「現職(前職)よりも給料が下がりますが大丈夫ですか?」面接質問の答え方・回答例

転職面接 質問と回答
「現職(前職)よりも給料が下がりますが大丈夫ですか?」

企業に応募する時は、募集要項で給与額を確認した上で、応募していると思うので、この質問されたとしても動揺することはないでしょう。

ただ、1つ注意しておきたいのは、この質問は、給与交渉のために聞かれるものではないということ。

ここで面接官が確認したいのは、「なぜ、給料が下がっても自社で働きたいのか?」についてです。

つまり、入社意欲を確認したいのです。

スポンサーリンク

回答のポイント

「なぜ、給与を下げてまでその企業で働きたいのか」を伝える

たんに「給与が下がっても問題ありません。頑張ります」と回答しただけでは不十分です。

面接官が聞きたいのは、「なぜ、給料が下がっても自社で働きたいのか」についてです。

「たとえ給料がさがっても、御社で働きたい」という強い意志、覚悟をアピールできる回答にしましょう。

給与アップについてアピールするのはOK

「入社後は、一日も早く成果を上げ、戦力となり、今、以上の給与を取れるように頑張りたい」といったように、入社後の取り組みついて語り、給与アップをアピールしても大丈夫です。

その他、「現職並みの額をいただきたいというのが本音ですが、まだ、それだけの実力、実績がないので、この場で言えることではないと思っています」といったように、給与額に不満があることを暗に伝えても問題ないでしょう。昇給のアピールには有効です。

回答例

給料が下がることは覚悟しております。今は、お金のことよりも、御社に入社して働くことが最優先事項です。

「現職と同程度の額をいただきたい」というのが本音ではありますが、それは、御社において何の実績もあげておらず、十分な経験、スキルを保有していない私が、この場で言えることではないと思っています。

まずは、御社から提示されている金額に従いたいと思います。

ただし、入社させていだく以上は全力で仕事に取り組み、必ず求められている以上の結果をだし、同年代の誰よりも高い給与が採れる人材になります。

※面接の想定質問は以下のページで紹介しています。
【要保存】転職面接で聞かれる53の質問例と各質問の回答ポイント
面接ではどんな質問を受けるのか? 質問にはどんな意図が隠されているのか? 面接の不安は絶えないもの。少しでも不安を減らすために、ここでは転職面接の想定質問と質問の意図、回答のポイントをまとめて紹介します。 あなた自身に...