職場の人間関係を理由に退職・転職をする場合、面接ではどう伝えるべきか?

人間関係が嫌
「上司と合わない」「同僚と合わない」など“職場の人間関係”を理由に退職を決意し、転職活動している人もいるでしょう。

では、職場の人間関係が上手くいかないことを理由に転職をしている場合、面接では

「どのように退職・転職理由を伝えるべきなのか?」
「そもそも人間関係が理由で退職・転職することを正直に伝えるべきなのでしょうか?」

ここではその疑問についてとベストな答え方について解説していきます。

スポンサーリンク

人間関係が理由であることは言わない

転職理由を伏せる
職場の人間関係を理由に転職活動をしていたとしても、面接ではそのことを言うべきではありません。

「前の職場の人間関係は最悪でした」なんて答えようものなら「この人は入社しても、同僚や上司と上手くいかなくて退職してしまうだろう」と判断され、採用されることはないでしょう。

どの職場にもある程度、人間関係のトラブルが存在することは、採用担当者も理解しています。

しかし、だからといって前の会社の上司・同僚に対する“悪口”と受け取られる発言は絶対にしてはいけません。

いくら自分の正当性を説明しても、同じような問題が起こる可能性を心配され、敬遠されるだけです。

人間関係以外の退職・転職理由を伝える

ポジティブに変える
人間関係を理由に転職活動をしている場合は、人間関係の問題には触れず、キャリアアップやキャリアチェンジなど、仕事に関わる転職理由に置き換えるようにしましょう。

「以前からやりたかった仕事に挑戦したいので転職に踏み切りました」
「これまで学んだスキルを利用してステップアップしたいので転職を考えました」
「販売する商品に、一層の関心をもつことができる企業で業務に専念したいと考えて退職しました」

応募先に業務内容や、扱っている商品、その企業で入社したら実現できること、生かせるスキルなどを今一度ピックアップし、それを絡めた転職理由を考えるようにしましょう。

前職の人間関係について質問された場合の回答例

転職理由を説明する
人間関係の問題について触れなくても、面接では前職の人間関係はどうだったのか、質問される場合があります。

人間関係のトラブルはどの職場においても起こることなので、その質問をすることによって「応募者が人間関係のトラブルにどのように対処したのか」を知ろうとするのです。

上司や同僚の悪口を言うのは当然NGですが、「人間関係は良好で、特にトラブルはありませんでした」と無難な回答をするのもおすすめできません。

前職での人間関係について、自分から言及していないにもかかわらず、人間関係について質問された時は、自己PRのチャンスであり、答え方によってはあなたの評価をアップすることができます。

人間関係のトラブルを解決するためにどんなことをしたのか

人間関係に関する質問をされた時は

「合わない人とどのように合わせたのか」
「どのように合わせる努力をしたのか」

を具体的に示すことが重要です。

つまり人間関係のトラブルを改善するために何をしたのかをしっかりと伝える必要があるのです。

回答例

「上司とは意見が食い違う時もありましたが、その場合でもお互いが理解できるまで、相談し、納得して仕事をすることができました」

「部下が何を考えているのかを聞き出すために、こちらからランチに誘い、一対一で話を聞くように心がけていました。そのような席では個人的な相談を受けることもあり、よい関係を築けていたいと思います」

上記のように、自分がどのように対処したかを示し、上司や同僚、部下と日常の業務やその他のシーンでそのように接してきたかを具体的に説明しましょう。

良好な人間関係を築ける人材は評価される

転職活動では、スキルや経験が何よりも重視されます。

しかし「一緒に働きたいと思える人材であるかどうか」を見極める上で、職場内で良好な人間関係を築けることも大きな評価ポイントとなります。

人間関係に対するトラブルを抱えていたのであれば、それを解決するために何かしらの努力はしてきたはずです。

そしてあなたが行ってきた努力を、上手く伝えれば、マイナスになるどころか、プラスの評価を得られるのです。

面接で前職の人間関係について聞かれた時は、あなたの取ってきた行動を上手くアピールできるようにしっかりと準備しておきましょう。

転職エージェントを使えばプロからアドバイスがもらえる

またもし、転職理由や自己PRが内容が思いつかない場合は、一度「転職エージェント」に相談してみることをおすすめします。

転職エージェントでは、プロのキャリアアドバイザーが転職に関する悩みや不安の相談に乗ってくれるだけでなく、履歴書・職務経歴書、自己PR、志望動機、転職理由に関するアドバイスもくれます。

※転職エージェントまとめはこちら

※参考ページ:20代に強い転職エージェントおすすめ5選

※参考ページ:【保存版】転職エージェント全22社の特徴を一覧でまとめて紹介