面接の最後に「何か質問はありますか?」と聞かれた|印象が良くなる・悪くなる逆質問の例

転職面接 質問と回答
面接では必ず「何か質問はありますか?」と聞かれます。

当然、分からないことを聞けばいいのですが、何を聞いても良いというわけではなく、印象が悪くなる質問と、良くなる質問があります。

ではいったい「どのような質問なら印象が良いのか、悪いのか?」

そして「質問はしなくてもいいのか、絶対にした方が良いのか?」

この2点について解説していきます。

スポンサーリンク

印象が良くなる質問とは?

質問は何でもいいというわけではありません。前述しましたが、質問によっては印象が悪くなるものありますし、逆に好印象に繋がる質問もあります。

たとえば、

  • 企業研究してきたことが伝わる質問
  • 仕事をイメージするための質問

こちらのような質問は好印象につながります。

企業研究してきたことが伝わる質問

表面的な質問ではなく、企業研究してきたことがしっかりと伝わる質問をしましょう。

たとえば下記のような質問であれば、ホームページや募集要項をしっかりと確認していることを伝えられます。

「御社のホームページにこんな記載がありましたが、現在の進捗はどうでしょうか?」
「募集要項に“業務拡大に伴い……”とありましたが、実際どのような方向性を考えているのでしょうか?」
「御社の○○部の今後の戦略は、どのようなものでしょうか?」

また、自分がその企業で希望するポジションと絡めた質問をするとさらにいいでしょう。

仕事をイメージするための質問

「この会社で成果を出している方にはどのような方にはどのような共通点がありますか?」
「中途で活躍されているのはどんな方ですか?」
「御社では中途採用者のステップアップにどのような体制をとられていますか?」

といったように、その企業で仕事をする自分をイメージするための質問であれば、働く意欲をアピールすることができます。

印象が悪くなる質問とは?

最後の質問 面接官
続いて印象が悪くなる質問です。

具体的には以下の3つです。

  • 抽象的な質問
  • ホームページを見れば分かること
  • 募集職種に関係のない質問
  • 労働環境に関する質問(質問の仕方にもよる)

抽象的な質問

「御社の戦略は何ですか?」
「5年後、10年後についてどうお考えですか?」

このような質問は、面接官としても聞かれても困ります。

戦略について知りたいのであれば、

「○○部の○○という事業について、今後の戦略を教えていただけますでしょうか?」

といったように具体的に質問しましょう。

ホームページを見れば分かること

社員数や売上高などはホームページやIR情報を見れば知ることができます。

このように「とりあえず」の質問しても、企業研究が浅いことがバレるでしょう。

「何となく応募しただけなのか」と思われるだけです。

募集職種に関係のない質問

営業職の採用で、「経理に移るチャンスはありますか?」といったような質問をしてしまっては

「本当は経理がやりたいのではないか?」
「別の職種を希望しているのではないか?」

と疑われる場合があります。

労働環境に関する質問

労働環境は働く上で最もと言っていいほど重要なことなので、本来この質問で悪い印象を持つこと自体、間違っているのですが、残業時間や休日出勤数に関する質問は、「働きたくないのか」と思われる場合があります。

聞く場合には工夫することが大切です。

例えば

「この業界のこの職種であれば、月の残業時間は30時間と考えておいてよろしいでしょうか?」

といったようにYES/NOで答えられるように質問をしましょう。

合っているのであれば、「それぐらいと考えてもらえれば大丈夫です」と答えてくれます。

また違うのであれば「そんなに残業はしていませんよ。だいたい月20時間ぐらいですね」といったように具体的に答えてくれるはずです。

さらに、このような質問の仕方をすることで、働くイメージがしっかりと持てていることアピールできます。

どうしても質問が思いつかない場合

最後の質問を極力するべきです。

質問も含めて面接であり、面接官によっては、「意欲がないのか」「当社に興味がないのか」と思われる場合があるからです。

しかし「どうしても質問が思いつかない」「どうでもいい質問しか思い浮かばない」という場合もあるでしょう。

そのような時は、以下の答えると強い入社意思をアピールできます。

「丁寧にご説明いただきましたので、大切なことは一通り理解できました。お話を伺ってあらためて御社で頑張っていきたいという思いです。結果のご連絡をいただける時期や方法についても教えていただけますか? また、本日の結果次第かとは存じますが、この後は二次面接などが予定されているのでしょうか?」

※その他参考記事
https://tensyoku-knowhow.com/bad-question/

※面接の想定質問は以下のページで紹介しています。
【要保存】転職面接で聞かれる53の質問例と各質問の回答ポイント
面接ではどんな質問を受けるのか? 質問にはどんな意図が隠されているのか? 面接の不安は絶えないもの。少しでも不安を減らすために、ここでは転職面接の想定質問と質問の意図、回答のポイントをまとめて紹介します。 性格・価...

面接対策に使える転職サービス

■企業の口コミサイト

キャリコネでは過去に、実際に面接を受けた人が投稿した、面接情報を閲覧できます。たとえば実際に聞かれた質問や面接の雰囲気、面接官の様子などの情報があります。

他にも、企業の雰囲気、社内の雰囲気、残業や仕事に関する口コミもあり、他では得られない貴重な情報が豊富です。

※参考: キャリコネ

■転職エージェント

転職エージェントはプロのキャリアアドバイザーから面接のアドバイスをもらえるサービスです。

低スペック、資格なし、第二新卒などの方でも、誰でも利用可能です。転職エージェントでは、場合によっては模擬面接や聞かれる質問を教えてくれるので、面接対策にかなり役立ちます。

とくに「 パソナキャリア 」、「ウズキャリ」、「 マイナビAGENT 」などの転職エージェントは面接対策が充実しています。

※参考:【保存版】転職エージェント全22社の特徴を一覧でまとめて紹介

■面接対策セミナー

受講者満足度97%。リクルートエージェントが開催する面接対策セミナーに参加すると、企業が求める人物像の理解や、転職理由、自己PRの作り方を学べます。

※参考: 面接力向上セミナー