ブラック企業を見抜く 企業研究・選び

求人広告・企業HPからブラック企業を見抜くために注目したい8つのポイント

更新日:

ブラック企業を見抜く

「ブラック企業には絶対に入社したくない」
「求人広告・企業HPからブラック企業を見抜くためにはどうすればいいのか?」

そんな不安にを解決すべく、ここで求人広告、企業ホームページからブラック企業を見抜くために注目すべき8つのポイントを紹介しあm巣。

1:求人広告を長期間掲載していないか

採用期間が長い
求人広告を長期にわたって掲載している場合、退職者が多い可能性があります。

普通、採用活動は必要な人材が採用できたら終了するものです。

求人広告を長期間掲載しているということは、その会社には何かしら人が辞めていく要素あり、常に人員を補充していないと間に合わないブラック企業であると考えられます。

求人広告と実際の職場のギャップが大きく入社してもすぐに辞めてしまう、
仕事が辛く定着する人が少なない、
社風が悪い

など、様々な要因が考えられるので注意すべきです。

ただし人員が定着しているにもかかわらず、業績が伸び続けていて採用が追いついていない企業という場合や、採用基準が厳しい企業という場合も。

この点は、会社の業績や社長の価値観など、調査の幅を広げて判断する必要があります。

2:採用ハードルの低さが強調されていないか

採用ハードルが低い
「ノルマなし」「学歴不問」「未経験歓迎」「ブランクOK」「転職回数不問」「すぐに月収○○万円」など、求人広告でやたらと採用ハードルの低さを強調している企業は要注意です。

というのも、よほど人が集まらない会社であるか、そのような誰にでもできる仕事内容である可能性が高いからです。

中途採用は普通、即戦力となる同じ業界や同じような職種を経験した人を求めるものです。

しかしそうではなく、まったく経験がない人でも応募可としているのは

「誰でもできる単純作業であり、結局その仕事をどれだけやってもスキルにならない」
「仕事内容、給与面、社風など、何かしらに問題があり、人が集まらない」

といった理由が考えられます。

ただし、若くて業務経験の浅い第二新卒を新卒の代わりに採用したい企業の場合があります。

その場合、研修制度などもしっかりとしている企業かもしれませんので、求人広告に掲載されている業務内容や、募集の経緯などをしっかりと確認しておくようにしましょう。

3:給与が異常に高くないか

給料が異常に高い
給料が異常に高い企業は、「ハードワークで、求められる業務レベルが高い」か「歩合給やインセンティブによる部分が多く設定されている」可能性が高いので注意が必要です。

「求められる業務レベルが高い」職種は、コンサルティング会社や証券会社、メディア系です。

ただ、この場合、業務のレベルが高く、肉体的、精神的にもハードであることを覚悟した上で応募することがほとんどでしょう。

そのため、入社してから「こんなはずじゃなかった」と後悔することはないはずです。

注意が必要なのは「歩合給やインセンティブによる部分が多く設定されている」場合です。

その会社に入れば、誰でも高給をもらえるなら満足ですが、求人広告に書かれている内容はあくまで、「トップクラスの成績を上げた場合のモデル賃金」である可能性が高いです。

また、「月給90万円可能」と大々的に告知していても、90万円のうちどこまでが基本給で、どこからが歩合による部分なのかをしっかりと確認する必要があります。

その他、「どんな条件なら歩合給が発生するのか」についてもしっかりと確認しておきたいポイントです。

【給与情報で注意しておきたいポイント】

  • 紹介されているモデル給与に幅がありすぎる
  • 賞与回数や給与改定の回数が多い
  • 「月給90万円可能」という異常な高給
  • 「熱意とやる気」「頑張れば頑張った分だけ」という精神論的なキーワードが多い
  • 歩合をほのめかす記述がある

4:仕事内容、職務内容が曖昧でないか

仕事内容が曖昧
入社後の仕事内容が曖昧、もしくはよく分からないように記載している場合は、人気がない仕事・後ろめたい仕事であることを隠している可能性があります。

例えば、求人広告の仕事内容は「オフィスのIT化に関するコンサルティング」と書かれているのに、実際の仕事はコピー機の販売である、ということがあります。

「○○を売る仕事」と明確に記載されてなく、「コンサルティング」「マーケティング」といった抽象的なキーワードが使われている場合も注意しましょう。

商材は何か、具体的に何をする仕事なのかを確認してから応募するか否かを判断すべきです。

5:社風の良さがやたらと協調されていなか

社風が強調されている企業

社風の良さをやたらとアピールしている会社は、それ以外のアピールできる要素がない可能性が高いので注意が必要です。

本来であれば、自社の製品やサービスなど何かしらの強みがあるはず。

社風や会社の雰囲気を強調するということは、他の強み・アピールポイントがないということ。

求人サイトが、社員全員の集合写真や楽しそうに笑顔でガッツポーズをしている社員の写真で埋め尽くされている会社が良い例です。

このような企業は、ネガティブな面を隠そうとしている、ポジティブな面がない、などのケースが想定されるので注意しましょう。

6:企業ホームページがしっかり管理されているか、クオリティが低くないか

企業ホームページのクオリティが低い
企業ホームページは会社の顔ともいえるものです。

企業ホームページのクオリティは、企業の印象にも繋がるため、ビジネスに影響を及ぼします。

それだけ大切な企業ホームページがしっかりと管理できていないのは、それがリスクであると気づける社員がいない。もしくは、改善を実行できない何らかの理由があることが考えられます。

また業務に関する管理がずさんである、ブラック企業の可能性が高くなります。

その他、以下の項目が見られる場合はホームページをしっかり管理していない証拠となります。

  • 誤字脱字がある
  • 文章が文法的におかしい
  • 最終更新から時間がたっている
  • 終了したセミナーなどの案内を載せている
  • 使いづらい、見づらい
  • 会社情報を見ても、何の会社かよく分からない

7:業務内容や社名が頻繁に変わっていないか

ブラック企業
会社のマーケティング戦略の一環として社名を変更しているのであれば、心配する必要はありません。

しかし、数年に一度、といったように頻繁に社名変更や業態転換を行っている場合は、何かしら後ろめたい理由がある可能性があります。

例えば、違法行為や不祥事が発覚し、社名に悪いイメージがついてしまった場合などです。

あまりに頻繁な場合は、違法性を帯びた会社である可能性も否定できませんので、かなり注意が必要です。

8:ネット上でブラック企業の噂が立っていないか

悪い噂
企業ホームページ、求人広告とは別になりますが、ネットで企業を検索した際、ブラックな噂が多数見受けられる場合は、不満を持った社員が多くいる可能性があります。

また、企業名を検索した際、検索結果の最上部と最下部にでてくる「他のキーワード」に、「噂」「評判」「ブラック」といった言葉がでてきたら要注意です。

ブラック企業 Google 検索

「他のキーワード」の欄に「○○株式会社 ブラック」「○○株式会社 評判」「○○株式会社 噂」があれば、よく検索されているということになります。

つまり、それだけ何らか噂や評判があって、気にされている証拠なのです。

企業の噂や評判に関する情報は、新卒や中途でその企業を受けた人や取引先の人が書いている場合もありますが、社員やアルバイトがバレないように内部批判をしている場合もあります。

そもそもそういった動きがあること自体、その会社に何かしらの問題が存在することを示しているといえるので、注意しましょう。

※その他、以下のページでもブラック企業の見抜き方を解説しています。ぜひ参考にしていただければと思います。

要注意!ブラック企業の面接にありがちな6つのこと

ブラック企業には入社したくない! 誰もがそう思っているはずです。 ではブラック企業はどこでどうやって見抜けばいいのか? 方法はさまざまですが、面接はブラック企業を見抜くための絶好の場でもあります。 こ ...

続きを見る

会社説明会、セミナー
会社説明会・セミナーでブラック企業を見抜くために注意するべき6つのポイント

セミナーや会社説明会は、実際に働いている社員を見ることができる機会であり、ブラック企業かどうかを見抜くには絶好の機会でもあります。 ではどうやってブラックかどうかを見抜けばいいのか? ここではブラック ...

続きを見る

ブラック企業を見抜くために会社訪問で確認したい6つのポイント

明確な理由がある場合、企業によってはお願いすれば会社を訪問させてくれることがあります。 そして会社訪問はブラック企業かどうかを判断できる絶好の機会です。 ここではブラックかどうかを見抜くために、企業訪 ...

続きを見る

おわりに:ブラック企業に入社しないためには?

ブラック企業を見抜く
ブラック企業を見抜くためには、情報収集が何よりも大切です。

しかし情報収集といっても、企業ホームページや転職サイトの情報だけでは不十分です。

企業ホームページや転職サイトにはあくまで、企業のポジティブな情報しか掲載されていません。

それらの情報だけでブラック企業かどうかを判断するのは困難です。

では、どうやって情報を集めればいいのか?

おすすめしたいのは次の2つの方法です。

  • 転職エージェントを使う
  • 口コミサイトを使う

転職エージェントを使って情報収集を行う

転職エージェントでは、プロのアドバイザーから企業の詳しい情報を教えてもらえます。

企業の雰囲気や価値観、社風といった内部事情など、企業のホームページからではわからない情報を教えてもらえるのです。

また利用するエージェントによって、事前に企業を調査してブラック企業を除外している転職エージェントもあります。

たとえば、ウズキャリ第二新卒では事前にブラック企業を除外し、優良企業だけを紹介しています。

転職相談や面接アドバイスといったサポートも受けられるので、転職エージェントは使っておいて損はないでしょう。

※代表的な転職エージェント

その他以下のページでは転職エージェントをまとめているので参考にしていただければと思います。

転職エージェントまとめ
【保存版】転職エージェント全22社の特徴を一覧でまとめて紹介

転職エージェントはたくさんありますが、どの転職エージェントにどんな特徴があるのか、ぱっと見では分からないものです。 そこでここでは、22社の転職エージェントを特徴別に分類。さらに具体的な特徴を紹介して ...

続きを見る

企業の口コミサイトを使う

口コミサイトでは、社員・元社員による企業に対する口コミが投稿されているサイトです。

たとえば キャリコネ のようなサイトがあります。

口コミサイトでは、企業の社風、職場の雰囲気といった情報から

昇給、給与形態、昇進に関することなど、その企業で働いていた人にしかわからない情報を得られます。

もちろん口コミサイトなので、すべての書き込みをうのみにするべきではありません。

企業がブラックかどうかを調べるうえで参考になることは間違いないので、時間がある方は目を通しておくべきです。

転職を成功に導く重要まとめ

便利な転職サイト 1

転職サイトの中には 大手の転職サイトでは閲覧できない求人が掲載されているサイト 他にはない貴重な情報を閲覧できるサイト 転職活動が劇的に楽になるサイト など色々なものがあります。 ここでは知名度は低い ...

転職活動をはじめるならまずは登録するべき転職サイト・転職エージェント 2

「これから転職活動を始めるけど、どんなサイトに登録しておいた方がいいの?」 このような疑問をお持ちの方に「これだけ登録しておけば間違いない」という転職サイト・転職エージェントを紹介します。 目次1 ま ...

転職エージェントまとめ 3

転職エージェントはたくさんありますが、どの転職エージェントにどんな特徴があるのか、ぱっと見では分からないものです。 そこでここでは、22社の転職エージェントを特徴別に分類。さらに具体的な特徴を紹介して ...

4

転職マニュアル本といっても、 転職活動のすべてを網羅したもの 面接に特化したもの 自己啓発本に近いもの など様々タイプがあります。 ここでは数ある転職本の中から12冊を厳選し、タイプ別にまとめて紹介し ...

-ブラック企業を見抜く, 企業研究・選び

Copyright© 失敗しない転職ノウハウを公開!転職ノウハウ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.