働き方 転職活動の心構え

上司が不満なら積極的に転職するべき!自分の価値が低下する前に

投稿日:

上司にうんざりする社員

「逃げの転職は失敗する」という意見をどこかで耳にし、

「上司に対する不満を理由に転職したら失敗するのではないか?」

と悩み、転職をためらっていませんか?

しかし、上司が不満である場合、そのまま仕事を続けていても自分の価値が低下するだけなので、積極的に転職したほうがいいです。

このページでは、

  • 上司が不満なら積極的に転職するべき理由
  • 「上司が不満」を理由に転職しても失敗しないか?

この2点について解説します。

上司が不満なら積極的に転職するべき理由

嫌いな上司
細かいことに厳しい
不正を働いている
仕事を教えてくれない
人柄、性格が合わない
自分に対する人事評価が正当でない

など、上司に問題があったり、上司に不満を抱えたまま働き続けと、自分の価値が低下します。

合わない上司と働くと「自分の価値が低下する!」

例えば、「仕事を教えてくれない」「単調な仕事ばかり任せる」という上司の場合、いくら仕事をしていてもスキルは向上しませんし、新たな経験も身につきません。

また、「人事評価が正当でない」「人柄、性格が合わない」などの上司の場合、日々が不愉快で仕事のモチベーションは低下し、仕事に対して消極的になるので、スキルは向上しません。

このように上司との間に問題があるまま仕事を続けていても、スキルや経験は向上しません。しかし、年齢だけが上がっていくため、自分の人材価値は低下するのです。

人材価値が低下すれば、将来、転職したいと思っても、転職市場で評価される社外的な価値が低く、希望の職種・希望の条件で転職できない可能性があります。

だからこそ、手遅れになる前に、転職して今の上司から離れるべきなのです。

人事異動が確実でない場合は転職するべき

「上司が不満」

この問題を解決する手段の一つとして人事異動があります。

注意しておきたいのは、人事異動を期待して時間を浪費しないことです。

人事異動が確実であるならば、わざわざ転職する必要はないでしょう。

しかし、いつ異動するという確固たる見通しもなく時間をかけてしまうと、その間、仕事のスキル向上もなく、ストレスが溜まる一方です。

自分、もしくは上司の人事異動が確実でない限り、素早く転職活動を始めましょう。

「上司が不満」を理由に転職しても失敗しないか?

転職活動
転職は、現在の会社よりも、ましな会社に転職できれば成功です。

上司が不満なのであれば、不満のない上司と働ける会社に転職できれば、その転職は成功です。

「上司が不満」を理由に転職しても失敗するとは限りません。

合わない上司からは、逃げないと人生失敗する

「逃げの転職は失敗する」などと言われることがありますが、

転職を躊躇して
合わない上司とモチベーションが低いまま仕事を続け
貴重な時間を無駄にし
自分の価値を低下させる

ことの方が、自分の人生にとってはよほど大きな失敗です。

しかも、上司に不満を持ち続けたまま仕事を続ければ、ほぼ100%失敗します。

「逃げの転職は失敗する」という意見を気にする必要はまったくないのです。

むしろ逃げなければ失敗します。

入社前に上司を確かめる方法

上司を確かめる
転職しても、また合わない上司と働くことになれば、転職した意味がありません。できれば、入社する前にどのような上司と働くのかを確かめておきたいものです。

入社前に上司を確かめるためには、

  • 応募企業の社風や職場の雰囲気を調べる
  • 面接で直属の上司になる人を確認する

ことが大切です。

応募企業の社風や職場の雰囲気から上司を判断する

社風や職場の雰囲気を調べても、個々の社員の人柄を具体的に把握することはできません。しかし、手掛かりにはなります。

上司と呼ばれるポジションになるということは、少なからずその会社から認められているということです。つまり会社の価値観に合った人間だということになります。

例えば、体育会系の企業であれば、そこで昇進している人、つまり入社した場合、上司になる人も体育会系の価値観を持っていることになります。

自分の価値観に合った職場、働く上で心地よいと思える雰囲気の企業に転職すれば、合わない上司と巡り合うのを避けられるはずです。

面接で直属の上司になる人を確認する

1次面接、もしくは2次面接は、多くの場合、直属の上司となる人が面接官を担当します。

つまり、上司を判断する絶好の機会なのです。

30分から1時間という限られた時間なので、面接官の人柄を100%把握することはできませんが、人柄や態度、言葉遣いからある程度人間性を判断することはできるでしょう。

「この人とは合わない」

面接で、直観的にそう思ったのならその企業に入社しなければ、いいのです。それだけで転職が成功確率もぐっと高くなるでしょう。

転職エージェントなら企業の雰囲気・価値観・社員の様子がわかる

企業の社風や価値観は、企業のホームページなどでも調べることができますが、転職エージェントから聞くこともできます。

転職エージェントは、企業の人事部と密なやりとりがあるため、応募する企業の社員の人柄や社風、職場の雰囲気を具体的に教えてくれます。

また、転職エージェントのスタッフが直接企業に訪問している場合もあり、上司になる人間の具体的な人柄まで聞ける可能性もあります。

人気のまとめ記事

1

転職エージェントは履歴書・職務経歴書の添削、求人紹介、面接対策などあらゆる転職サポートを受けることができるので、絶対に利用するべきです。 また、転職エージェントごとに強み、特徴が異なります。「転職エー ...

2

転職マニュアル本といっても、転職活動のすべてを網羅したものや、面接に特化したもの、自己啓発本よりのものまで様々です。 ここでは数ある転職本の中から12冊を厳選し、タイプ別にまとめて紹介します。自分の今 ...

便利な転職サイト 3

転職サイトには様々なタイプのものがあります。 なかには大手の転職サイトでは閲覧できない求人が掲載されているものや、他にはない貴重な情報を閲覧できるサイト、転職活動が劇的に楽になるサイトなどがあります。 ...

4

20代の転職サポ―トに強く、20代を対象とした求人が豊富にある転職エージェントを厳選して5社紹介します。 転職エージェントは非公開求人を紹介してくれたり、履歴書・職務経歴書の添削をしてくれたりと、様々 ...

転職サイトと転職エージェント 5

「どんな質問をされるのか?」 「面接官はその質問で何を知りたいのか?」 「採用されるためにはどう回答するべきか?」 これらを知らなければ、面接官が求めている回答をできないどころか、言うべきではないこと ...

-働き方, 転職活動の心構え
-, , ,

Copyright© 失敗しない転職ノウハウを公開!転職ノウハウ.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.