新卒で入った企業を半年で退職した私が転職活動で苦労した4つのこと

新卒で入った企業を半年で退職した私が転職活動で苦労した4つのこと

私は新卒で入社した会社を半年で退職し、転職活動を始めました。

前職を半年で退職、第二新卒などの条件で転職活動をするにあたって、どんな苦労があったのか?

私が経験した苦労を4つ紹介します。

これから第二新卒として転職する方に参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

応募できる求人が少なくて苦労した

企業を半年で辞めた第二新卒であっても、職種や業界、企業を選ばなければ応募できる企業はたくさんあります。

転職サイトを開けば、第二新卒歓迎求人は何万と見つかります。

しかし私の場合、絶対にゆずれない条件がいくつかあったので、応募できる求人はかなり少なくなりました。

具体的には以下の3つの条件で企業を探していたのです。

  • インターネット業界
  • インターネットコンテンツの作成に関わる仕事(ディレクター、デザイナーなど)
  • 中小企業

この3つの条件に当てはまる企業はたくさん見つかるのですが、そのほとんどが「実務経験3年以上」「業務経験必須」など、経験者を対象としたものでした。

第二新卒や未経験が応募できる求人はなかなか見つからなかったのです。

あらゆる求人サイトを使い、検索をかけ、さらに「業務経験必須」と記載している企業にもとりあえず応募していました。

最終的には、条件に合った企業に転職できたのですが、退職してから次の会社に入社するまで5か月かかりました。(だいたい転職活動は長くても3か月ぐらいだそうです)

条件を絞ると苦労する

第二新卒歓迎や未経験歓迎の求人はたくさんあります。

「半年で辞めたら転職できない」という人がいますが、まったく嘘です。

求人があるのですから半年で辞めたからといって転職できないということはありません。第二新卒でも十分に転職できます。

しかし私のように、職種や企業規模など条件を厳しくすると応募できる求人が少なくなります。

そして求人を探すのに苦労し、転職活動が長引く可能性あるということを覚悟しておくようにしてください。

アピールできる経験やスキルがなくて苦労した

転職活動で悩む

中途採用では、身につけてきたスキルや業務経験が評価の対象となります。

つまりスキルや経験をアピールすることが採用の鍵となるのです。

しかし私は会社を半年で辞めています。半年の間に経験したのは、研修と雑用だけです。

アピールできるスキルや経験なんてものは皆無だったのです。

いったい何をアピールすればいいのか?

転職本やネットの情報を端から端まで調べました。

結局、スキルや経験の代わりに、「これから頑張ります」「御社が第一志望です」「絶対に辞めません」といった精神的なことをひたすらアピールしました。

一応、内定をもらい転職できたのですが、精神的なことをアピールするのが正しかったかどうかはわかりません。

転職する場合は、アピールできるスキルや経験を1つぐらい身につけてからにすることをおすすめします。

貯金がなく経済的に苦労した

私の場合、会社を完全に辞めて転職活動をスタートさせました。

すぐに転職先が決まればよかったのですが、3か月も続いたため経済的に苦労しました。

前の会社には半年しか在籍していなかったので退職金はもらえません。ボーナスももらう前でした。

学生ローンの返済もあったので、初任給で貯金することなど到底不可能で、貯金ほぼゼロの状態で会社を辞め、転職活動を始めたのです。

当然、生活費を稼がければいけないので日雇いのアルバイトをしながら転職活動をしました。

幸い実家暮らしだったため、ある程度の生活費と学生ローンの返済分と転職活動にかかる費用だけを稼ぐだけで済みましたが、それでもアルバイトで転職活動を同時に行うは大変なものでした。

会社を辞めてから転職活動をする場合は、3か月ていど無収入でも生活できるぐらいのお金がたまってからにするのがおすすめです。

やはりお金に余裕がある方が、精神的にも余裕を持つことができ、転職活動に焦らずに済みます。

転職活動の進め方がまったくわからなくて苦労した

上司を確かめる

「転職活動」は学生時代に経験した「就活」と違う部分がいくつかあります。

その違いに戸惑い、すべて手探りで解決しなければいけないのでとても苦労しました。

転職するには職務経歴書が必須

たとえば、転職ではエントリーシートの代わりに職務経歴書というものを企業に提出します。

この職務経歴書がくせもので、フォーマットが決まっていないので、何をどう書いたらいいのかさっぱりわからないのです。

ネットで調べればサンプルはでてきますが私の場合、職歴という職歴がないため書けることがほとんどなくて苦労しました。

また中途採用の面接では、必ず「退職理由」を聞かれます。

しかも採用か不採用を決めるかなり重要な質問であるため、しっかり回答を準備しないといけません。

他にも中途採用には会社説明会がない、集団面接がない、など新卒と違う点がいくつかあり対策に苦労しました。

転職エージェントを使うと転職活動が楽になる

苦労したことも多々ありましたが、結果的にやりたい仕事できる企業に転職することができました。

なぜ転職を成功させることができたのか?

その理由の1つとして上げられるのが転職エージェントを使ったことです。

転職エージェントとは、プロのコンサルタントが職務経歴書を添削してくれたり、面接のアドバイスをくれたり、希望に合致した求人を紹介してくれたりするサービスです。

無料で利用できるにもかかわらず、転職先が決まるまで専任のコンサルタントが、つきっきりでサポートしてくれます。

転職エージェントを使えば、転職活動でわからないことはなんでもプロの相談できるので、楽に転職活動を進めることができます。

私が実際に使った転職エージェント

サイト特徴
リクルートエージェントプロに無料でアドバイスをもらえるので、転職に不安がある人のおすすめ。職務経歴書の添削や面接アドバイスなどはかなり役に立つ。
ウズキャリ第二新卒第二新卒専門の転職エージェント。第二新卒に特化した面接対策や書類対策を受けられる。また優良だけを紹介してもらえるので、やりたいことが決まっていない人におすすめ。
マイナビジョブ20'sマイナビの20代向け転職サイト。アドバイザーのサポートが受けられる