面接対策

必ず確認しておきたい転職面接の流れ

更新日:

転職面接
面接は言うまでもなく、転職活動における最大の山場です。

社会人であれば誰もが一度は面接を経験したことがあるとは思いますが、今一度面接の流れ、各フェーズにおける注意点などを確認しておきましょう。

転職面接の流れ

面接の流れは大方、以下のようになります。

  • 軽い雑談
  • 事実の確認
  • 基本的な質問
  • 具体的な質問
  • 質疑応答

軽い雑談

面接官によっては軽い雑談を全くしない場合もありますが、大方、まずは軽い雑談から始まります。

面接官の意図としては、相手が話しやすい雰囲気を作るための場なのですが、だからといって気を抜きすぎないように注意しましょう。

ここは第一印象を決める場でもあります。

フランクな話し方になり、ビジネスマンとしての言葉遣いを忘れてはいけません。

あくまでもマナーや言葉遣いなどに気を使いつつ、明るく話すようにしましょう。

事実の確認

「名前」「生年月日」「学歴」「職歴」の確認を行います。

ここはあくまで事実の確認です。具体的な仕事内容などは次の「基本的な質問」で話します。

基本的な質問

「現職やそれ以前ではどのような業務を担当していましたか?」
「なぜ転職を考えたのですか?」
「志望動機を教えてください」

といったような、職務経歴、転職理由、志望動機などを詳しく話していきます。

またここで面接官は、話し口調や姿勢など、社会人としての基本的なマナーや人柄をチェックしています。

具体的な質問

「当社ではどのような仕事がしたのですか?」
「勤務する上で希望はありますか?」

基本的な質問の中で、面接官が関心を持った内容についての質問があります。

上記の他にも

「苦労したことはどんなことですか?」
「仕事の進め方などを教えてください」

といったような質問されます。

転職理由や志望動機ももちろん見ていますが、頭の回転の速さ、気返しのうまさといったことを重視されます。

質疑応答

最後に必ず聞かれる「何か質問はありますか?」という質問です。

ここで質問しないと、入社意欲がないと思われる可能性があるので、必ず質問をするようにしましょう。

また応募している業務に関係のないことや、残業時間、休日日数についての質問などはできれば避けたいところです。

否定されることに備えておく

面接は基本的に否定されるものだと覚悟しておきましょう。

転職理由を否定されたとしても、誠実に相手の言葉を受け止め、それに対して自分の考えを回答していけば問題にないでしょう。

また、面接対策を完璧にするなら、転職エージェントを利用して、プロのキャリアアドバイザーに面接のアドバイスをもらいましょう。

アピールポイントが伝わりやすい自己PRになっているか、面接官が納得できる転職理由、志望動機になっているかなど、様々なアドバイスをしてくれます。

その他にも履歴書、職務経歴書の添削や企業とのスケジュール調整を行ってくれるので、一人で転職活動を進めるより、格段に転職活動が楽になります。

転職エージェントの中でも、 マイナビAGENT は、20代~30代の転職支援に強みをもち、求人も豊富で、一通りの転職サポートも受けられるので、おすすめです。

また、以下のページでは、転職エージェント22社の特徴をまとめていますので、是非、ご覧ください。
【保存版】転職エージェント全22社の特徴をまとめて紹介!

よく読まれている記事

転職活動に挑む 1

今、転職するとしたら、 どれくらいの年収で転職できるのか? どんな企業に転職できるのか? 自分を欲しいと言ってくれる企業はあるのか? 転職を考えている人も、まだまだ転職は考えていない人であっても、転職 ...

便利な転職サイト 2

転職サイトの中には 大手の転職サイトでは閲覧できない求人が掲載されているサイト 他にはない貴重な情報を閲覧できるサイト 転職活動が劇的に楽になるサイト など色々なものがあります。 ここでは知名度は低い ...

3

転職エージェントは履歴書・職務経歴書の添削、求人紹介、面接対策などあらゆる転職サポートを受けることができるので、絶対に利用するべきです。 また、転職エージェントごとに強み、特徴が異なります。「転職エー ...

4

転職マニュアル本といっても、 転職活動のすべてを網羅したもの 面接に特化したもの 自己啓発本に近いもの など様々タイプがあります。 ここでは数ある転職本の中から12冊を厳選し、タイプ別にまとめて紹介し ...

-面接対策

Copyright© 失敗しない転職ノウハウを公開!転職ノウハウ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.