通えることを明確に告げましょう。

遠距離通勤の場合の回答例

「○○線を利用して参りました。最寄りの○○駅から新宿三丁目まで1時間強でした。

前の職場もこの近くで、以前はもっと時間をかけて通っていましたが、遅刻、欠勤で迷惑をかけたことはありません。

残業も〇時までなら問題なく、必要な場合はさらに遅くなることもありました。」

このように通勤実績などを交えて話すと、遠距離通勤であっても面接官を納得させることができ、印象も悪くならないでしょう。

今日はお仕事をお休みされたのですか?

仕事休んで転職活動
この質問は、在職中の応募者に聞かれる質問です。

何気ない質問ですが、あなたの勤務姿勢が浮かび上がる質問でもあるので、答え方には注意が必要です。

絶対にやってはいけないのが、「ちょっと中抜けしてきました」といった答え方です。

外勤の営業職や社外業務など、時間に自由ができる職種の場合、

あいまいな答え方をすると勤務時間中に無断で転職活動をしているような誤解を受けやすく、致命傷になる場合もあります。

答える時は、現職に対する誠実さと、勤務姿勢や戦力度合いを一緒にアピールすると良いでしょう。

回答例

「はい。この時期は休みたくないため、上司と相談して半日の有休を取りました。職場に迷惑をかけて転職活動はできないので、先日は面接時間のことで無理を申し上げてしまい失礼しました。」

また既に現職に転職のことを伝えてある場合は、その旨も明確に伝えることで、入社意欲を示すこともできます。

※面接の想定質問は以下のページで紹介しています。
面接質問集
【要保存】転職面接で聞かれる53の質問例と各質問の回答ポイント

面接ではどんな質問を受けるのか? 質問にはどんな意図が隠されているのか? 面接の不安は絶えないもの。少しでも不安を減らすために、ここでは転職面接の想定質問と質問の意図、回答のポイントをまとめて紹介しま ...

続きを見る

さらに徹底的に面接対策をしたい方におすすめの転職サービス

「面接になかなか通過しない」「自己PRの仕方がいまいちよくわからない」という場合、面接対策そのものが間違っている場合もあります。たとえば、アピールすべきことを伝え忘れていたり、逆にアピールすべきではないネガティブなことをアピールしていたり。

もしくは自分で気付いていない面接時のマナーや態度、しゃべり方が問題で不採用になっている場合も。

面接対策は自分一人で行うには限界があります。転職サービスをうまく活用し、面接がうまく行かない理由を明確に把握し、改善を行うべきです。

以下に、さらに徹底的に面接対策をしたい方におすすめの転職サービスを紹介します。どれも無料なので、不安な方は活用するようにしましょう。

転職エージェントを使ってプロのキャリアアドバイザーから面接対策を受ける

転職エージェントというサービスを利用すると、プロのキャリアアドバイザーから面接のアドバイスをもらえます。場合によっては模擬面接や聞かれる質問を教えてくれるので、面接対策にかなり役立ちます。

特に「 パソナキャリア 」、「ウズキャリ」、「 マイナビAGENT 」などの転職エージェントは面接対策が充実しています。

グッドポイント診断(リクナビ) で自身の強みを正確に把握する

「リクナビNEXT」のグッドポイント診断を行うと、自分の強みを客観的に把握できるので、面接でアピール材料となる自身の強みがわかります。

どんなスキル、経験をアピールすればいいのかわからない、自己PRの仕方がわからないという方におすすめです。

面接力向上セミナー で面接対策を学ぶ

受講者満足度97%。リクルートエージェントが開催する面接対策セミナーに参加すると、企業が求める人物像の理解や、転職理由、自己PRの作り方を学べます。

キャリコネ で面接の情報を得る

キャリコネでは過去に、実際に面接を受けた人が投稿した、面接情報を閲覧できます。たとえば実際に聞かれた質問や面接の雰囲気、面接官の様子などの情報があります。他にも、企業の雰囲気、社内の雰囲気、残業や仕事に関する口コミもあり、他では得られない貴重な情報が豊富です。

転職を成功に導く重要まとめ

企業を探す 1

「転職サイトの求人や企業ホームページからブラック企業を見抜きたい」 できれば入社前に、応募する前にブラック企業を見抜きたいものです。 しかしブラック企業は、たくみにホワイト企業を偽装するため、一目見た ...

便利な転職サイト 2

転職サイトの中には 大手の転職サイトでは閲覧できない求人が掲載されているサイト 他にはない貴重な情報を閲覧できるサイト 転職活動が劇的に楽になるサイト など色々なものがあります。 ここでは知名度は低い ...

3

20代の転職サポートに強い 20代を対象とした求人が豊富にある ここでは、20代の方におすすめできる転職エージェントを厳選して紹介します。 おすすめの転職エージェントだけでなく、転職エージェントの選び ...

転職エージェントまとめ 4

転職エージェントはたくさんありますが、どの転職エージェントにどんな特徴があるのか、ぱっと見では分からないものです。 そこでここでは、22社の転職エージェントを特徴別に分類。さらに具体的な特徴を紹介して ...

-質問と答え方, 面接対策

Copyright© 失敗しない転職ノウハウを公開!転職ノウハウ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.