「結婚・出産後も仕事を続けられますか?」面接質問の答え方・回答例

転職面接 質問と回答
「結婚されてからも当社で働き続けることはできますか?」
「出産してからも仕事を続けることはできますか?」

といったように、女性の場合、結婚・出産など私生活の状況変化が就労に影響するかどうか、面接で聞かれることがあります。

新卒採用の場合であれば、「そのような状況になったら考えます」と回答して、かわすことができるかもしれませんが転職の場合、そうはいきません。

ではいったいどのように回答すれば、印象を悪くせず済むのでしょうか?

ここでは面接で、結婚・出産後も仕事を続けられるかを聞かれた時のベストな答え方について解説します。

スポンサーリンク

答え方のポイント

長く働きたい意思を示し、社内規定を確認させてもらう

女性の転職活動
「結婚も出産も今のところ予定はないので、何の問題もありません」といったように将来的にどうなるか分からないにもかかわらず、このような回答をしてしまっては、いざそうなった時に問題になってしまいます。

「面接の時に何も問題ないって言ってましたよね」と嘘をついたことになってしまいます。

このような無難な回答をするのではなく、継続して働くことを前提に、会社で決まっている条件をきちんと確認する意思を示すような回答をしましょう。

最近では、結婚や出産だけでなく、育児や介護に対する社内体制が整備されている企業が増えてきています。

結婚や出産に対する自分のスタンスは決めておき、社内規定を確認した上で答えるようにしましょう。

回答例

「結婚の予定がない」場合の回答例

「今のところ結婚の予定はありません。御社では長く働きたいと思っておりますので、参考までに社内規定をお聞きしたいのですが」

上記のように、当面の予定を伝えた上で、働き続けることを前提に、会社で決められている条件をきちんと確認する意思を示すようにしましょう。

「結婚の意思はあるが働きたい」場合の回答例

「継続して働きたいと思っています。現在、交際中の相手がおりますが、私はデザイナーとしての業務にやりがいを感じており、また相手とも相談して仕事を続けることへの理解を得ております」

上記のように継続して働けることをしっかりとアピールしましょう。

また、近い将来、結婚の予定がある場合は結婚相手・家族としっかりと話し合い、仕事を続けることに対して協力を得られるかどうかを確認しておき、面接で質問されてもしっかりと答えられるようにしておきましょう。

「出産の予定はあるが働きたい」場合の回答例

「出産をしても仕事を辞めるつもりはありません。仕事と子育てを両立させていた上司によいアドバイスをいただいているので、私もそうしたいと考えております。御社の制度はどうなっているでしょうか」

出産の予定がある、出産の意思がある場合も、出産後、どのように仕事を続けていくのかをしっかりと計画しておき、面接で答えられるようにしておきましょう。

※面接の想定質問は以下のページで紹介しています。
【要保存】転職面接で聞かれる53の質問例と各質問の回答ポイント
面接ではどんな質問を受けるのか? 質問にはどんな意図が隠されているのか? 面接の不安は絶えないもの。少しでも不安を減らすために、ここでは転職面接の想定質問と質問の意図、回答のポイントをまとめて紹介します。 あなた自身に...