実力主義の実態と実力主義の企業に転職するなら覚悟しておくべきこと

仕事ができるサラリーマン
「正当な評価を受けていない」
「結果を出しているのに給料が上がらない」

このような不満を抱え、実力主義の企業に転職しようと考えている人もいると思います。

しかし「実力主義とはいったい何なのか?」を知らず、何の覚悟もないまま実力主義の企業に転職すると、「こんなはずではなかった……」と後悔します。

まずはこのページで実力主義について把握するべきです。

スポンサーリンク

実力主義の企業とは?

実力主義の企業

成果だけで評価される

実力主義は「競争が激しい」ことを意味します。

若くても仕事ができれば、昇進、高給を狙えうことも可能です。

一方、仕事ができなければ昇進はありませんし、給料が上がることはありません。

最悪の場合、クビになることもあるのです。

たとえば外資系保険会社の営業では、フルコミッション(完全歩合制)の給与体系を導入している企業があります。

フルコミッションの元では、結果を出し続ければ、一般的な会社員では稼げないほどの給料を稼ぎだすことができますが、結果を出せなければ、給料はゼロです。

上司が年下であることも

実力主義の企業では、上司が年下の場合もあります。

その年下の上司に使われること、理不尽な指示をだされること、命令されることを覚悟しなければいけません。

大企業から実力主義ベンチャー企業への転職で覚悟すべきこと

自発的に動く社員
実力主義を採っている企業としてあげられるのが、創業間もないベンチャー企業です。

ただし大手企業からベンチャー企業に転職を考えているなら、社風の違い、仕事の進め方が大きく違うことを覚悟しなければいけません。

ベンチャー企業は組織が整備されていない

小さなベンチャー企業では若い人が多く、活気もあります。また転職組が大半を占め、自由な社風でフランクな雰囲気です。

逆にいえば急成長した企業は、組織が未整備です。業務マニュアルなんてものは存在しません。

しかも社員は皆、大量の業務があって忙しいので、分からないことがあっても聞けない状況の時が多々あります。

また、ベンチャー企業は新しい事業にどんどん取り組みます。

前例のない取り組みなので社員全員がどう進めればいいのか分からない。何が正解か分からない。

そんな状態で仕事を進めなければいけません。

それでも当然のように結果を求められます。

結果を出せない社員を雇い続ける余裕はベンチャー企業にはありません。結果を出せなければ、より優秀な社員と交代させられるだけです。

ハードワークは当たり前

大企業に比べれば、当然、一人当たりの負荷も大きく、ハードワークを強いられます。

職種の垣根なんて存在しません。営業が事務、経理、人事を並行して行う場合もあります。

手が空いているなら、できる仕事は全てやるのがベンチャー企業なのです。

しかも、組織が未整備なので、残業代、休日手当が出ないことも覚悟しなければいけません。

マニュアルが豊富で、組織が整備された大企業での働き方に慣れてしまっていると、ベンチャー企業のような未整備な環境で働くのは苦痛かもしれません。

実力主義の企業で働くなら覚悟すべきこと

覚悟する
実力主義の会社で働くなら、本気で覚悟しなければいけません。

がむしゃらに働き、貪欲に結果を追っていく覚悟。

組織の違い、社風の違い、仕事の進め方の違いに適応する覚悟。

実力が唯一の評価基準であることを受け入れる覚悟。

これらの覚悟ができない、できる自信がないのであれば、無理に実力主義の企業に転職する必要はないでしょう。

逆に覚悟ができている、「こんなの当たり前でしょう」と思っている方であれば、実力主義の企業にも馴染めるはずです。

あとは希望の企業を探し、転職活動を成功させるのみです。

実力主義の企業を探すなら転職エージェントを使う

転職エージェントを使う

実力主義の企業を探すなら転職エージェントを利用することをおすすめします。

その理由は以下のようなサポートを受けるからです。

  • 一般には公開されていない実力主義の企業を紹介してもらえる
  • 社風や給料制度、仕事の進め方などを教えてもらえる
  • 面接対策や応募書類の添削などを受けられる

転職の失敗を避けることができます。

求人サイトでは情報が不十分

リクナビのような求人が掲載されているだけのサイトでも、実力主義の会社を検索することができます。

しかし求人サイトの情報だけでは、その企業の人事制度、給与制度、社風を知るのは大変です。

実力主義かと思っていたら、単に営業手当がつくだけだった、実力主義は釣り文句だった、ということもあります。

そんな失敗は絶対に避けたいはずです。

転職エージェントならアドバイザーに企業の情報を教えてもらえる

転職エージェントを利用するとキャリアアドバイザーから、企業の情報を教えてもらえます。

本当に実力主義の会社なのか?

どのような実力主義なのか? 歩合給がつくだけなのか、実力があれば昇進が早いのか、案件をすぐに任せてもらえるのか?

といった情報をアドバイザーからもらい、納得したうえで会社を選びができます。

また非公開求人の紹介、キャリアアドバイス、職務経歴書の添削、面接対策といったサポートも受けられます。

おすすめ転職エージェント

doda
約10万件という豊富な求人を保有する転職エージェント。とにかくたくさん求人を紹介してもらいたいという方におすすめ。
JAC Recruitment
外資系企業、日系グローバル企業、ハイクラス求人に強い転職エージェント。実力主義の企業が豊富。
パソナキャリア
利用者満足度が高い転職エージェント。エージェントの親身な対応が特徴

以下のページでは転職エージェントをまとているので参考にしていただければと思います。

※参考ページ:【保存版】転職エージェント全22社の特徴を一覧でまとめて紹介