面接対策 質問と答え方

「円満退社できましたか?」と面接で質問された時の回答のポイントと回答例

更新日:

転職面接 質問と回答
既に退職している応募者に対して聞かれる質問です。

円満退社であったのならば、そのまま伝えれば何も問題はありません。

注意が必要なのは、円満退社ではなかった場合です。必ずしも円満退社でなければいけない、ということではありませんが回答の仕方に注意が必要となります。

回答のポイント

円満退社ではなかったとしても、多少のいざこざがあった程度であれば、率直に話しても問題ありません。

ただし、会社、上司、職場環境が悪かった、といったように、他に責任を押し付けるような回答や、単なる悪口と受け取られる回答は避けるべきです。

会社、職場環境、上司の悪口はNG

円満退社できなかった理由を「会社が悪い」「上司が悪い」と言ってしまうのはNGです。このような発言は他責的な印象を与えてしまうので、面接官も採用を躊躇してしまいます。

どれだけ悪い上司、悪い会社であったとしても、悪口にならないようにしましょう。少しでも自分に非があったのならそのことを伝えるべきです。また例え、自分に非がないとしても、責任を押し付けるのは印象が良くありませんので、「自分に責任があった」という趣旨の回答をした方がいいでしょう。

トラブルメーカーだと受け取られる回答はNG

「あまりに酷い労働環境でしたので、ばっくれました」
「上司に来なくていいといわれましたので、その次の日から出社していません」
「上司と激しい口論になり、その場で退職します、と伝えました」

上記のような回答をしてしまうと、「自社でも同じようなことをするのではないか」と思われてしまいます。その後、どれだけフォローしても、その印象を覆すのは難しいでしょう。

上記のような回答をするぐらいであれば、「あの時は、感情的になってしまったことを反省しております。来週、会社にはお詫びにいくつもりです」といったように、言い回しを変え、さらに反省していることを伝えた方がいいでしょう。

回答例

退職当時、上司と口論になることがありましたので、円満退社ではありませんでした。率直に言うと、いまでの釈然としない思いを引きずっております。

しかし、前の会社には、私を一人の社会人として育てて頂いた恩もありますので、本当に感謝しています。

この先、転職先が決まり、自分の気持ちが落ち着きましたら、前の職場にはきちんと挨拶に伺い、しっかりとけじめをつけたいと思います。

転職エージェントを使えばプロから面接のアドバイスがもらえる

「面接対策を入念にしたい」
「面接に不安がある」
「志望動機に不安がある」

という方は、転職エージェントを使えば、プロのコンサルタントから【自己PR】【志望動機】【転職理由】のアドバイスをもらえるほか、過去に聞かれた質問や、面接で見られているポイントを教えてくれたりするので、面接対策を徹底的に行えます。

以下のページでは各転職エージェントの特徴を具体的にまとめていますので、エージェントを選ぶ際の参考にしていただければと思います。

また、転職エージェントの中でも、 マイナビAGENT は、20代~30代の転職支援に強みをもち、求人も豊富で、一通りの転職サポートも受けられるので、おすすめです。

人気のまとめ記事

便利な転職サイト 1

転職サイトの中には 大手の転職サイトでは閲覧できない求人が掲載されているサイト 他にはない貴重な情報を閲覧できるサイト 転職活動が劇的に楽になるサイト など色々なものがあります。 ここでは知名度は低い ...

2

転職エージェントは履歴書・職務経歴書の添削、求人紹介、面接対策などあらゆる転職サポートを受けることができるので、絶対に利用するべきです。 また、転職エージェントごとに強み、特徴が異なります。「転職エー ...

3

転職マニュアル本といっても、転職活動のすべてを網羅したものや、面接に特化したもの、自己啓発本よりのものまで様々です。 ここでは数ある転職本の中から12冊を厳選し、タイプ別にまとめて紹介します。自分の今 ...

-面接対策, 質問と答え方

Copyright© 失敗しない転職ノウハウを公開!転職ノウハウ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.