「自分なりに続けていること、励んでいることはありますか?」と面接で聞かれた時の回答のポイント・回答例

転職面接 質問と回答

「自分なりに続けていることはありますか?」
「現在、打ち込んでいることはありますか?」

このような質問をきかれるのは、以下のことをたしかめるのが目的です。

  • 応募者が向上心のある人間か?
  • 自主的な行動意欲を持っている人間か?
  • 次の仕事対する準備をしているか?

上記の質問の意図は踏まえて、回答のポイントと回答例を解説します。

スポンサーリンク

仕事に関連した自己啓発を述べるがベスト

この質問への回答は、「仕事に関連した自己啓発をしている」ことを答えるのがベストです。

例えば、WEBマーケティングの企業に応募するのであれば、

「自分でブログを作成し、どのような文章が読まれやすいのか、どのようなレイアウトが見やすいのかを日々研究しています。」

といったように仕事にも流用できるスキルや知識を独学で身につけるために励んでいることを示しましょう。

その他、応募先企業に関連することで、何かしら続けていること、勉強していることがあれば、それを話すのがベストです。

趣味の勉強、スポーツなどでもOK

仕事に関連する自己啓発で、答えられるようなものがなければ、スポーツのことや、趣味の勉強、けいこごとでもいいでしょう。

例えば、「ここ5年間、毎日朝、ジョギングを続けています」と答えれば、「根気があります」と主張するよりも説得力のある自己PRができます。

また、仕事に結びつけたエピソードを加えて、答えるとさらに印象が良くなります。

例えば、

「ここ5年間、毎日朝、ジョギングを続けています。ジョギングのおかげで健康になり、社会人になってから無欠勤です」

といったように、仕事に関連したエピソードを加えられるようにしましょう。

未経験の職種に応募する場合は仕事に関連したことを話す

仕事に直接関係のないことであっても問題ないと述べましたが、未経験の職種に応募する場合は、話が別です。

面接官が未経験の応募者に打ち込んでいることや励んでいることなどを聞く場合は、志望職種に対する熱意、または短期で戦力になる根気があるかを見極るのが目的だからです。

スポーツの話や趣味の話などのような、仕事とは関係のないことを話しても、面接官の印象には残りません。

「業務未経験だけど、早く戦力になれるように自己啓発に励んでいる」ということが面接官に伝わるような話をしなければいけないのです。

勉強中であることを強調する

「入社できたら頑張ります」「これから勉強します」と答えるのはNGです。

即戦力となるために、今まさに勉強に励んでいることをしっかり伝えるようにしましょう。

回答例

はい。WEBコンサルタントを目指すにはSEO、リスティングの知識があると有利だと思い、テキストを購入して独学で勉強している最中です。

また、キーワードの重要性や、選定方法など基本的なところを理解した程度ですが、入社までに一通りの知識は身に着けて、少しでも早く実務に対応できるようになりたいと考えています。

※面接の想定質問は以下のページで紹介しています。
【要保存】転職面接で聞かれる53の質問例と各質問の回答ポイント
面接ではどんな質問を受けるのか? 質問にはどんな意図が隠されているのか? 面接の不安は絶えないもの。少しでも不安を減らすために、ここでは転職面接の想定質問と質問の意図、回答のポイントをまとめて紹介します。 性格・価...

面接対策に使える転職サービス

■企業の口コミサイト

キャリコネでは過去に、実際に面接を受けた人が投稿した、面接情報を閲覧できます。たとえば実際に聞かれた質問や面接の雰囲気、面接官の様子などの情報があります。

他にも、企業の雰囲気、社内の雰囲気、残業や仕事に関する口コミもあり、他では得られない貴重な情報が豊富です。

※参考: キャリコネ

■転職エージェント

転職エージェントはプロのキャリアアドバイザーから面接のアドバイスをもらえるサービスです。

低スペック、資格なし、第二新卒などの方でも、誰でも利用可能です。転職エージェントでは、場合によっては模擬面接や聞かれる質問を教えてくれるので、面接対策にかなり役立ちます。

とくに「 パソナキャリア 」、「ウズキャリ」、「 マイナビAGENT 」などの転職エージェントは面接対策が充実しています。

※参考:【保存版】転職エージェント全22社の特徴を一覧でまとめて紹介

■面接対策セミナー

受講者満足度97%。リクルートエージェントが開催する面接対策セミナーに参加すると、企業が求める人物像の理解や、転職理由、自己PRの作り方を学べます。

※参考: 面接力向上セミナー