面接で面接官と議論してはいけない理由について

面接は議論する場ではない
面接官は時々、応募者の発言が本当かどうかを確かめるために、鋭い質問を投げかけてくることがあります。

そんな時、むきになって「いやいや、○○なんです!」と語気を強めて発言してしまう人がいます。

また、面接官が応募者の発言を理解しようと、応募者の回答を一度聞いたうえで質問をし直すことがあります。例えば「その点にわかりますが、○○についてはどうでしょうか?」といったようにです。

ここでも、つい議論モードになり、面接官に食ってかかる人がいます。

しかし、面接の場で、議論モードになり、面接官を論破しようとするのはNGです。印象が悪いので、注意しましょう。

面接は議論する場ではない

「面接はお互いを理解する場」「面接は自分をプレゼンして採用したいと思ってもらう場」など、面接の捉え方は様々ですが、一つ言えることは、「面接は議論する場ではない」ということです。

面接官も応募者と議論するために面接の機会を設けているわけではありません。

単に、応募者が自社にふさわしい人間かどうかを確かめたいだけです。そのために鋭い質問をしたり、不愉快に思えるような質問をしたりしているだけです。

ムキになって自分の意見を主張して印象が悪いだけです。淡々と面接官の質問に回答し、面接を終えるようにしましょう。

その他、面接で気を付けるべき話題など

面接の場では、政治の話や社会主義の主張などは極力避けるべきです。面接官としては「そんな話をされても」となります。

「面倒な人だな」と思われる可能性があります。

また、経済動向や業界動向などについて意見を求められた時は議論にしないように注意しましょう。

もちろん回答を求められたら自分の意見を述べます。しかし、自分の意見を理解させようと「○○だから○○なのです!」といったように、面接を自分の意見を主張する場にしないように注意しましょう。

※面接の想定質問は以下のページで紹介しています。
【面接質問集】転職面接で聞かれる50の質問例まとめ
ここでは、転職面接で聞かれる可能性がある質問の例を50個紹介します。 各質問の答え方や回答例は、本ページで紹介している別ページで解説しているので、そちらも参考にしていただければと思います。 面接序盤に聞かれる雑談...
※面接でブラック企業を見抜く方法はこちら。
面接でブラック企業を見抜くために注目したい6つのポイント
面接はブラック企業を見抜くための絶好の場です。 なぜなら社員と顔を合わせることができ、さらにオフィスを見学できる機会でもあるからです。 ここでは、面接でブラック企業を見抜くために注目したい6つのポイントを紹介します。 ...

面接の雰囲気、質問内容がわかる便利サイトとは?

企業の口コミや評判がわかる、「転職会議」というサイトがあります。

このサイトには実際の社員が投稿した、職場の雰囲気についての口コミや、面接の内容についての口コミを閲覧できます。
転職会議 面接の口コミ

どんな質問を聞かれたか?
面接はどんな雰囲気か?

といった面接対策に役立つ情報を閲覧できます。

企業研究にも役立つので、応募している企業の口コミを一度チェックしておきましょう。

※サイト:転職会議