質問と答え方 面接対策

「もし不採用だったらどうしますか?」と面接で質問された時の注意点と回答例

更新日:

転職面接 質問と回答
「もし不採用だったらどうしますか?」

まれにこのような不採用をほのめかすような質問をされることがあります。

ここでは、この質問をする面接官の意図と回答する際の注意点、回答の仕方について解説します。

動揺したり、イラッとして下手な回答をしたりしないように注意しましょう。

面接官が確かめたいのは「入社意欲」

面接官の質問

「もし不採用だったらどうしますか?」

面接官がこの質問をするのは、応募者の入社意欲や志望動機を確かめるためです。

転職活動では複数の企業に応募することが一般的で、なかには内定を得て給与や待遇条件が出そろった上で、現職を含めて最終的な判断を行う人もいます。

面接官としては、最後の最後になって入社を辞退されるのは避けたいことです。

入社意欲を確かめるために「もし不採用だったらどうしますか?」といった回りくどい質問をするのです。

回答の注意点

このような質問で注意したいのは、対応によって人間力を測られてしまうことです。

たとえば「不採用という意味ですか?」と抗議口調で聞き返せば、悪い印象を与えてしまいます。

また当然、「採用してください」と懇願するのも論外です。

その他「残念ですが、ご縁がなかったということで、気持ちを切り替え転職活動を続けます」といった回答もやってはいけません。

入社意欲が希薄なだけでなく、短絡的な思考の人だと判断されてしまいます。

粘り強く入社意欲を伝える

入社意欲を伝える
面接に臨む際には、それが第二志望であっても「絶対に入社する」という気持ちを持つことが大切です。

どんな質問をされようとも、ブレずに、最後まで粘り強く入社意欲を伝えるようにしましょう。

回答例

御社に入社したい意欲はとても強く、今は不採用になった後のことを考える余地はありません。

伝えきれていないことは多いと思いますが、熱意は分かっていただけたと信じ、後は御社の判断にお任せします。

さいごに:なかなか面接に通過しないという方へ

「なかなか面接に通過しない」という場合は、間違った面接対策をしてしまっている場合も。

間違ったアピールをしていたり、自分では気づいていない話す時の悪いクセが原因で、不採用になっている可能性があるのです。

万全の対策をするなら転職エージェントを活用して、キャリアアドバイザーからアドバイスをもらうべき。

パソナキャリア 」、「 マイナビAGENT 」などの転職エージェントでは、面接での基本マナー、しゃべり方、志望動機や自己PRに関して、プロのキャリアアドバイザーからアドバイスをもらえます。さらに企業に推薦してくれたりするので、面接通過率がグッと上がります。

※転職エージェントを探すならこちらを参照

人の役に立つ仕事
【厳選】20代で転職するなら絶対に利用したい転職エージェントおすすめ5社

20代の転職サポートに強く、20代を対象とした求人が豊富にある転職エージェントを厳選して5社紹介します。 転職エージェントは非公開求人を紹介してくれたり、履歴書・職務経歴書の添削をしてくれたりと、さま ...

続きを見る

転職を成功に導く重要まとめ

便利な転職サイト 1

転職サイトの中には 大手の転職サイトでは閲覧できない求人が掲載されているサイト 他にはない貴重な情報を閲覧できるサイト 転職活動が劇的に楽になるサイト など色々なものがあります。 ここでは知名度は低い ...

2

転職活動を始める際、最初に行うことといえば転職エージェントに登録することです。 しかし、転職エージェントは大小様々なものがあり、正直どれがいいのかわからない、という人もいるでしょう。 転職ノウハウサイ ...

3

転職エージェントは履歴書・職務経歴書の添削、求人紹介、面接対策などあらゆる転職サポートを受けることができるので、絶対に利用するべきです。 また、転職エージェントごとに強み、特徴が異なります。「転職エー ...

4

転職マニュアル本といっても、 転職活動のすべてを網羅したもの 面接に特化したもの 自己啓発本に近いもの など様々タイプがあります。 ここでは数ある転職本の中から12冊を厳選し、タイプ別にまとめて紹介し ...

-質問と答え方, 面接対策

Copyright© 失敗しない転職ノウハウを公開!転職ノウハウ.com , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.