「当社の課題は何だと思いますか?」と面接で質問された時の答え方と回答例

転職面接 質問と回答

「弊社の課題は何だと思いますか?」これは定番質問の1つです。

どんな企業でも課題を抱えているものなので、委縮せず、率直に課題だと感じていることを回答しましょう。

採用側も応募者目線での意見を聞きたいと思っています。

しかし、感じたことを何でも話してもいいというわけではりません。

答え方のポイント

企業の誹謗中傷はNG

まず、単なる誹謗中傷を言ってはいけません。また、ネット掲示板や口コミサイトで得た情報をもとに、「労働時間を減らすべき」「成果主義にするべき」といった回答をしても印象が悪くなるだけです。

「情報収集の仕方が甘い」「自社で働くイメージができていない」と判断されます。

「課題はありません」はNG

「御社は非の打ち所がないほど、素晴らしい企業ですので、課題は見つかりません」
「現在、課題は見つかりませんでしたが、入社見つけて、改善に努めていきます」

といったように「課題はない」と答えるのはNGです。

採用側は、「入社意欲があるなら、企業研究をして課題の一つや二つ見つけるのは当然だ」という姿勢でいます。

ここで、「ない」と答えてしまっては印象が悪くなるだけです。事前に応募企業の課題を調べておきましょう。

当事者意識をもっていることが伝わる回答をする

面接官は、自社の課題を聞くことで、社員の一因になるイメージを持てているか、つまり、当事者意識を持っているかを判断します。

そのため、評論家的な一歩引いた目線で見た課題を話したり、解決策が見えないような課題を話しても、面接官には響きません。

当事者意識をアピールするためには、

「課題を解決するとどのような結果が得られるのか?」
「どうすればその課題を解決できるのか?」

といったレベルまで具体的に回答するようにしましょう。

そのためには、転職エージェントから情報収集を行う、IR情報を利用するなどしてしっかりと企業研究をしておく必要があります。

回答例

御社の事業拡大スピードが早すぎて、人材追いついていない点が課題かと思います。

入れ替わりが激しいと社内に有益なノウハウが蓄積されませんし、優秀な人材を他から採用するというのでは、やはり組織体はうまくいかないと思います。

この点を改善することができれば、今まで以上に成長できると思っております。

※面接の想定質問は以下のページで紹介しています。
【面接質問集】転職面接で聞かれる53の質問と回答例一覧まとめ
ここでは転職面接の質問の例と、その回答例をまとめて紹介します。 各質問の詳しい解説は、解説ページをご覧いただければと思います。 あなた自身に関する質問 今後のキャリアプランについて教えてください ...