「意に反する業務命令をされたとき、あなたはどうしますか?」面接質問の答え方・回答例

転職面接 質問と回答

「自分の意見とそぐわない業務命令をされたらどうしますか?」

つまり、「やりたくない仕事をやれと言われたとき、どうするのか?」を問う質問です。

面接官はこの質問によって、応募者がどういった対応を取るのかを伺うことで、

「自己主張が極端に強い人なのか?」
「何でも従うイエスマンなのか?」
「両者のバランスがとれた人なのか?」

これを判断することで、自社にふさわしい人材かを見極めるのです。

スポンサーリンク

答え方のポイント

「従いません」はNG

「従いません」と答えてしまうと、「自己主張が強すぎる人」「気に入らない仕事はやらない人」だと思われてしまいます。

会社で働く以上、納得がいかない業務であってもこなすことが求められます。また会社側もそういった前提で社員に業務命令を下します。

そのため、「自分の意見とそぐわない業務命令をされたらどうしますか?」と聞かれて「従いません」と回答してしまっては、当然、面接官は採用を躊躇するでしょう。

「何でも従います」はNG

逆に、「上司の命令には何でも従います」と答えるのも印象が良くありません。

企業が求めているのは、自発的な人です。例えば、会社の利益のために、自分の意見を言ったり、会社のためになることは自発的に取り組んだりするような人です。

「何でも従います」と回答するということは、「受動的な人」「自分の考えがまったくない人」と主張しているようなものです。

両者のバランスがとれた回答をする

大切なのは、自己主張の強さと、従順さのバランスです。

最終的には業務命令に従うが、自分の意見を言う余地があるなら、率直に伝える、といったような回答がベターです。

例えば、急を要することであれば何も言わずに従うが、余裕があるなら自分の意見を念のために伝え、その上で上司の意見を伺う、といった回答です。

回答例

業務命令の内容や、状況に応じて対応を変えます。

例えば、私がとやかく言うレベルではない業務命令や、急を要する業務命令であればきちんと従います。

しかし私の考えを伝える余地があるのであれば、しかるべき手順を踏んで、率直に自分の意見を伝えます。

※面接の想定質問は以下のページで紹介しています。
【要保存】転職面接で聞かれる53の質問例と各質問の回答ポイント
面接ではどんな質問を受けるのか? 質問にはどんな意図が隠されているのか? 面接の不安は絶えないもの。少しでも不安を減らすために、ここでは転職面接の想定質問と質問の意図、回答のポイントをまとめて紹介します。 あなた自身に...