【面接質問集】転職面接で聞かれる53の質問と回答例一覧まとめ

面接質問集

ここでは転職面接の質問の例と、その回答例をまとめて紹介します。

各質問の詳しい解説は、解説ページをご覧いただければと思います。

  1. あなた自身に関する質問
    1. 今後のキャリアプランについて教えてください
    2. 長所・短所について教えてください
    3. 仕事で苦手なことは何ですか?
    4. ストレスには強い方ですか?
    5. 尊敬している人物は誰ですか?
    6. あなたにとって仕事とは何ですか?
    7. 仕事上での信条、仕事観について教えてください
    8. 会社から正当な評価を受けていないと感じたらどうしますか?
    9. 意に反する業務命令をされたらどうしますか?
    10. 困難に直面した経験を教えてください
    11. 失敗談を教えてください
    12. 休日は何をしていますか?
    13. 自分なりに続けていること、努力していることはありますか?
    14. 今回の転職を家族は了承していますか?
  2. 対人関係に関する質問
    1. 人間関係で困ったこと、トラブルがあったことはありますか?
    2. 周りからどのような人だと言われますか?
    3. 苦手な人、合わない人とはどのように接しますか?
    4. 上司と意見が食い違った場合、どうしますか?
  3. 応募企業に関する質問
    1. 志望動機を教えてください
    2. 当社のイメージはいかがですか?
    3. 入社したらどのような仕事をしたいですか?
    4. あなたが当社の社長だったらどうしますか?
    5. この仕事で大切なことは何だと思いますか?
    6. 今後の業界の見通しについてどうお考えですか?
    7. 当社についてどの程度ご存知ですか?
    8. 当社の仕事の進め方は独特ですが大丈夫ですか?
    9. 現職(前職)と当社の違いは何ですか?
    10. 当社の課題は何だと思いますか?
    11. 何か質問はありますか?(逆質問)
  4. 退職・転職・労働条件に関する質問
    1. ○○の経験はありますか?
    2. 現在の仕事内容を教えてください
    3. これまでの実績や評価について教えてください
    4. どうやって来ましたか? 場所は分かりにくかったですか? 今日はお仕事をお休みされたのですか?
    5. 子会社や関連会社への出向がある場合、対応できますか?
    6. 希望の給与額を教えてください
    7. 転勤がありますが大丈夫ですか?
    8. 退職した理由(転職理由)を教えてください
    9. 現在の選考状況を教えてください
    10. この転職であなたが重視していることは何ですか?
    11. 転職についてあなたの考えを教えてください
    12. 前職は円満退社でしたか?
  5. 圧迫質問・回答しにくい質問
    1. もし不採用だったらどうしますか?
    2. うちの仕事では物足りないのでは?
    3. 現職(前職)よりも給料が下がりますが大丈夫ですか?
    4. 残業が多いですが大丈夫ですか?
    5. 当社のような小さな会社でも本当にやっていけますか?
    6. 今の会社をすぐに辞めることはできますか?
    7. 出産・結婚後も仕事を続けられますか?
    8. 転職回数が多いですが、またすぐに辞めるのでは?
    9. 前の会社の秘密事項を面接で聞かれた時の対処法
    10. 今の会社じゃダメなの?

あなた自身に関する質問

今後のキャリアプランについて教えてください

【回答例】
入社後の3年間は、目の前の業務に真摯に向き合い、御社の営業スキルをしっかり身につけ、できるだけ早く御社の営業や商品、サービスの詳細まで理解できるようになりたいと思っています。そして仕事の全体が見えるようになりましたら、できるだけ早く管理職につき、そして御社の営業戦略の立案や実行ができるが人材になりたいと考えています。

【詳しい解説はこちら】
「キャリアプランについて教えてください」と面接で質問された時の答え方と回答例

長所・短所について教えてください

【回答例】
どんな仕事であっても、集中力を長時間保って取り組めるのが私の長所です。しかし熱中するあまり、時間を忘れてしまい、残業の時間帯になっている時もあります。細かい作業や単調な作業などは、一気に仕上げた方が精度も効率もあがるので、その点は評価されています。しかし、業務時間内に仕事を終わらせることも大切なことです。しっかりと時間を見ながら仕事を計画的に進めていくことが現在の目標です。

【さらに詳しい解説はこちら】
「長所と短所を教えてください」と面接で質問された時の答え方と回答例

仕事で苦手なことは何ですか?

【回答例】
苦手な業務は飛び込み営業です。新人の時には、毎日数十件、飛び込みで営業を行っていましたが、相手の事情も把握しない状況で、片っ端から訪問するのは苦手な経験でした。
なんとか成約をとれないかと、自分なりに試行錯誤しましたが、あまり取得率は伸びませんでした。今、この業界では、飛び込み営業の効率があまりにも悪く、また会社の信用問題にも関わってきますので、下火になっていると聞きます。実際ネットを利用した集客が現在では主流だと聞いております。もちろん、必要があるのであれば飛び込み営業もこなしていく覚悟はあります。

【さらに詳しい解説はこちら】
「苦手な仕事は何ですか?」と面接で質問された時の答え方と回答例

ストレスには強い方ですか?

【回答例】
ストレスにはそれほど強い方ではないと自覚しております。そのため日頃からストレスをコントロールし、ストレスを溜めないよう、解消できるように工夫しております。例えば、平日はできるだけしっかり睡眠をとれるように心掛けています。また休日は仲間とスポーツをしたり、ジムにいったりして1週間溜めったストレスを解消できるよう努めております。今後の、仕事に支障がでないようストレスと上手く付き合っていくつもりです。

【さらに詳しい解説はこちら】
「ストレスには強い方ですか?」と面接で質問された時の答え方と回答例

尊敬している人物は誰ですか?

【回答例】
私が尊敬しているのは、堀江貴文氏です。堀江氏はかつて、IT業界をリードする起業家の一人と言えるほどまでに成功しましたが、一度のあやまちを犯し、逮捕され、全てを失いました。一度全てを失ったにもかかわらず、現在では、全く新しいコミュニケーションアプリをリリースしたり、ロケット事業に参入したりと、社会にために奔走しています。逆境に立たされても、すぐに立ち直り、社会、人のために一生懸命になる姿に、非常に人間としての魅力を感じています。私自身、環境や処遇に不満を感じることが多かったのですが、堀江貴文氏の復活劇から、どんな状況に立たされても、諦めず、前に進む気持ちを持てるようになりました。

【さらに詳しい解説はこちら】
「尊敬している人物を教えてください」と面接で質問された時の答え方と回答例

あなたにとって仕事とは何ですか?

【回答例】
経済的安定のための手段とい側面と、やりがい・成長のためという2つの側面があります。生活をする上で経済的安定は欠かせない要素であり、第一に考えるべき大切な要素だと思います。また仕事は人生の大半を費やすものです。仕事にやりがいを見出すことは人生を充実させる上で大切なことだと思っております。どんな仕事であってもやりがいを見出し取り組み、リタイアして人生を振り返った時、ビジネスマンとして何か実績を残せたと満足感を得られるように仕事に取り組んでいいきたと思います。

【さらに詳しい解説はこちら】
「あなたにとって仕事とは何ですか?」と面接で質問された時の答え方と回答例

仕事上での信条、仕事観について教えてください

【回答例】
私の仕事における信条は、お客様に本音や真実を伝えることです。今ではネット上で誰でも価格情報や商品情報を取得できます。そのため商品の魅力だけを伝え、価格を少しでも落とすことだけをしていては営業として価値を見出すことができないと思っております。私は、営業で商品の魅力だけでなく、お客様にとってのメリット、デメリット、我々にとってのメリット、デメリットを率直に伝えるようにしています。このように本音や真実を率直に伝えることで、お客様と信頼関係を築くことができ、営業としての価値を出せると思っております。

【さらに詳しい解説はこちら】
「仕事での信条、仕事観について教えてください」と面接で質問された時の答え方と回答例

会社から正当な評価を受けていないと感じたらどうしますか?

【回答例】
自分なりに頑張ったという自覚はあっても、他にももっと頑張っている社員がいると思います。また会社には色々な評価要素があると思いますので、どのような評価を受けても真摯に受け入れます。納得のいかない評価を受けることもあるかもしれませんが、全力で仕事をこなし、しっかりと成果を出し続けていれば、正当な評価をいただければと信じたいです。何より、若いうちは、周りに目よりも、自分の仕事をしっかりとこなし、経験とスキルを積み上げていくことが大切だと思っています。

【さらに詳しい解説はこちら】
「会社から正当な評価を受けていないと感じたらどうしますか?」と面接で質問された時の答え方と回答例

意に反する業務命令をされたらどうしますか?

【回答例】
業務命令の内容や、状況に応じて対応を変えます。たとえば、私がとやかく言うレベルではない業務命令や、急を要する業務命令であればきちんと従います。しかし私の考えを伝える余地があるのであれば、しかるべき手順を踏んで、率直に自分の意見を伝えます。

【さらに詳しい解説はこちら】
「意に反する業務命令をされたとき、あなたはどうしますか?」と面接で質問された時の答え方と回答例

困難に直面した経験を教えてください

【回答例】
成績が上がらず、退職せざるを得ない状況に追い込まれたことがあります。同期や後輩が、次々に成果を上げるなか、私は全くといっていいほど、成績を出すことができず、この仕事に向いていいないのではと思うこともありました。結果を出せない人は、自ら退職せざるを得ない雰囲気の会社でしたが、入社3年面ということもあり、辞めて転職先が決まるのかという不安がありました。思い悩んでいても、状況は改善しないので、あと3ヶ月間、とにかく頑張ってみようと決心して仕事に取り組みました。テレアポに関しては、社内の誰よりも件数をこなすことを目標にし、さらに訪問件数も、それまでの倍の件数をこなすことを目標にしました。最初の1ヶ月は結果に結びつかず辛い時期もありましたが、徐々に商談が増えていきました。

この経験から、自分はこれまで、量をこなすことが足りなかったのだと反省し、以降、とにかく人一倍の量をこなすことに注力して仕事に取り組んでおります。今では、社内で表彰を受けるほどの実績を残せるまでになりました。

【さらに詳しい解説はこちら】
「困難に直面した経験を教えてください」と面接で質問された時の答え方と回答例

失敗談を教えてください

【回答例】
上司に失敗をとがめられ、つい言い訳をしてしまうことがありました。上司には『自分でトラブルを処理しなければ成長できない』と突き放されることもありました。それからはトラブルを報告する時は、自分で考えた解決策も併せて報告するようになりました。

【さらに詳しい解説はこちら】
「失敗談を教えてください」と面接で質問された時の答え方と回答例

休日は何をしていますか?

【回答例】
休日は読書をして過ごすことがおおいです。小説からビジネス書まで、ジャンルを問わず様々な本を読むのですが、ためになった本や本当に面白い本は、何度も読み返すことがあります。平日は仕事で、あまり読書ができないのですが、その分、休日は仕事を忘れて読書に向き合うことにしています。読書は私にとってのストレス解消法でもあり、仕事に集中するために原動力にもなっています。

【さらに詳しい解説はこちら】
「休日は何をしていますか?」と面接で質問された時の答え方と回答例

自分なりに続けていること、努力していることはありますか?

【回答例】
はい。WEBコンサルタントを目指すにはSEO、リスティングの知識があると有利だと思い、テキストを購入して独学で勉強している最中です。また、キーワードの重要性や、選定方法など基本的なところを理解した程度ですが、入社までに一通りの知識は身に着けて、少しでも早く実務に対応できるようになりたいと考えています。

【さらに詳しい解説はこちら】
「自分なりに続けていること、努力していることはありますか?」と面接で質問された時の答え方と回答例

今回の転職を家族は了承していますか?

【回答例】
前々から妻には転職について伝えてあります。当初は、「自分の夢を追うのもいいけど、家庭のことを考えるなら今の、会社の方がいいのでは」と転職に反対していました。しかし、私の想いや覚悟を熱心に説明したところ、「それだけの覚悟があるなら」ということで、しぶしぶかもしれませんが、転職に承諾してくれました。この転職によって、以前よりも忙しくなること、収入が不安定になることは覚悟していますし、また家族もサポートしてくれると言ってくれています。家族の気遣いを無題にしないように、そして家族を守るために、御社に入社できましたら、一日でも早く戦力になり、成果を上げられるように頑張る決意でございます。

【さらに詳しい解説はこちら】
「今回の転職を家族は了承していますか?」と面接で質問された時の回答のポイントと回答例

対人関係に関する質問

対人関係に関する質問

人間関係で困ったこと、トラブルがあったことはありますか?

【回答例】
先輩との関係で溝ができたことがありました。現在の職場は、仲間同士のようなムードがあり、つい上下関係を無視した発言をしてしまったことがあり、それが原因で先輩との間に距離ができ、チームのメンバーに迷惑をかけたことがありました。

それを機に、業務上の権限の尊重が需要なことに、改めて気づき、反省しました。以降は常に「先輩の良いところを吸収させていただこう」と思うことで、自然と先輩に対して謙虚に接するようになりました。

【さらに詳しい解説はこちら】
「人間関係で困ったことはありますか?」と面接で質問された時の答え方と回答例

周りからどのような人だと言われますか?

【回答例】
周りの人からよく、慎重な人だと言われます。何事においても計画なしに始めることができません。まず自分なりにしっかりと計画を立てた上で、どうすれば効率的にこなすことができるのかを考えてから動きます。

周りの社員も若いので、勢いで取り組んでしまうことがあるあのですが、私はそういった雰囲気に流されず、自分のやり方を守るのも大切だと思っています。またその分、どのようなことがあっても冷静でいられます。そのため周りの人からはよく意見を求められることがあります。

【さらに詳しい解説はこちら】
「周りからどのような人だと言われますか?」と面接で質問された時の回答ポイント・回答例

苦手な人、合わない人とはどのように接しますか?

【回答例】
私は苦手な相手に対しても積極的に挨拶をしたり、話しかけたりして、相手との距離を少しで縮められるようにしています。苦手な相手が原因で仕事に支障ができるようなことがあっては、ビジネスマンとして失格だと思っております。

やはり、お金をもらって仕事をしている以上、企業の利益のために、苦手な相手ともしっかりと向き合っていくのがプロフェッショナルです。また、苦手意識を持って接してしまうと、同じように相手からも苦手意識を持たれる場合もあるので、お互いのためにも、私は苦手な相手であっても積極的に接するようにしています。

【さらに詳しい解説はこちら】
「苦手な人、合わない人とはどのように接しますか?」と面接で質問された時の答え方と回答例

上司と意見が食い違った場合、どうしますか?

【回答例】
上司と意見が食い違った時であっても、まず上司の意見をしっかりと聞き入れるようにし、その趣旨を理解するようにします。一度、自分の中に落とし込むことで、実は自分の意見とさほど変わらないことに気付けたり、根底では同じ意見であることに気付けたりすることがあります。

それでもやはり納得できない時は、私の意見との違いについて誠意を持ってきちんと伝えます。陰で不平、不満を言うのではなく、同じ会社の一員として正々堂々と意見を伝えることの方が大切だと考えています。

【さらに詳しい解説はこちら】
「上司と意見が合わない時、どうしますか?」と質問された時の回答のポイントと回答例

応募企業に関する質問

応募企業に関する質問

志望動機を教えてください

【回答例】
御社では業界で最もユーザー数の多い、WEBサービスを展開しております。ユーザー数が多いということは、そのユーザーに対してWEBサービスだけでなくもっと様々なニーズ、例えば○○や××といったサービスをWEB上で展開することができると考えております。

このような大きなユーザー集団を持つ企業において、新規事業開発に取り組んでみたいと考えています。

【さらに詳しい解説はこちら】
これだけは注意したい!志望動機を作成する際に最低限注意すべき4つのこと

その志望動機はヤバい!面接官に響かないNG志望動機7つの例

当社のイメージはいかがですか?

【回答例】
私は御社に対して、チャレンジ精神に溢れ、実行力がある会社であるとのイメージを持っております。ホームページの社長メッセージに「とにかく行動する」という言葉が書かれていましたが、このような社長の価値観が社員に浸透しているからだと思います。先月、競争が激しいSNS事業への参入を決意し、SNS事業でも有名な○○氏をCEOとして迎えたニュースは、その代表例だと思います。

しかし一方で、会社の決断スピードの速さについていけない社員の方々は、大変苦労されていると思います。ご縁がありましたら、新しい知識の吸収し、日々移り変わるマーケットについていけるように努力し、御社の求めるスピード感をいち早く身につけたいと思います。

【さらに詳しい解説はこちら】
「当社のイメージはいかがですか?」と面接で質問された時の回答のポイントと回答例

入社したらどのような仕事をしたいですか?

【回答例】
私は4年間、WEBデザイナーとして働いてきました。御社でも、同じくこの仕事に就きたいと思っております。また御社に入社がかないましたら、今後より一層、WEBデザイナーとしての技術を磨きながら、WEBマーケティングについても学び、WEBサイトを制作する立場から、マーケティングに関する意見や施策などを提案していきたいと思っています。

【さらに詳しい解説はこちら】
「入社したらどのような仕事をしたいですか?」と面接で質問された時の答え方と回答例

あなたが当社の社長だったらどうしますか?

【回答例】
御社の社長になりましたら、不採算事業の撤廃、廃止に着手します。既にグループ全体での業績を赤字に転じさせるような事業分野が出てきています。過去の成功やこだわりを捨てて、速いうちに海外企業に売却するべきです。

今までの社風や企業文化など、良い部分は残しつつ、切り捨てるべきところは切り捨てないと、移り変わりの早い現在、生き残ることはできないと思います。私は断固たる決意を持って、この課題に着手します。

【さらに詳しい解説はこちら】
「あなたが当社の社長だったらどうしますか?」と面接で質問された時の答え方と回答例

この仕事で大切なことは何だと思いますか?

【回答例】
この仕事で一番大切なのは、聞き上手になることだと思っております。この仕事には保険の知識だけでなく、年金の知識、税金の知識も非常に重要で、勉強会への参加も積極的に行っています。しかし、そこで得た知識も、お客様の気持ちを理解して、何を本当に必要としているのかを的確に把握できないと意味がないと思っています。

一方的にこちらから話すのではなく、まずは敬意を持ってお客様に向き合い、話を受け止めることが大前提だと考えています。

【さらに詳しい解説はこちら】
「この仕事で大切なことは何だと思いますか?」と面接で質問された時の答え方と回答例

今後の業界の見通しについてどうお考えですか?

【回答例】
少子化が進み、5年後には、国内生産規模が3分の2になるため、更に国内での競争が激しくなることは間違いありません。そのため今から、海外企業も交えた、吸収や合併などで企業の体力を増強する必要があると思います。

また、日本の高品質な製品を評価してくれる中国やインドといった新興国にも目を向けていくことが成長の鍵になると思います。

【さらに詳しい解説はこちら】
「今後の業界の見通しについてどうお考えですか?」と面接で質問された時の答え方と回答例

当社についてどの程度ご存知ですか?

【回答例】
御社の主要な商品は以前から存じておりましたが、応募に際して改めてホームページを拝見しましたので、事業内容や沿革など会社概要の大まかなところは把握できていると思います。

また、業界新聞やビジネス雑誌に掲載されていた記事もいくつか拝読し、商品開発に積極的であることを知り、それも応募理由の一つになりました。

【さらに詳しい解説はこちら】
「当社についてどの程度ご存知ですか?」と面接で質問された時の答え方と回答例

当社の仕事の進め方は独特ですが大丈夫ですか?

【回答例】
大丈夫です。むしろどんなことであっても対応しなければいけないと思っております。御社の仕事の進め方と、私が現在在籍している会社の、仕事の進め方は、確かに大きな差異があります。しかし足りない部分は業務後や休日を利用して日々、地道に努力し、いち早く御社の仕事の進め方に慣れるようにします。

前職でも、入社2年目の時に転勤を命じられ、転勤先での、仕事の進め方の違いに戸惑ったことがあります。その時は、転勤前と転勤後で明確に違う点を全てピックアップし、その点に着目して仕事をこなすことで、転勤先の仕事の進め方に慣れていきました。

この経験を通して、私は柔軟な対応力を養うことができたと自負しております。御社においても、前職と違うと点は、速やかに習得し、一日でも早く成果を上げられるようにします。

【さらに詳しい解説はこちら】
「当社の仕事の進め方は独特ですが大丈夫ですか?」と面接で質問された時の答え方と回答例

現職(前職)と当社の違いは何ですか?

【回答例】
前職も御社と同じ業界でしたが、社風がまったく違うと感じております。前職はオーナー企業ということもあり、トップダウンでした。市場が縮小するなか、業績を残した社長の経営手腕は業界でも高く評価されていたと思います。

その一方で御社は、組織構造をシンプルにし、経営者と現場社員の距離感を緊密にされたのが一番の特徴だと思っています。先日の会社説明会でも御社の社員の方が「意見を自由に言える風土ではあるが、その分、責任を持って仕事に臨まなければいけない」という点を強調されておりました。

自由と責任は、表裏一体であり、改めて御社のシビアな側面を認識できました。

【さらに詳しい解説はこちら】
「現職(前職)と当社の違いは何ですか?」と面接で質問された時の答え方と回答例

当社の課題は何だと思いますか?

【回答例】
御社の事業拡大スピードが早すぎて、人材追いついていない点が課題かと思います。入れ替わりが激しいと社内に有益なノウハウが蓄積されませんし、優秀な人材を他から採用するというのでは、やはり組織体はうまくいかないと思います。

この点を改善することができれば、今まで以上に成長できると思っております。

【さらに詳しい解説はこちら】
「当社の課題は何だと思いますか?」と面接で質問された時の答え方と回答例

何か質問はありますか?(逆質問)

面接の逆質問で印象が良くなる質問・悪くなる質問を紹介

退職・転職・労働条件に関する質問

退職・転職・労働条件に関する質問

○○の経験はありますか?

【回答例】
※経験がない場合の回答例
ライターの経験はございません。残念ながら別部署の担当だったので。しかし、外注ライターの管理や指導を担当してきましたので、ライティングに必要な基礎力は身についていると自負しております。

【さらに詳しい解説はこちら】
「○○の経験はありますか?」と面接で質問された時の答え方と回答例

現在の仕事内容を教えてください

【回答のポイント】
求める人物像を意識した回答をする。採用企業に求められているスキル・経験を簡潔に説明する。

【さらに詳しい解説はこちら】
「現在の仕事内容を教えてください」と面接で質問された時の答え方と回答例

これまでの実績や評価について教えてください

【回答例】
イベントをPRするWEBサイトの制作を担当した際、アンケートフォームを新たに入れることにより、目標の4倍以上の来場者を獲得することができました。今までのサイトは、イベントのみどころと詳細情報を記載しただけのものでした。しかし、新たにアンケートフォームを入れ、その結果がイベントで分かる、という仕掛けを入れることにより、SNSで自然と口コミが広がり多くの方にイベントに来場していただきました。

【さらに詳しい解説はこちら】
「これまでの評価や実績について教えてください」と面接で質問された時の答え方と回答例

どうやって来ましたか? 場所は分かりにくかったですか? 今日はお仕事をお休みされたのですか?

【回答例】
「どうやってきましたか?」に対する回答。

○○線を利用して参りました。最寄りの○○駅から新宿三丁目まで1時間強でした。前の職場もこの近くで、以前はもっと時間をかけて通っていましたが、遅刻、欠勤で迷惑をかけたことはありません。残業も〇時までなら問題なく、必要な場合はさらに遅くなることもありました。

【その他の回答例は、以下のページで解説】
「どうやって来ましたか?」「場所は分かりにくかったですか?」「今日はお仕事をお休みされたのですか?」と面接で聞かれた時の回答例

子会社や関連会社への出向がある場合、対応できますか?

【回答例】
はい、対応できます。これまで出向を経験したことはありませんが、出向先の会社から必要とされており、自分がやるべき仕事がある以上は、どのような仕事、どのような職場であっても、全く構いません。私が役立てる部門が他にあるのでしたら出向(異動)もお受けしたいと思っています。

【さらに詳しい解説はこちら】
「子会社や関連会社への出向(異動)に対応できますか?」と面接で質問された時の答え方と回答例

希望の給与額を教えてください

【回答のポイント】
「いくらでも大丈夫です」という回答はNG。「何もできません」と同じなので。

前職の給与よりは高い給与を希望する場合は、なぜ給料が上がるのか、その「根拠」も伝える。たとえば、「私はこれだけのことができるので、これだけいただきたい」といったように。

【さらに詳しい解説はこちら】
「希望給与額を教えてください」面接質問の答え方の注意点

転勤がありますが大丈夫ですか?

【回答例】
正直、今は転居を伴う転勤をするのは厳しいです。実は、今、自宅で父親の介護をしております。家族全員で、交代制で介護をしているのですが、長男である私が一番の責任者となって行っているため、自宅を離れるのは厳しい状況でございます。

ただし、来年の4月には、弟が海外転勤から戻り、父親の面倒を見てくれると言っておりますので、4月以降であれば、遠隔地であっても転勤することは可能でございます。

【さらに詳しい解説はこちら】
「転勤がありますが大丈夫ですか?」と面接で質問された時の答え方と回答例

退職した理由(転職理由)を教えてください

退職理由・転職理由の伝え方のポイントとネガティブな退職理由の言い換え例
【会社都合退職】について面接で質問された時の回答のポイントと回答例

現在の選考状況を教えてください

【回答例】
御社の他に3社選考を申し込みました。しかし私は御社でプログラマーとしてのスキルを磨きたいと思っており、御社が第一志望です。是非、入社したいと考えております。

【さらに詳しい解説はこちら】
「現在の選考状況を教えてください」面接で選考状況を聞かれた時の答え方・回答例

この転職であなたが重視していることは何ですか?

【回答例】
番組企画に携わるプロデューサーに就けるかどうかを重視しています。そのために、前職よりも大幅に労働時間が長くなろうとも全く構いません。

御社では、入社後、成果を上げれば、プロデューサーにまで登ることができるとお伺いしました。私の社会人経験はまだ3年ほどですが、御社でヒット番組を是非、創りたいという思いがあります。前職のような番組をPRする側でなく、番組を作り出す側に移るために、今回は転職を決意しました。

【さらに詳しい解説はこちら】
「この転職であなたが重視していることは何ですか?」と面接で質問された時の答え方と回答例

転職についてあなたの考えを教えてください

【回答例】
基本的に、転職は慎重に行うべきだと思います。まず、仕事、社風が自分に合っていないといったようなネガティブな思いからは絶対に転職するべきではないと思います。自分の理想を全てかなえてくれる会社は存在しないので、まずは、自分がその会社、仕事に適応することが大切だと思います。

私は今回、前の会社の業績悪化により退職を余儀なくされましたが、転職はこれで最後にしたいと思っています。

【さらに詳しい解説はこちら】
「転職についてあなたの考えを教えてください」と面接で質問された時の答え方と回答例

前職は円満退社でしたか?

【回答例】
退職当時、上司と口論になることがありましたので、円満退社ではありませんでした。率直に言うと、いまでの釈然としない思いを引きずっております。しかし、前の会社には、私を一人の社会人として育てて頂いた恩もありますので、本当に感謝しています。

この先、転職先が決まり、自分の気持ちが落ち着きましたら、前の職場にはきちんと挨拶に伺い、しっかりとけじめをつけたいと思います。

【さらに詳しい解説はこちら】
「前職は円満退社できましたか?」と面接で質問された時の答え方と回答例

圧迫質問・回答しにくい質問

圧迫質問・回答しにくい質問

もし不採用だったらどうしますか?

【回答例】
御社に入社したい意欲はとても強いため、不採用になったらという場合を想定するのは正直ツライです。伝えきれていないことは多いと思いますが、熱意は分かっていただけたと信じ、後は御社の判断にお任せします。

不採用となったならば、その通知を受け取ったときに、改めて対応方法を考えたいと思います。大変申し訳ございませんが、今はそのような最悪な事態は想定したくないし、想定すべきではない、というのが私の気持ちです。

【さらに詳しい解説はこちら】
「もし不採用だったらどうしますか?」と面接で質問された時の答え方と回答例

うちの仕事では物足りないのでは?

【回答例】
確かに前職のようなマネジメント経験はなくなりますが、御社のマーケティング手法や営業手法はこれまでに全く経験したことがないものです。前からこの分野の業界動向の把握や市場開拓に興味がありましたので、現場で学ぶことが多くあり、その分、これまで以上に自分が成長できる余地もやりがいもあると考えています。

【さらに詳しい解説はこちら】
「うちの仕事では物足りないのでは?」と面接で質問された時の答え方と回答例

現職(前職)よりも給料が下がりますが大丈夫ですか?

【回答例】
給料が下がることは覚悟しております。今は、お金のことよりも、御社に入社して働くことが最優先事項です。「現職と同程度の額をいただきたい」というのが本音ではありますが、それは、御社において何の実績もあげておらず、十分な経験、スキルを保有していない私が、この場で言えることではないと思っています。

まずは、御社から提示されている金額に従いたいと思います。ただし、入社させていだく以上は全力で仕事に取り組み、必ず求められている以上の結果をだし、同年代の誰よりも高い給与が採れる人材になります。

【さらに詳しい解説はこちら】
「現職(前職)よりも給料が下がりますが大丈夫ですか?」と面接で質問された時の答え方と回答例

残業が多いですが大丈夫ですか?

【回答例】
はい、大丈夫です。前職は社員10人程度のベンチャー企業で、今回の応募職種と同じWEBエンジニアとして働いており、常に長時間残業をしておりました。WEBエンジニアはクライアントの要望に沿ったものを、納期までに仕上げなければなりません。また専門性を要する業務ですので、簡単に代わりが見つかるわけでもありません。

自らが責任を持って担当した業務をこなさなければならないのです。そのため家庭の事情などの場合は別ですが、この仕事は、長時間残業する覚悟ないと務まらないと思っております。

【さらに詳しい解説はこちら】
「現職(前職)よりも給料が下がりますが大丈夫ですか?」と面接で質問された時の答え方と回答例

当社のような小さな会社でも本当にやっていけますか?

【回答例】
前職とは、企業規模が違いますので、給与や休みといった待遇面や仕事の進め方など、色々なギャップがあるのは当然でしょう。しかし、だからこそ新しいことにチャレンジできたり、小回りの利いた経営ができるのだと思っています。

前の会社には、営業のスキルを極めたいと思い、入社させて頂いたのですが、先月、子会社での設備管理への出向を命じられました。今まで培ってきた経歴と、私の進みたい方向とあまりにかけ離れた人事のために驚きを隠せませんでした。

御社は、営業、マーケティングといった「売る」ことのために事業に特化しており、営業のスキルを極めたい私の願望と合致した企業だと感じました。

【さらに詳しい解説はこちら】
「当社のような小さな会社でもやっていけますか?」と面接で質問された時の答え方と回答例

今の会社をすぐに辞めることはできますか?

【回答例】
大変申し訳ございません。今はまだ在職しているため、すぐに退職することはできません。引き続きなどを考えますと、2週間から3週間の期間が必要です。もちろん御社への入社時期について、もっと早期であることが必要でしたら、現職と相談の上で可能な限り調整してみます。

ただし、現職での自分の任務をしっかりとこなしてきた自負もありますし、上司や会社に対する礼儀という意味でも、ビジネスマンとして失格だと思われるような去り方をしたくありません。きちんと業務を引き継いだ上で退職し、御社に入社したいと思っております。

【さらに詳しい解説はこちら】
「今の会社をすぐに辞めることはできますか?」と面接で質問された時の答え方と回答例

出産・結婚後も仕事を続けられますか?

【回答例】
出産をしても仕事を辞めるつもりはありません。仕事と子育てを両立させていた上司によいアドバイスをいただいているので、私もそうしたいと考えております。御社の制度はどうなっているでしょうか。

【さらに詳しい解説はこちら】
「結婚・出産後も仕事を続けられますか?」と面接で質問された時の答え方と回答例

転職回数が多いですが、またすぐに辞めるのでは?

【回答例】
何をやりたいのか、何が向いているのかが分からず、短期間での転職を繰り返してきました。
しかし、仕事が自分に合っているかどうかは、数か月で判断できるものではなく、ある程度、長く勤めて、仕事を理解し、実績を上げて初めて分かることだと思います。

このことを理解せず、軽い気持ちで転職を繰り返してきたことはとても反省しております。また、仕事に自分を合わせる、仕事の面白さを主体的に見つけていくという姿勢が欠けていたことも反省しなければいけないと思っております。

自分の考えの甘さを自覚し、これまでの反省を生かし、次の会社では、逃げずに腹を決めて仕事に打ち込みたいと思っております。もし御社が私を拾っていただけるのであれば、仕事があることのありがたみを噛みしめながら、御社に貢献できるように尽くします。

【さらに詳しい解説はこちら】
「転職回数が多いようですが、すぐに辞めませんよね?」と面接で質問された時の答え方と回答例

前の会社の秘密事項を面接で聞かれた時の対処法

【回答例】
社外秘の情報ですので、お世話になった会社への誠意としても申し上げられません。

【さらに詳しい解説はこちら】
面接で「前の会社の機密事項」をきかれた時の答え方・回答例

今の会社じゃダメなの?

【回答例】
たしかに、第三者の視点からみれば、転職の必要がない思うのは当然かもしれません。しかし前回のリストラで大量の社員が転職し、私が尊敬していた先輩、上司も次から次へと転職していきました。

会社や仕事に対するモチベーションは下がる一方でした。それでもしばらくは、自分をごまかしてモチベーションどうにか上げようと頑張っていたのですが、やはり気持ちがない状態で仕事を続けるのはつらいものがありました。

モチベーションが上がらないまま仕事を続けていては、周りにも迷惑をかけてしまうと判断し、今回は退職を決意した次第です。

【さらに詳しい解説はこちら】
「今の会社じゃダメなんですか?」と面接で質問された時の答え方と回答例