企業研究・選び

会社説明会・セミナーでブラック企業を見抜くために注意するべき6つのポイント

更新日:

会社説明会、セミナー
セミナーや会社説明会は、実際に働いている社員を見ることができる機会です。

しかし、ただ何となく参加したのでは、会社の本質を見抜くことはできません。
最悪の場合、ブラック企業だと気づけずに選考に進んでしまう危険性があります。

ここでは、ブラック企業かどうか、問題を抱えた企業かどうかを見抜くために、セミナー・会社説明会で注意するべきポイントについて紹介します。

社員の雰囲気の良さを強調している

雰囲気の良い会社の社員
会社説明会やセミナーは、話す内容も、紹介する社員も全て、会社側で決めることができます。

どこの会社であっても、最も活躍していて、外見や人柄が良い社員を登場させ、いかに素晴らしい会社であるかをアピールします。

これは、訪問した求職者にいい印象を与え、選考に進んでもらうために当然のことです。

特にブラック企業は、自社に疑念を抱かないうちに選考に進んでもらいたいので、良い会社を演出しようと努めます。

社員の発言がやけにポジティブ

怪しげな社員
「会社が楽しくて仕方がない」
「仕事にやりがいを感じる」
「つらいこともあるが、成長できる」
「辞めたいと思ったことはない」

説明会や座談会などでは、社員がこのような発言をすることがあります。

確かに社員にとって本音なのかもしれません。

しかし、それはその環境に適応している社員だからこそ言えることでもあります。自分がその会社で働いても同じように感じられるとは限りません。

また、会社に対して不満を抱えていたとしても、会社説明会でそのことを率直に言える人はほとんどいないでしょう。

会社説明会ではこれらのことに注意しながら、社員の話に耳を向け、会社を判断するようにしましょう。

人事担当者や社員の印象が悪い

態度の悪い人事
ここまで、「会社説明会やセミナーでは、社員の雰囲気が良いのは当然だ」と説明してきました。

それにもかかわらず、人事担当者や参加している社員の印象が良くない場合は、社内に様々な問題を抱えている可能性が高いです。

そもそも参加した求職者に好印象を持ってもらい、自社への応募を促すための会社説明会・セミナーです。悪い印象を抱かせてしまうこと自体が問題であり、相当な課題を抱えているとも言えます。

参加者への対応が丁寧でない

良いエージェント・悪いエージェント
また、参加者に対する扱いが丁寧でない場合も要注意です。

参加者は入社するにしろ、しないにしろ、いずれは何らかの形で顧客になるかもしれない人です。配慮がないということは、実際のお客様にも配慮がない証拠です。

その他、社員が威圧的だったり、高居飛車だったりする場合も明らか配慮が欠けています。社員の態度や社員から受ける印象は、社風や人間関係の表れです。

従業員や、顧客に対する態度も同じである可能性があり、ブラック気質のある会社とも言えます。

選考に進むことを強要される

他の企業のことを聞かれた
一般的に、説明会・セミナーの後、選考に進むかどうかは参加者の自由です。

それにも関わらず、説明会の後に書類を提出するように強要したり、有無をいわさず面接や試験が行われたりする場合は要注意です。

選考に進むことを強要する会社は、採用が上手くいっておらず、強要でもしないと人を確保できない会社である可能性があるからです。

選考に進むことを強要するのは、通販番組の「今、注文すれば○○も一緒についてきます」と宣伝し、「今、注文しないと損する」と思わせる商売方法と同じです。

参加者に「この機会を逃すと選考に不利になるかも」と思わせ、きちんと調べてから応募する時間をなくし、判断材料を奪った状態で会社のペースに引き込むのです。

もちろん単純に時間短縮のために、説明会と選考を同時に行う場合もありますが、なぜか選考に進むように強要されているように感じたら注意するようにしましょう。

ブラック企業のペースに持ち込まれる恐れがあります。

曖昧な表現ばかりで具体性に欠ける説明が多い

曖昧な回答に唖然とする男
説明会や座談会などで、残業時間や休日日数を質問した際、具体的な数字が全くでてこず、曖昧な答え方しかしない場合は注意しましょう。

具体的な表現を避けるのは何か理由があるからです。

例えば残業の有無を質問した場合、「大体8時には全員退社しています」といったように具体的な回答なら問題ないでしょう。

しかし、「時期にもよりますが、少ない方だと思います」という回答の場合は、「時期」というのが年間にどれぐらい発生するのか全く分かりません。

また「少ない方」というのは完全に主観です。発言者の基準が1日4時間であれば、3時間でも「少ない方」ということになってしまいます。

曖昧な表現を多用する場合は、「何か理由があるからなのか」「単に社員のレベルが低いだけなのか」などと疑ってかかるようにしましょう。

人気のまとめ記事

1

転職エージェントは履歴書・職務経歴書の添削、求人紹介、面接対策などあらゆる転職サポートを受けることができるので、絶対に利用するべきです。 また、転職エージェントごとに強み、特徴が異なります。「転職エー ...

2

転職マニュアル本といっても、転職活動のすべてを網羅したものや、面接に特化したもの、自己啓発本よりのものまで様々です。 ここでは数ある転職本の中から12冊を厳選し、タイプ別にまとめて紹介します。自分の今 ...

便利な転職サイト 3

転職サイトには様々なタイプのものがあります。 なかには大手の転職サイトでは閲覧できない求人が掲載されているものや、他にはない貴重な情報を閲覧できるサイト、転職活動が劇的に楽になるサイトなどがあります。 ...

4

20代の転職サポ―トに強く、20代を対象とした求人が豊富にある転職エージェントを厳選して5社紹介します。 転職エージェントは非公開求人を紹介してくれたり、履歴書・職務経歴書の添削をしてくれたりと、様々 ...

転職サイトと転職エージェント 5

「どんな質問をされるのか?」 「面接官はその質問で何を知りたいのか?」 「採用されるためにはどう回答するべきか?」 これらを知らなければ、面接官が求めている回答をできないどころか、言うべきではないこと ...

-企業研究・選び
-

Copyright© 失敗しない転職ノウハウを公開!転職ノウハウ.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.