「今後の業界の見通しについてどうお考えですか?」と面接で質問された時の答え方と回答例

転職面接 質問と回答
「今後の業界の見通しについてどうお考えですか?」

といったように、企業ではなく業界について質問されることがあります。

この質問は、応募者が業界について勉強しているかどうかを探るためになされるものです。

「あまり詳しくはわかりません」は当然NG。また、「世間では○○といわれているようです」といった浅い回答のNGです。

では、どのように答えればいいのでしょうか。

答え方のポイント

業界に対する自分の意見を率直に語る

ここでは自分が調査、研究して考えた、自分の意見を率直に語りましょう。

「偉そうに業界の見通しなんて語ってもいいのか?」「率直に回答したら、自己主張が強すぎると思われないか?」という不安もあるかもしれませんが、物怖じする必要はありません。

自身が調査した客観的事実にもとづく意見であれば、印象が悪くなることはありません。

自分の意見がない回答はNG

自分の意見がまったくない、論文的な回答、新聞やネットニュースの記事をそのまま読んだような回答は避けるべきです。

たとえば、以下のような。

「ゼロ金利政策により、ローンを組む人が増加することが予想されており、この業界は今後、活気を増すと言われております」

これは、新聞やニュースの意見をただ述べているだけの回答です。

自分の意見がない回答をしても、面接官は納得してくれません。

やはり、自身が調査した業界の見通しについて、自分の意見を語ることが大切です。

「わかりません」はNG

前述しましたが、「まだこの業界については知識が浅いので、よくわかりません」といったような回答はNGです。

業界研究が不十分であることをアピールしているようなものです。

面接官は「この業界で働きたいなら、当然、業界についても勉強しているよね」という姿勢でいます。

業界研究ができていなければ、「志望意欲がない」と受け取られます。

業界についての知識がない場合でも自信をもって自分なりの意見を語りましょう。「わかりません」と回答するよりは印象がいいです。

回答例

少子化が進み、5年後には、国内生産規模が3分の2になるため、更に国内での競争が激しくなることは間違いありません。

そのため今から、海外企業も交えた、吸収や合併などで企業の体力を増強する必要があると思います。

また、日本の高品質な製品を評価してくれる中国やインドといった新興国にも目を向けていくことが成長の鍵になると思います。

※面接の想定質問は以下のページで紹介しています。
【面接質問集】転職面接で聞かれる53の質問と回答例一覧まとめ
ここでは転職面接の質問の例と、その回答例をまとめて紹介します。 各質問の詳しい解説は、解説ページをご覧いただければと思います。 あなた自身に関する質問 今後のキャリアプランについて教えてください ...