「上司と意見が合わない時、どうしますか?」と質問された時の回答のポイントと回答例

転職面接 質問と回答
会社という組織で働くためには、その会社のルール、ビジネスでは常識とされているルールに従う必要があります。

若手社員が守るべきルールの一つが上司の指示に従うことです。

例え上司の指示・意見に納得できなくても、自分のやり方にそぐわなくても、不平・不満をもらさず素直に受け入れることが求められます。

「上司と意見が合わない時、どうしますか?」という質問は、応募者にそういった姿勢があるかどうか確かめるためのものです。

スポンサーリンク

回答のポイント

「上司の言うことは何でも聞きます」という回答はNG

この質問では、上司と意見が合わなくても、不平・不満をもらさず素直に受け入れる姿勢があるかどうかが見られています。

しかし、「上司の意見であれば何でも従います」というイエスマンになるのもNGです。

会社が求めているのは指示を待つだけの人ではなく、自分で考えて行動できる人です。

「何でも従います」といった回答をしてしまうと、「自分では何も考えず、ただ上司の指示に従って仕事をこなすような人」と判断されます。

「自分の意見を主張します」という回答はNG

前述しましたが、面接官は上司の意見を素直に受け入れる姿勢があるかどうかを見ています。

そのため「意見が合わない時は、自分の意見をはっきり主張します」と言い切ってしまうと、印象がよくありません。

「扱いにくそうな人」「素直さのない人」と採用担当者に思われ、採用からは遠ざかります。

意見を受け入れる姿勢と自分の意見を伝える姿勢をアピール

上司の意見を受け入れる姿勢があることと、自分の意見をしっかり言う姿勢があることの両方を伝えるのがベストな回答です。

例えば、
「まずは受け入れ、自分の中に落とし込みます。それでもやはり納得できない時は、自分の意見を率直に伝え、上司と話し合うようにしています」
といったように回答すると、異なる意見を受け入れる素直さがあることと、単なるイエスマンではないことをアピールできます。

回答例

上司と意見が食い違った時であっても、まず上司の意見をしっかりと聞き入れるようにし、その趣旨を理解するようにします。

一度、自分の中に落とし込むことで、実は自分の意見とさほど変わらないことに気付けたり、根底では同じ意見であることに気付けたりすることがあります。

それでもやはり納得できない時は、私の意見との違いについて誠意を持ってきちんと伝えます。

陰で不平、不満を言うのではなく、同じ会社の一員として正々堂々と意見を伝えることの方が大切だと考えています。

前職でも、商品のプロモーションについて上司と意見が食い違ったことがありましたが、提案ベースで私の意見を伝え、詳細なレポートや過去のデータなどを用いて交渉しました。

その結果、上司に私の提案を一部、取り入れて頂きました。

※面接の想定質問は以下のページで紹介しています。
【要保存】転職面接で聞かれる53の質問例と各質問の回答ポイント
面接ではどんな質問を受けるのか? 質問にはどんな意図が隠されているのか? 面接の不安は絶えないもの。少しでも不安を減らすために、ここでは転職面接の想定質問と質問の意図、回答のポイントをまとめて紹介します。 性格・価...

面接対策に使える転職サービス

■企業の口コミサイト

キャリコネでは過去に、実際に面接を受けた人が投稿した、面接情報を閲覧できます。たとえば実際に聞かれた質問や面接の雰囲気、面接官の様子などの情報があります。

他にも、企業の雰囲気、社内の雰囲気、残業や仕事に関する口コミもあり、他では得られない貴重な情報が豊富です。

※参考: キャリコネ

■転職エージェント

転職エージェントはプロのキャリアアドバイザーから面接のアドバイスをもらえるサービスです。

低スペック、資格なし、第二新卒などの方でも、誰でも利用可能です。転職エージェントでは、場合によっては模擬面接や聞かれる質問を教えてくれるので、面接対策にかなり役立ちます。

とくに「 パソナキャリア 」、「ウズキャリ」、「 マイナビAGENT 」などの転職エージェントは面接対策が充実しています。

※参考:【保存版】転職エージェント全22社の特徴を一覧でまとめて紹介

■面接対策セミナー

受講者満足度97%。リクルートエージェントが開催する面接対策セミナーに参加すると、企業が求める人物像の理解や、転職理由、自己PRの作り方を学べます。

※参考: 面接力向上セミナー