転職活動中に職場で絶対にやってはいけない【3つのNG行為】

会社PCで転職活動

退職せず、仕事を続けながら転職活動をする場合、仕事中の言動には注意する必要があります。

とくにやってはいけないのは以下の3つの行為です。

■転職活動に職場でやってはいけない3つのNG行動

  1. 上司・同僚には転職活動中であることを話してしまう
  2. 会社のPCで転職活動をしてしまう
  3. どこに転職するか、企業名を社内の人に教えてしまう
スポンサーリンク

NG行為1:上司・同僚には転職活動中であることを話してしまう

機密事項を漏らさない

上司や同僚に転職活動中であることを絶対に話さないようにしましょう。

まず上司に知られてしまうと、「会社を辞める人間」「裏切者」と判断されて、業務に支障がでる場合があります。

仕事を邪魔されたり、逆にまったく仕事をさせてもらえず邪魔者扱いされたりすることも。

また万一、転職活動がうまくいかず「現職を続ける」という選択をした場合でも、「一度会社を辞めようとした人間は裏切者」と捉える上司もいます。

そういった面倒な上司だと、昇進に影響したり、仕事を任せてもらえなかったり、転職活動前と同じように扱ってもらえない場合もあるのです。

いずれにせよ転職活動のことは伏せておくに越したことはありません。

同僚や先輩、信頼できる人間にも転職活動のことは言わない

上司だけでなく、同僚や先輩にも転職活動のことは内緒にしておくべきです。いらく信頼できる人であってもです。

なぜなら、職場の誰かに伝えると、上司に伝わる可能性が出てきてしまうから。

たとえば上司とのみに行った時、外回りで一緒になったときなど、口が滑ってあなたの転職のことをしゃべってしまう可能性があります。

上司に転職活動のことを伝えれば、業務に支障がでて、転職活動にも影響がでます。

いくら信頼できる同僚・先輩でも100%はありません。可能性があることは事前にさけるべきです。

転職活動や仕事の相談は社外の人にする

「仕事を辞めようか悩んでいる」「転職しようか悩んでいる」などの相談は、社外の人にするようにしましょう。

たとえば、別の会社の友人や家族。

身近に相談できる人がいないなら、転職エージェントを利用してキャリアドバイザーに相談する、もしくは有料のキャリアカウンセリングサービスを利用するなど。

転職エージェントであれば、無料で様々な相談に乗ってくれます。転職活動をする場合は、転職のサポートもしてくれます。

転職エージェントを使う7つのメリット・4つのデメリット全解説
転職について調べたときに必ずといっていいほど目にする転職エージェント。 そのサービス内容は何となくわかっていても、使うメリットやデメリットがよくわからず、利用をためらっている方もいると思います。 そこでここでは、転職エージェ...

ただし転職エージェントは、転職するように無理やりすすめてくるキャリアドバイザーも一部には存在しており、まともなアドバイスをもらえない場合も。

中立な立場からアドバイスをもらいたいな有料のキャリアカウンセリングサービスもおすすめです。

転職エージェントは転職させないともうからないビジネスであるため、転職を無理にすすめられる場合があります。

しかし、有料のキャリアカウンターサービスは、カウンセリングを有料にしています。そのため無理に転職をすすめる必要がなく、フラットな意見をもらうことができます。

NG行為2:会社のPCで転職活動をしてしまう

会社のPCで転職活動

会社のPCで転職活動をするのはNGです。

転職サイトや転職関係の情報サイトを閲覧するのもNGです。

なぜなら会社のPCはすべて監視されているから。

会社のPCは監視されている

コンプライアンスの観点から最近の企業は、かなり厳しく業務用PCを監視しています。

誰がどこに企業の誰にメールを送ったのか?
どんなWEBサイトを閲覧したのか?
どんなファイルを作成したのか?

といったWEBサイトの閲覧履歴やメールの送受信履歴などは簡単に監視できます。

会社のWi-Fiを使った転職活動もNG

自分のスマートフォン・PCであっても、会社のWi-Fiを使っている場合、転職活動は絶対にNGです。

会社のWi-Fi、つまり会社のネットワークを使ってしまうと、サイトの閲覧履歴や送信したメール、ファイルなどはチェック対象となってしまいます。

業務中に、業務に関係のないサイトを見ていることをすら問題であるのに、転職活動中であることもバレてしまうのは非常に面倒です。

評価が下がってしまう恐れがあります。

  • 会社のPCを使って転職活動をしない
  • 会社のWi-Fiを使って転職活動をしない

この2点は厳守です。

NG行為3:どこに転職するか、企業名を社内の人に教えてしまう

転職活動中の振る舞い

どこに企業に転職するのか、その企業名は伏せておくようにしましょう。

というのも、企業名を教えてしまうと、転職先にあなたについて、ありもしない噂を吹き込まれる危険性があるからです。

たとえば、同業他社に転職する場合、転職先企業の誰かと上司が知り合いである可能性は十分にあります。

ありもしないあなたのネガティブな噂を広げられ、内定を取り消さたり、転職先で不利な扱いを受けてしまったりする危険性があるのです。

余計な不利益を避けるためも、転職先企業は絶対に社内の人にしゃべらないようにしましょう。退職日当日でも。