【会社の不正に我慢できず転職】退職・転職理由を伝える時の注意点3つ

転職面接 質問と回答
「会社の不正に我慢できない!」という理由で転職を決意する方もいると思います。

その場合、面接では転職・退職を正直に話しても問題ないのでしょうか?

どんな伝え方をするべきなのでしょうか?

退職・転職理由を伝える時の注意点を3つ紹介します。

スポンサーリンク

「不正」という単語は使わない

「不正に耐えられなくて転職する」という場合、退職理由ではそのことを話すことになります。

しかし、「不正」という直接的な表現は避けた方がいいです。

なぜなら「不正」という言葉は、会社で働く人、特に経営者にとっては衝撃的な単語です。

その単語を軽々と他の会社にしゃべってしまうのですから、採用側としても「この人は信用していいのか?」「守秘義務を守れる人なのか?」などと考えてしまいます。

そのため「不正」という単語を使わないで退職理由を述べるようにするべきです。

守秘義務に反しない程度に具体的に

「○○という商品は実は××で……」などあまりに具体的すぎて、守秘義務に反した発言をするのは避ける必要があります。

「入社したらうちのことも外でベラベラしゃべってしまうのではないか?」などとネガティブな評価を受けてしまいます。

退職理由を語る時は、「不正」という単語を使わないことももちろんですが、守秘義務に反さないように注意しなければいけません。

たとえば「モラルに反する業務が多く」「社会人として許容範囲を超える業務が横行していたため」といった言い回しが無難です。

「自分にも責任がある」という流れで話す

会社が不正を働いていたのですから悪いのは会社です。自分に落ち度はありません。

しかし、面接で「自分は悪くない、あの会社が完全に悪い」などと会社を悪の者にするのも印象が良くありません。

そうではなく、「自分にも至らない点があった」「誤りを指摘するべきだった」など自分にも責任がある、という趣旨に発言を入れておくようにしましょう。

これだけで謙虚さや、主体性をアピールできるので、だいぶ印象も良くなります。

回答例

今の会社は、自社が手掛けたWEBサイトの優位性を上げるために、あの手この手でライバル会社のWEBサイトの検索順位を落とすことが常態化しています。

質の高いWEBサイトを作るよりも、ライバルサイトを下げる方が楽でコストもかからないので、数年前から徐々に始まったことなのですが、そんなことをしても会社のためにならないということを私が指摘し、食い止めるべきだったと後悔しています。

会社の指示とはいえ、会社の仕事の進め方に従わざるを得ない状況に我慢できず、転職を決意しました。

※面接の想定質問は以下のページで紹介しています。
【面接質問集】転職面接で聞かれる50の質問例まとめ
ここでは、転職面接で聞かれる可能性がある質問の例を50個紹介します。 各質問の答え方や回答例は、本ページで紹介している別ページで解説しているので、そちらも参考にしていただければと思います。 面接序盤に聞かれる雑談...
※面接でブラック企業を見抜く方法はこちら。
面接でブラック企業を見抜くために注目したい6つのポイント
面接はブラック企業を見抜くための絶好の場です。 なぜなら社員と顔を合わせることができ、さらにオフィスを見学できる機会でもあるからです。 ここでは、面接でブラック企業を見抜くために注目したい6つのポイントを紹介します。 ...

面接の雰囲気、質問内容がわかる便利サイトとは?

面接対策にとても役立つサイトがあります。 それが「転職会議」。このサイトでは、なんと、面接の雰囲気や質問内容がわかります。
転職会議 面接の口コミ 転職会議は実際に働いていた社員による企業の口コミが投稿されたサイトなのですが、仕事や職場の雰囲気に関する口コミだけでなく、面接に関する口コミも投稿されているのです。

面接対策にはもちろんのこと、企業研究にも役立つので、必ず目を通しておくべきです。

※サイト:転職会議

面接対策をするなら転職エージェントを使ったほうがいい

知っていますか?
転職エージェントというサービスを使うと、プロのキャリアアドバイザーが無料で面接対策をしてくれることを。

たとえば、模擬面接をしてくれたり、自己PRや面接マナーを教えてくれたり、本やネットの情報よりも、かなり質の高い面接対策ができるのです。

とくに「doda」「パソナキャリア」は面接対策の質が高いのでおすすめです。他にも転職エージェントはたくさんあります。以下のページで紹介しているので、参考いただければと思います。
【特徴ごとに分類】20代におすすめの転職エージェント12選
ここでは20代の方におすすめの転職エージェントを特徴別に紹介します。20代が使うべき転職エージェントが一発でわかるよう、キャリアチェンジしたい方、第二新卒の方、転職でキャリアアップしたい方など、それぞれにおすすめのエージェントを紹介しています。