転職面接で自己PRをする際に気をつけたい3つのポイント

入社意欲を伝える
面接で必ず必要となる自己PRについて、ここでは面接官が見ているポイントとともに、自己PRをする際のポイントを3つ紹介します。

中途採用の場合は、「自己PRをしてください」とストレートに質問される場合や、「あなたの強みは何ですか?」といった聞かれる場合もあります。

自己PRは、他の応募者との差別化になる部分なので、しっかりと考えてから面接に臨むようにしましょう。

スポンサーリンク

企業視点に立った自己PRをする

転職面接において、面接官が自己PRを尋ねるのは、「あなたを採用するメリットを教えてくれ」という意味です。

つまり、「自分には○○というスキル・経験があり、あなたが望む××ができる」といったように相手を説得する必要があるのです。

冒頭でも紹介したように、自己PRは交渉の場です。

自分を採用するメリットを伝えるためには、当然、相手が求めているものを熟知していなければいけません。具体的には、その企業が求めているスキルや経験、人間性などです。

これらをあらかじめしっかりと研究して、最適な自己PRを組み立てましょう。

知識や経験が企業でどう役立つかを説明する

転職理由を説明する

接客応対や対人折衝、情報の収集・分析、後輩の指導やチームのマネジメントなどは、幅広い業界や業種で役立つスキルです。

携わる業務が異なっていても応募先の仕事に応用できるスキル、経験として評価されます。

しかし、「経験がある」「スキルがある」と単純に説明するのではなく、それがどう応募先企業で役立つのかまで、相手の視点から簡潔に説明することが大切です。

成功体験は、成功の裏にあった工夫や努力を示す

転職先の情報
既に職務経歴書に記載した社内表彰などの実績評価をアピールする場合は、その成功の裏になった工夫や努力を示すようにしましょう。

表彰や数値的な実績は環境や条件に左右される面が少なからずあります。

面接官に「うちに入社しても実力を発揮してくれそうだ」と感じてもらうには、その実績を上げるためにした努力、工夫を示す必要があるのです。

しかし、苦労話や精神論にならないように表現には注意するようにしましょう。

第三者に自己PRを確認してもらう

自分の魅力を最大限アピールできる自己PRになっているかを確認するためには、面接で実際にアピールする内容を第三者に確認してもらうのが効果的です。

また、確認してもらう相手は、友人や家族などよりも、転職活動に精通したキャリアアドバイザーの方がいいでしょう。

そのためには転職エージェントを最低1つでも登録しておき、担当エージェントを相手に、自己PRを聞いてもらいましょう。

たとえば「 マイナビエージェント 」のような転職エージェントを利用すれば、

「伝わりやすい自己PRになっているか」
「失礼な言葉づかいになっていないか」
「適切な表現ができているか」

など、様々な観点からアドバイスをもらえるので、より洗練された自己PRにできます。

※転職エージェントまとめはこちら

※参考ページ:【保存版】転職エージェント全22社の特徴を一覧でまとめて紹介