【上司と合わない・上司が苦手】の対処法|3つの切り口から全解説

未来は誰にもわからない
上司と合わない、上司が苦手など、上司との関係にストレスと感じていると仕事を続けるのがつらくなります。

どうにか「上司と合わない」という問題を解決し、気持ちよく仕事に取り組みたいもの。

ではどうすれば合わない上司に対処できるのか?

対処の切り口は、大きく3つあります。

  1. 上司に対する苦手意識をなくす
  2. 上司がいなくなるまで耐える
  3. 自分が上司から離れる

このページでは上記3つの対処法を軸に、さらに具体的な対処法を紹介します。

上司に対する苦手意識をなくす

会社の都合を考える上司
上司に対する苦手意識をなくすことで、「上司と合わない」問題に対処する方法です。

具体的には以下の3つのいずれかの方法で、苦手意識をなくせる可能性がります。

※具体的な対処法

  1. 上司のいいところを探してみる
  2. 上司にとって理想の部下を演じる
  3. 上司に対して実力行使する

今の仕事をいつも通り続けながら「上司と合わない」という問題をそっくり解決できるため、転職や異動などに比べて労力も少なくて済みます。

一方で、自分の考え方を変えたり、上司との接し方を変えたりすることが、さらなる負担になってしまう場合も。

もともとある精神的な負担に加えて、さらに精神的な負担がかかるのは避けたいもの。

「あの上司だけは絶対に許さない」

というほど上司が嫌いなら、別の対処法である「自分が上司から離れる」を検討した方がいいでしょう。

上司のいいところ探してみる

上司のいいところを見つけることで、上司に対する苦手意識をなくす方法です。

たとえば、

  • 怒りっぽいが仕事は速い
  • 人に仕事を押し付けてばかりだが能力を評価してくれる
  • デリカシーがないがいざという時はすべての責任を負ってくれる
  • 仕事はまったくできないが他部署の上司に比べれば被害が少ない

など、何でもいいのです。

嫌なところがたくさんある分、いいところをたくさん見つけることができれば、相殺してストレスが軽減する可能性も。

いいところを探そうと上司を観察していくうちに新たな発見ができ、上司の見方が変わる場合も。

また反面教師として見るのも1つの手段です。

嫌なところを見るたびに「自分はこうならないようにしよう」と思えれば、あなたの成長にもなります。

「顔も見たくないほど上司が嫌い」という場合や「上司が完全に自分のことを嫌っている」という場合は、この対処法はとても難しいかもしれません。

それでもまずはためしに、いいところを一生懸命探してみてください。

上司にとって理想の部下を演じる

上司も人間ですあり、好き嫌いがあるはずです。

すべての部下に対してあなたの同じような態度というわけではないでしょう。なかには好意的に接している部下が存在するはず。

その部下と同じような対応してもらえるよう、上司にとって理想の部下を演じるのです。

上司から好意的に接してもらえる、ひいきしてもらえるようになれば、上司に対する苦手意識もなくなるでしょう。

精神的な負担が大きい場合も

ただし嫌いな上司の理想の部下を演じるのは、精神的な楽なことではありません。

上司に意見を合わせたり、上司がしてほしいことを察して行動するなどしていれば、ふとしたときに「なんであのクソ上司にためにこんなことを……」と我に返る可能性も。

趣味・嗜好が近い部下、ノリがいい部下をかわいがるなどの場合は、理想の部下を演じるにも限界があります。

また理想の部下を演じたところで、上司から好意的に接してもらえる保証はありません。

返ってさらに精神的なダメージを負うリスクがある対処法です。

上司に対する憎悪が強い場合は、別の対処法をためしてみることをおすすめします。

上司に対して実力行使をすることで苦手意識をなくす

理不尽な依頼をしてくる上司
仕事をまったくしない上司
責任をとらない上司
手柄を横取りする上司

そんな上司に対して実力行使にでることで、苦手意識をなくそうという対処法です。

たとえば、理不尽な依頼をしてくる上司に対して、

「その仕事をやるべき理由を納得できるように説明してくれ」
「それは私がやるべき仕事ではない」
「もっと他に重要な仕事がある」

といったように意見するのです。

仕事をまったくしない上司に対しては、「上司ならもっと仕事をしてくれ」と意見をする、もしくは上司に報告して指摘してもらうなど。

上司に対する実力行使がうまくいけば、上司は考えを改めてくれたり、あなたに対する接して方を変えてくれたりするはず。

「上司と合わない」という苦手意識もなくなるでしょう。

ただし、実力行使した結果、さらに上司との関係が悪化するリスクも。

「最悪の場合、転職する」という覚悟が必要な対処法でもあります。

上司がいなくなるまで耐える

転職に疑問
上司も会社員ですので転勤や異動、転職、定年退職などでいつかはあなたから離れていきます。

上司が自分から離れていくその日を待つことで、「合わない上司」に対処するのです。

受け身な対処法ではありますが、自分の行動や考えを変えるだけなので、簡単かつ迅速な対処法といえます。

では具体的に、どのようにして上司がいなくなるのを待つのか?

※具体的な対処法

  1. なるべく上司に関わらないようにする
  2. 仕事は生活のためと割り切って耐える
  3. 同僚に相談して愚痴を聞いてもらう

うまく耐える方法を身につけられれば楽なのですが、そうでない場合、さらにストレスをためてしまうことも。

「上司がいなくなるまで耐えられそうない」という場合は、あなたが上司から離れていく方法を検討してみてください。

なるべく上司と接しないようにする

なるべく上司と接しないようにすることで、合わない上司に対処する方法です。

たとえば外回りの営業なら、上司のスケジュール表をチェックし、それに合わせて自分のスケジュールを調整することで、上司と接しないようにすることができます。

  • 上司が外回りなら、自分は社内で仕事をこなすようにする
  • 上司が社内いるときは、自分は一日外回りの予定を入れる
  • 報告や連絡をするときも、メールやメモで済むようにする

など、職種や仕事内容によっては難しい場合もありますが、徹底的に顔を合わせないように工夫すればストレスもかなり軽減できるはず。

意識しなくても上司を避けられるようになれば、お手の物。

上司がいなくなる日を待つのも苦ではなくなるでしょう。

仕事はお金・生活のためと割り切って耐える

仕事はお金、生活ためと割り切ってしまう。生活費を稼げるのなら、合わない上司がいても気にするべきことではない。

そんなふうに割り切ってしまうのです。

そもそも会社は友達作りをしに行く場所ではありません。

バックグラウンドも価値観も性格も違う人がたくさん集まって、1つの組織となっている、それが会社という場所。

合わない上司がいるのはある意味自然なことであり、全員から好かれる、全員を好きになるということはまず不可能。

上司が嫌、合わないと感じても「お金を稼ぎに来ているのだから仕方がない」「合わない上司がいるのは当たり前」そんなふうに割り切ってしまうのです。

そうすれば上司が自然と気にならなくなって、上司からくるストレスが軽減される場合があります。

自分を責めない

ただし

「合わない上司にストレスを感じているのは自分が未熟だからだ」
「割り切って付き合えないのは、自分が未熟だからだ」

といったように自分を責めるのはNGです。

上司によるストレスがあるのに、さらに自分を責めてしまってはあなたの心が耐えられなくなってしまいます。

誰もが「仕事はお金・生活のため」と割り切れるわけではありません。

人間関係も大切、仕事のやりがいを重視したいという人がいるのも事実であり、それが悪いということはないのです。

無理に割り切る必要はありません。上司に耐えられないのなら、転職や異動によって対処してもいいのです。

同僚に相談して愚痴を聞いてもらう

話を聞いてもらうことでストレスを軽減し、上司がいなくなるまで耐え抜くという対処法です。

上司を知っている同じ職場の人に、思い切り上司の愚痴を話すのです。

上司に対する怒りを共感してもらうことで、あなたのストレスもかなりやわらぐはず。

実際、この方法で合わない上司・ウザい上司に対処している人もたくさんいます。

注意したいのが、相談相手の選び方。

職場の同僚が良いと前述しましたが、なかには口が軽く、愚痴を話していたことを上司に告げ口されてしまう可能性があります。

話が分かる相手だと思っていた人間が、実は上司の腰巾着だったという場合もあります。

また社外の友人はあまりおすすめできません。上司や仕事のことを何も知らない友人に話しても、あまり共感を得られないから。

あなたが抱えているストレスや、上司がいかにウザい人間かは、同じ環境にいる人間にしか分からないもの。できれば同じ職場の人の愚痴を吐きましょう。

自分が上司から離れる

上司を確かめる

  • 転職
  • 異動
  • 転勤

上記のような方法で、物理的に上司から離れる対処法です。

決定権は自分にあり、自分が行動すればいいだけなので、ほぼ確実に合わない上司から離れられる方法ではあります。

一方で仕事内容や勤務地を変えないといけなかったり、これまで構築した人間関係をゼロにしないといけないなど、失いものが多いのも事実。

別の上司と仲良くして引き入れてもらう

別の部署の上司と仲良くし、その上司の部下のしてもらえるようにする。

部下として引き入れてもらえれば、今の合わない上司の元で働かなくて済みます。

たとえば、休憩時間を利用して他の力を持っている上司に積極的に話しかけるようにするのです。

その上司がこちらを気に入ってくれれば、部署異動の際に、引き入れるように取り繕ってくれる場合も。

実質、異動という手段ではありますが、異動願を出さず済みます。うまくいけばあなたが選んだ上司の元で仕事ができるようにも。

もちろんかならず引き入れもらえるわけではありませんので、引き入れてもらいえないと分かったら、異動願を出す、転職するなどの対応をするようにしましょう。

異動・転勤する

「嫌いなのは上司だけで今の会社は気に入っている」という方におすすめの対処法です。

部署が変われば上司も変わります。異動や転勤によって、物理的に合わない上司から離れることが可能に。

転職するとなると、大きく給料が下がるリスクがあったり、人間関係を一から作り直す手間があったりしますが、異動・転勤ならそういったリスクや手間はありません。

もちろん異動願、転勤願が受けいれてもらえるわけではありませんが、ためしてみる価値はおおいにあります。

転職する

合わない上司から確実離れることができる方法、転職です。

「上司と合わない」は退職理由のトップであるくらい、多くの人が上司が理由で転職しています。
転職理由と退職理由の本音ランキングBest10

「上司が合わなければ転職する」は一般的なこと、ともいえるのです。

もちろん、転職活動をする手間や時間、給料が仕事のランクが下がるリスクなど、懸念事項もあります。

しかし逆に、今よりもいい仕事に出会えたり、給料が大幅に上がる可能性も。

そしてなにより、合わない上司から確実に離れることができるのは、何ものにも変えられないメリットです。

まずは現職を続けながら転職活動をはじめる

転職という対処法を選ぶなら、いきなり会社を辞めるのではなく、まずは仕事を続けながら気軽な気持ちで転職活動をはじることをおすすめします。

現職を続けながら、転職サイトに登録して求人をチェックしたり、転職エージェントに登録してキャリアアドバイザーに相談したりしてみましょう。

希望の条件で転職できそうか?
今よりも良い条件で転職できそうか?
そもそも転職できるのか?

といったことを確かめるのです。

転職エージェントに相談する

特に転職エージェントに相談するのはおすすめです。

今のスキルや経験でどれくらい会社に転職できるのか?
今後どんなキャリアを歩むべきか?

といったことをアドバイスしてくれる他、職務経歴書や面接のアドバイスをしてくれたり、希望の求人を紹介してくれたりします。

※転職や退職について相談できる転職エージェント

パソナキャリア 転職エージェント顧客満足度ランキングで1位になった実績がある転職エージェント。約4万件という豊富な求人を持ちながら、サポートも親身。迷ったらパソナキャリアとえるほど、充実している転職エージェント。
マイナビジョブ20's マイナビの20代専門転職エージェント。信頼性の高い適性診断を受けることでやりたい仕事・適職がわかる。
doda 約10万件の求人を保有する大手総合転職エージェント。とにかくたくさん求人を紹介してもらたいという方におすすめ。
【保存版】転職エージェント全25社の特徴を一覧でまとめて紹介
転職エージェントはたくさんありますが、どの転職エージェントにどんな特徴があるのか、ぱっと見では分からないものです。 ここでは20社以上の転職エージェントを特徴別に分類。さらに具体的な特徴を紹介してまとめました。 ※「転職エージェ...

さいごに

以上、「上司と合わない」という場合の対処法について解説してきました。

仕事において人間関係は非常に重要です。

仕事が楽しくやりがいがあっても、嫌いな上司がいると続けるのが苦になります。

逆に、つまらない仕事であっても、尊敬できる上司がいたり、親しい上司がいたりすると、仕事が苦ではなくなるもの。

このように「上司と合わない」という問題はかなり深刻な問題であり、仕事内容や給料よりも優先して解決すべき問題なのです。

ここで紹介した対処法で、ぜひ上司との問題を解決していただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました