「失敗談を教えてください」と面接で質問された時の答え方と回答例

転職面接 質問と回答

「前の会社で仕事上、失敗したことはありますか?」
「失敗談を教えてください」

このように面接では、必ずといっていいほど仕事での失敗談を聞かれることがあります。

ここでは失敗談に関する質問について、その質問の意図や回答のポイント、回答例を紹介します。

なぜ失敗談を聞かれるのか?(質問の意図)

最後の質問を聞く

なぜ面接では、必ずといっていいほど失敗談を質問されるのか?

その理由、以下の3つのことをたしかめるためのです。

  • 仕事に積極的人間なのか
  • 問題解決意欲・能力を持っているのか
  • 自発的な人間なのか、他責的な人間なのか

仕事に積極的かどうかをたしかめるため

仕事に失敗はつきものです。

とくに新しい仕事に挑戦する時は、試行錯誤を繰り返すことによって、成果に結びついていくものです。

採用企業側も、積極的に仕事に取り組み、どんどん失敗するくらいの人材を求めています。

失敗談を聞くことによって、応募者が仕事に、積極的に取り組む人間なのかどうかをたしかめているのです。

問題解決意欲・能力を持っているかをたしかめるため

失敗から学ばず、また同じ失敗を繰り返すような人はいりません。

企業が求めているのは、失敗の原因を追及し、問題を見つけ出し、二度と同じ失敗を繰り返さないよう解決する能力・意欲がある人。

失敗談を話す時は、「なぜ失敗したのか?」「同じ失敗を繰り返さないためにどんな行動をとったのか?」を示すようにしましょう。

自発的か他責的かを判断するため

失敗した時の対応や、その対応をとった理由を聞くことで、自発的な人間か他責的な人間かどうかを判断できます。

ここで他責的と受け取られる発言をしてしまうと、「不満を人・環境のせいにして、またすぐに辞めてしまう人間だ」と判断されてしまいます。

企業が求めているのは、失敗の責任を他人に押し付けず、自分の責任として捉え、成長していく人間です。

他責的と受け取られる発言は避けるようにしましょう。

答え方のポイント

成功をアピール
失敗談を聞かれた時には、下記のポイントを意識して回答するようにしましょう。

  • どんな失敗をしたか
  • 失敗の理由は何か
  • どう克服したか
  • その失敗から何を学んだのか

あなたが失敗を克服して成長していった過程、そしてあなたの問題解決能力を面接官が知ることができるようなエピソードを説明できれば評価は上がるはずです。

単なるミスの話はNG

「お客様からかかってきた電話で、自分の上司に“さん”を付けて話してしまったことがあります」

上記のような単なるミスの話はNGです。

他にも遅刻や寝坊、サボり、業務規定違反、法律違反などは、社会人としてあってはならない失敗であり、話すと印象が悪くなります。

失敗談は、問題解決能力をアピールできるエピソードを選ぶようにしましょう。

回答例

【回答例】
「テレビ番組で取り上げあれたことがきっかけで、弊社の商品が在庫切れを起こして販売機会をロスしたことがあります。メディアの露出など、注文が殺到する事態が起きた場合の対等法やルールを明確化していなかったため、不測事態に対応が遅れてしまいました。その反省からメディアへの露出情報は誰がキャッチしても全社員に同報メールを流すよう、ルールと仕組みを提案して、実施するようにしました」
【回答例】
「上司に失敗をとがめられ、つい言い訳をしてしまうことがありました。上司には『自分でトラブルを処理しなければ成長できない』と突き放されることもありました。それからはトラブルを報告する時は、自分で考えた解決策も併せて報告するようになりました」
※面接の想定質問は以下のページで紹介しています。
【面接質問集】転職面接で聞かれる53の質問と回答例一覧まとめ
ここでは転職面接の質問の例と、その回答例をまとめて紹介します。 各質問の詳しい解説は、解説ページをご覧いただければと思います。 あなた自身に関する質問 今後のキャリアプランについて教えてください ...