面接で前の会社での失敗談を聞かれた時の回答の注意点と回答例

転職面接 質問と回答
「前の会社で仕事上、失敗したことはありますか?」

面接では、必ずといっていいほど仕事での失敗談を聞かれることがあります

この質問にはどんな意図が込められているのか?
この場合、どのように答えるのがベストなのか?

これらについて解説していきます。

スポンサーリンク

面接官が失敗談を聞く意図とは?

最後の質問を聞く
失敗談について聞くのは

  • 仕事に積極的人間なのか
  • 問題解決意欲・能力を持っているのか
  • 自発的な人間なのか、他責的な人間なのか

この3つのことを確かめるためです。

仕事に積極的かどうかを確かめるため

仕事に失敗はつきものです。特に新しい仕事に挑戦する時は、トライ&エラーを繰り返すことによって、成果に結びついていくものです。

採用企業側も、積極的に仕事に取組み、どんどん失敗するくらいの人材を求めています。

失敗談を聞くことによって、あなたが積極的に仕事に取組む人間なのかどうかを確かめているのです。

問題解決意欲・能力を持っているのか

失敗をそのままにしておき、また同じ失敗を繰り返すような人は組織に不必要です。

企業は、失敗してもその原因を追及し、問題を見つけ出し、二度と同じ失敗を繰り返さないように解決する能力・意欲がある人を求めているのです。

失敗談を話す時は、「なぜ失敗したのか?」「同じ失敗を繰り返さないためにどんな行動をとったのか?」を示すようにしましょう。

自発的か他責的かを探っている

失敗に対するあなたの対応や、その対応をとった理由を詳しく聞いていけば、自発的な人間か他責的な人間かどうかを確かめることができます。

他責的な言動がある人は「不満を人・環境のせいにして、またすぐに辞めてしまう人間だ」という印象を持たれるため、転職においてもっとも敬遠されます。

それにやはり不満や失敗を「上司が悪い」「環境が悪い」「商品が悪い」といったように何でも解釈してしまう人とは一緒に働きたくないですよね。

企業は仕事での失敗をなどを他人に責任を押し付けず、自分の責任として捉え、成長していく人間であるかどうか、失敗談を聞くことによって確かめているのです。

回答のポイント

成功をアピール
失敗談を聞かれた時には、下記のポイントを意識して回答するようにしましょう。

  • どんな失敗をしたか
  • 失敗の理由は何か
  • どう克服したか
  • その失敗から何を学んだのか

あなたが失敗を克服して成長していった過程、そしてあなたの問題解決能力を面接官が知ることができるようなエピソードを説明できれば評価は上がるはずです。

回答例

【回答例】
「テレビ番組で取り上げあれたことがきっかけで、弊社の商品が在庫切れを起こして販売機会をロスしたことがあります。メディアの露出など、注文が殺到する事態が起きた場合の対等法やルールを明確化していなかったため、不測事態に対応が遅れてしまいました。その反省からメディアへの露出情報は誰がキャッチしても全社員に同報メールを流すよう、ルールと仕組みを提案して、実施するようにしました」
【回答例】
「上司に失敗をとがめられ、つい言い訳をしてしまうことがありました。上司には『自分でトラブルを処理しなければ成長できない』と突き放されることもありました。それからはトラブルを報告する時は、自分で考えた解決策も併せて報告するようになりました」

単なるミスの話はNG

「お客様からかかってきた電話で、自分の上司に“さん”を付けて話してしまったことがあります」

というった単なるうっかりミスを話しても、面接官は何の参考にもなりません。他にも遅刻や寝坊などは、社会人としてあってはならない失敗なので、絶対に話すべきではありません。失敗談は面接官があななたの問題解決能力を知ることができるような話を選ぶようにしましょう。

※面接の想定質問は以下のページで紹介しています。
【要保存】転職面接で聞かれる53の質問例と各質問の回答ポイント
面接ではどんな質問を受けるのか? 質問にはどんな意図が隠されているのか? 面接の不安は絶えないもの。少しでも不安を減らすために、ここでは転職面接の想定質問と質問の意図、回答のポイントをまとめて紹介します。 性格・価...

面接対策に使える転職サービス

■企業の口コミサイト

キャリコネでは過去に、実際に面接を受けた人が投稿した、面接情報を閲覧できます。たとえば実際に聞かれた質問や面接の雰囲気、面接官の様子などの情報があります。

他にも、企業の雰囲気、社内の雰囲気、残業や仕事に関する口コミもあり、他では得られない貴重な情報が豊富です。

※参考: キャリコネ

■転職エージェント

転職エージェントはプロのキャリアアドバイザーから面接のアドバイスをもらえるサービスです。

低スペック、資格なし、第二新卒などの方でも、誰でも利用可能です。転職エージェントでは、場合によっては模擬面接や聞かれる質問を教えてくれるので、面接対策にかなり役立ちます。

とくに「 パソナキャリア 」、「ウズキャリ」、「 マイナビAGENT 」などの転職エージェントは面接対策が充実しています。

※参考:【保存版】転職エージェント全22社の特徴を一覧でまとめて紹介

■面接対策セミナー

受講者満足度97%。リクルートエージェントが開催する面接対策セミナーに参加すると、企業が求める人物像の理解や、転職理由、自己PRの作り方を学べます。

※参考: 面接力向上セミナー