「もし不採用だったらどうしますか?」面接質問の答え方・回答例

転職面接 質問と回答
「もし不採用だったらどうしますか?」

圧迫面接の意味もあるこの質問ですが、どのように答えるのがいいのでしょうか。

質問の意図や答え方、回答例を解説します。

スポンサーリンク

質問の意図

面接官がたしかめたいのは「入社意欲」

面接官がこの質問をするのは、応募者の入社意欲や志望度の高さをたしかめるためです。

転職活動では複数の企業に応募することが一般的で、なかには内定を得て給与や待遇条件が出そろった上で、現職を含めて最終的な判断を行う人もいます。

面接官としては、最後の最後になって入社を辞退されるのは避けたいので、「もし不採用だったらどうしますか?」という回りくどい質問をするのです。

答え方のポイント

このような質問で注意したいのは、対応によって人間力を測られてしまうことです。

たとえば「私は不採用ですか?」と抗議口調で聞き返せば、悪い印象を与えてしまいます。

また当然、「採用してください」と懇願するのも論外です。

その他「残念ですが、ご縁がなかったということで、気持ちを切り替え転職活動を続けます」といった回答も、入社意欲が希薄なだけでなく、短絡的な思考の人だと判断されてしまいます。

粘り強く入社意欲を伝える

入社意欲を伝える
面接に臨む際には、それが第二志望であっても「絶対に入社する」という気持ちを持つことが大切です。

どんな質問をされようとも、ブレずに、最後まで粘り強く、入社意欲を伝えるようにしましょう。

回答例

御社に入社したい意欲はとても強いため、不採用になったらという場合を想定するのは正直ツライです。伝えきれていないことは多いと思いますが、熱意は分かっていただけたと信じ、後は御社の判断にお任せします。

不採用となったならば、その通知を受け取ったときに、改めて対応方法を考えたいと思います。大変申し訳ございませんが、今はそのような最悪な事態は想定したくないし、想定すべきではない、というのが私の気持ちです。

※面接の想定質問は以下のページで紹介しています。
【要保存】転職面接で聞かれる53の質問例と各質問の回答ポイント
面接ではどんな質問を受けるのか? 質問にはどんな意図が隠されているのか? 面接の不安は絶えないもの。少しでも不安を減らすために、ここでは転職面接の想定質問と質問の意図、回答のポイントをまとめて紹介します。 あなた自身に...